word 目次

デザイン五輪書

完全版!Word文書に目次とハイパーリンクを挿入する方法

読了までの目安時間:約 13分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

完全版!Word文書に目次とハイパーリンクを挿入する方法

Wordの目次やハイパーリンク機能

読み手に優しい環境を考える

Wordで数ページに渡る文書を作成する場合、読み手の事を考えると、目次が必要になる事もあるでしょう。

また、Word文書は印刷して配布する以外にも、WordファイルやPDFファイル、Web用として文章を公開する事もあります。
そう言った場合は、目次の代わりにハイパーリンクの設定が必要になるでしょう。

Word文書の使用用途

そこで今回は、Word文書に目次やハイパーリンクを設定する方法をご紹介したいと思います。
ちなみに、通常の目次では無くて図表目次を挿入したい場合は、こちらをご覧下さい。

▲もくじへ戻る

Word文書に目次の基準となる見出しを設定する

段落に見出し1スタイルを設定する

Word文書に目次を挿入する場合、その前提として、文書に見出しを設定している必要があります。
そうでないと、Word側では、何を基準に目次を作成すれば良いのかが分かりません。
ですから、まずは、文書に見出しスタイルを設定して行きます。

では、大見出しとして設定したい段落内をクリックし、キャロットを表示しておきます。

見出しとして設定する段落をクリック

続いて、「リボン」の「ホーム」タブをクリックします。

ホームタブ

「スタイル」グループ内にある「見出し1」をクリックします。

見出し1

キャロットを表示していた段落に、見出し1スタイルが適用されました。

段落が見出し1に変更された

段落が見出し1に変更されたのは良いですが、ただ、元々設定していた書式までもが変更されてしまいました。
こうなると、もう一度、わざわざ書式を設定し直さなければなりません。
ですから、この方法では効率が悪いです。

▲もくじへ戻る

段落の書式を維持したまま見出しに変更する

では、効率が良い方法は何なのかと言う事になると思いますので、続けてご紹介したいと思います。

まずは、大見出しとして設定したい段落内をクリックし、キャロットを表示しておきます。

見出しとして設定する段落をクリック

そして、「スタイル」グループ内にある「見出し1」を右クリックします。

見出し1

表示されたコンテキストメニューの中から、「選択個所と一致するように見出し1を更新する」をクリックします。

選択個所と一致するように見出し1を更新する

すると、「スタイル」グループ内に一覧表示されている中の「見出し1」のスタイルが変更されます。

見出し1のスタイルが変更された

キャロットが表示されている見出し部分は、見た目に変化ありません。

見出し1が適用された

続けて、「見出し2」以下の部分も同様の手順で変更します。

見出し2のスタイルが変更された

▲もくじへ戻る

Word文書に目次を挿入する

自動作成の目次を挿入する

続いて、Word文書に目次を挿入しましょう。

まずは、目次を挿入したい部分にキャロットを表示しておきます。
基本的には、文頭に目次を挿入する事が多いと思います。

目次を挿入する部分をクリック

続いて、「リボン」の「参考資料」タブをクリックします。

参考資料タブ

「目次」グループ内にある「目次」をクリックします。

目次

表示された目次メニューの中の、「組み込み」項目内にある「自動作成の目次」をクリックします。
「自動作成の目次」には「自動作成の目次1」と「自動作成の目次2」とがありますが、それぞれ、目次の名前が「内容」か「目次」かで異なります。

自動作成の目次

Word文書内に自動作成の目次が挿入されました。

自動作成の目次が挿入された

▲もくじへ戻る

手動作成目次の挿入

先ほど挿入した自動作成の目次は、Word文書内に設定されている見出しを基準に、自動的に作成されました。
一方、見出しを基準にせず、自分で目次を作成する方法もWordには準備されています。
それが、「手動作成目次」です。

