Word JPEG 変換

デザイン五輪書

Word文書をJPEGに変換する方法

読了までの目安時間:約 19分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

Word文書をJPEGに変換する方法

はじめに

Word文書はJPEGで出力できない!?

Word文書をJPEGのファイル形式に変換して保存。
Wordにそのような機能があっても良さそうなものですが、残念ながら、Wordの中には、JPEG形式でファイルを保存する機能はありません。

Wordで保存できる形式

そこで、今回は、他のソフトを利用して、Word文書をJPEG形式で保存する方法についてご紹介します。

▲もくじへ戻る

PhotoshopでJPEGを書き出す

WordからPhotoshopへの流れ

私がWord文書をJPEGに変換する必要に駆られた場合は、Photoshopを使用してJPEGファイルに変換します。
その理由は、私のパソコン環境上では、この方法が最も効率的だからです。
どう効率的なのかについては、記事を最後までご覧頂ければ分かると思います。

作業の流れとしては、まず、Wordで文書をPDFファイルとして書き出します。
なぜ、PDFファイルなのかと言うと、PhotoshopはPDFファイルを読み込む事ができるからです。

それは、Illustratorでも可能なのですが、Illustratorの場合だと、フォントによってデザインが大きく崩れる可能性があります。
ですから、Photoshopの方が良いです。

その後、PhotoshopからJPEGファイルとして画像を書き出します。

この手順を踏んで行きます。
この後、詳しく見て行きましょう。

▲もくじへ戻る

Word文書をPDFファイルとして書き出す

では、Wordを使用して、Word文書をPDFファイルとして書き出しましょう。

「リボン」の中にある「ファイル」タブをクリックします。

ファイルタブ

表示された「ファイル」ページの「サイドメニュー」の中から、「エクスポート」を選択します。

エクスポート

「エクスポート」ページ右側にある「PDF/XPSの作成」をクリックします。

PDF/XPSの作成

「PDFまたはXPS作成で発行」ダイアログが表示されます。
「ファイルの種類」は「PDF(*.pdf)」を選択し、「発行」をクリックします。

PDFファイルの保存

PDFファイルが書き出されました。

PDFファイル

▲もくじへ戻る

PDFファイルをPhotoshopで読み込む

続いて、PDFファイルをPhotoshopに読み込みましょう。

「メニューバー」の「ファイル」をクリックし、「開く」を選択します。

開く

「開く」ダイアログが表示されますので、先ほど保存したPDFファイルを選択します。

PDFファイル

続けて、「PDFの読み込み」ダイアログが表示されます。
Word文書が複数ページで構成されていた場合、「選択」の中に複数のファイルが表示されます。

キーボードの「Shift」を入力しながら、一番最後尾にあるファイルをクリックして下さい。
すると、ファイルが全て選択されます。

読み込むPDFファイルのページ選択

「OK」をクリックすると、選択したファイルが全て、Photoshopで表示されます。

PDFファイルが読み込まれた

▲もくじへ戻る

PDFファイルをJPEGファイルとして書き出す

続いて、Photoshopの機能で、PDFファイルをJPEGファイルとして書き出します。

「メニューバー」の「ファイル」をクリックし、「Web用に保存」を選択します。

Web用に保存

「Web用に保存」ダイアログが表示されます。
「プリセット」の中から、「JPEG高」を選択します。

JPEG高

「画質」をお好みの数値に変更します。
ちなみに、最大は「100」です。

JPEGの画質

「保存」をクリックすると、「最適化ファイルを別名で保存」ダイアログが表示されます。
任意の場所にJPEGファイルを保存して下さい。

同様の手順で、他のページもJPEGファイルとして書き出します。

JPEGファイルが保存された

▲もくじへ戻る

ペイントでJPEGを書き出す

Wordからペイントへの流れ

次にご紹介する方法は、ペイントを使ってJPEGファイルを書き出す方法です。
恐らく、この方法が最も有名でしょうし、この方法を使用している方は少なくないでしょう。

ですが、ペイントはあまり性能が良いとは言えず、非常に手間がかかり、根気のいる方法です。
有名な方法ですからご紹介はしますが、余程の事情がない限り、他の方法を選びましょう。
正直、作業時間が勿体ないです。

Wordとペイントを使用する方法の全体的な流れとしては、Wordで開いているWord文書の画面を、PrintScreenを使ってキャプチャします。
キャプチャした画面をペイントに貼り付け、必要な部分だけトリミングします。

トリミングした画像は、ペイントでJPEGとして保存します。

▲もくじへ戻る

Word文書をPrintScreenでキャプチャする

PrintScreenは、パソコンのディスプレイに表示されている画面をそっくりそのままコピーする機能です。

前述したように、ペイントでの作業はとても手間がかかります。
にも関わらず、Word文書一ページに対し、二ヶ所、三ヶ所と合成する必要のある場所があったのでは、とても時間がかかってしまいます。
ですから、できるだけ画面を効率的に活用し、Word文書が途中で途切れる回数を少しでも減らす必要があります。

そこで、Wordの「リボン」を折りたたみ、少しでもWordの文書を広く表示させましょう。
「リボン」の右下