では、「手動作成目次」をWord文書内に挿入してみましょう。
まずは、手動作成目次を挿入する場所をクリックし、キャロットを表示しておきます。

目次を挿入する部分をクリック

続いて、「目次」グループ内にある「目次」をクリックします。

目次

表示された目次メニューの中の、「組み込み」項目内にある「手動作成目次」をクリックします。

手動作成目次

Word文書内に手動作成目次が挿入されました。

手動作成目次が挿入された

「章のタイトル」はクリックする事で、「ページ番号」はドラッグする事で書き換える事が出来ます。

手動作成目次を編集する

▲もくじへ戻る

目次のスタイルを変更する

印刷イメージを変更する

「自動作成の目次1」と「自動作成の目次2」とで、目次の名前を変更出来るとご紹介しました。
今度は、目次自体の見栄えを変更する方法をご紹介します。
作業の前提として、目次がWord文書内に挿入されている状態にしておいて下さい。

そして、「目次」グループ内にある「目次」をクリックします。

目次

表示された目次メニューの中の、「ユーザー設定の目次」をクリックします。

ユーザー設定の目次

「目次」ダイアログの「目次」タブが表示されます。
「印刷イメージ」項目内を設定して行きます。

印刷イメージ

ページ番号を表示する」の項目のチェックを外すと、ページ番号が表示されなくなります。

ページ番号を表示する

ページ番号を右揃えにする」の項目のチェックを外すと、ページ番号が章のタイトル直後に表示されます。

ページ番号を右揃えにする

タブリーダー」を変更すると、目次に使用されるタブリーダーが変更されます。

タブリーダー

任意の設定に変更後、「OK」をクリックして「目次」ダイアログを閉じます。
すると、「既存の目次を置き換えますか?」と言うダイアログが表示されますので、「はい」を選択して変更を適用します。

既存の目次を置き換えますか?

▲もくじへ戻る

Webイメージを変更する

挿入した目次にはハイパーリンクが設定されています。
ですから、各章のタイトルをキーボードの「Ctrl」を入力しながらクリックすると、該当するページに移動する事が出来ます。

目次に設定されたハイパーリンク

また、このWordファイルをWebページ用に保存すると、目次部分はリンクに切り替わります。

実際に、目次部分がどう変化するのか確認してみましょう。
「リボン」の「表示」タブをクリックします。

表示タブ

「文書の表示」グループ内にある「Webレイアウト」をクリックします。

Webレイアウト

Word文書の表示が「Webレイアウト」に切り替わりました。
そして、目次がリンクに切り替わりました。

Webレイアウトの目次

目次のハイパーリンクを削除し、また、ファイルをWebページ用に保存しても、目次が表示されるようにする方法があります。

「リボン」の「参考資料」タブをクリックします。

参考資料タブ

「目次」グループ内にある「目次」をクリックします。

目次

表示された目次メニューの中の、「ユーザー設定の目次」をクリックします。

ユーザー設定の目次

「目次」ダイアログの「目次」タブが表示されます。
「Webイメージ」項目内にある「ページ番号の代わりにハイパーリンクを使う」のチェックを外します。

ページ番号の代わりにハイパーリンクを使う

「OK」をクリックし、「目次」ダイアログを閉じます。
すると、「既存の目次を置き換えますか?」と言うダイアログが表示されますので、「はい」を選択して変更を適用します。

既存の目次を置き換えますか?

リンクが目次に切り替わります。

Webレイアウトに目次を表示

ただし、Word文章の1ページの区切りとWebページの1ページの区切りは一致しませんので、目次のページ番号は全て1ページが表示されます。

Word文書の表示を、「Webレイアウト」から「印刷レイアウト」に戻しておいて下さい。

▲もくじへ戻る

目次スタイルの全般設定

「印刷イメージ」と「Webイメージ」の両方を含めた形で、目次スタイルの書式を変更する事が出来ます。

「目次」グループ内にある「目次」をクリックします。

目次

表示された目次メニューの中の、「ユーザー設定の目次」をクリックします。

ユーザー設定の目次

「目次」ダイアログの「目次」タブが表示されます。
「全般」項目内にある「書式」を変更する事で、目次の書式を変更する事が出来ます。

目次スタイル全般の書式

選択した書式によって、文字の書式や段落設定、タブリーダーが変更されます。

目次スタイル全般の書式

アウトラインレベル」では、どのアウトラインレベルまでを目次に表示するかを決める事が出来ます。

アウトラインレベル

「1」なら見出し1のみ、「2」なら見出し1と見出し2を、「3」なら見出し1と見出し2と見出し3を・・・と言った風に設定出来ます。

オプション」の項目では、アウトラインレベルと見出しの結び付きを変更する事が出来ます。

アウトラインレベルのオプション設定

例えば、見出し4をアウトラインレベル2に、見出し6をアウトラインレベル3に・・・と言った風に、自由にアウトラインレベルを変更する事が出来ます。

目次オプション

変更」の項目では、アウトラインレベルごとに書式を変更する事が出来ます。

目次の見出しごとの書式を変更する

「目次1」がアウトラインレベル1、「目次2」がアウトラインレベル2、「目次3」がアウトラインレベル3・・・と言った形式になっています。

文字/段落スタイルの設定

▲もくじへ戻る

テキストの追加と目次の更新

テキストの追加

見出しに設定していない段落を、後から目次に追加する事が出来ます。
その際に使用する機能が「テキストの追加」です。

まずは、目次に追加したい段落内をクリックし、キャロットを表示しておきます。

目次に追加する段落をクリック

続けて、「目次」グループ内にある「テキストの追加」をクリックします。

テキストの追加

表示されたテキストの追加メニューの中から、段落に設定したいアウトラインレベルを選択します。

段落に設定するアウトラインレベルを設定する

すると、キャロットを表示していた段落が見出しに変更されます。

段落が見出しに変更された

▲もくじへ戻る

目次の更新

段落に「テキストの追加」を行い、段落を見出しに変更しました。
ですが、目次を確認してみると、追加した段落がまだ表示されていません。

追加したはずの見出しが表示されていない

見出しの文字を変更した場合もそうなのですが、実は、Word文書に行った変更は、即座に目次に反映される訳ではありません。
変更点を目次に反映させる為には、「目次の更新」を行う必要があります。

「目次」グループ内にある「目次の更新」をクリックします。

目次の更新

「目次の更新」ダイアログが表示されます。
目次をすべて更新する」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

目次をすべて更新する

目次が更新され、追加した見出しが表示されました。

目次が更新された

▲もくじへ戻る

目次の削除方法

目次の削除

最後に、目次を削除する方法をご紹介します。

「目次」グループ内にある「目次」をクリックします。

目次

表示された目次メニューの中の、「目次の削除」をクリックします。

目次の削除

Word文書内の目次が削除されました。

目次が削除された

▲もくじへ戻る

まとめ

必要に応じた度合いで覚える

今回は、Word文書に目次やハイパーリンクを挿入する方法をご紹介しました。
また、挿入した目次を変更したり、削除したりする方法もご紹介しました。

目次だけでもこれだけの設定項目があるのかと驚かれた方もいるかもしれません。
必要最低限だけ覚えておいても、目次は使用出来ます。
一方、思い通りに目次を変更したい場合は、一歩踏み込んだ知識が必要になるでしょう。

いずれにせよ、手入力で目次を作成するよりは、目次の挿入機能を使用した方が効率的なのは間違いありません。
ですから、覚える度合いは必要度に応じた形で、最低限、目次を挿入出来るようにはなっておきましょう。

    おさらい
  • 段落の書式を維持したまま、見出しスタイルを設定する方法。
  • Word文書内に自動作成の目次を挿入する方法。
  • Word文書内に手動作成目次を挿入する方法。
  • 印刷イメージの変更方法。
  • Webイメージの変更方法。
  • 目次スタイルの全般設定。
  • テキストの追加と目次の更新方法。
  • 目次の削除方法。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :

ソフトウェア Microsoft Office   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る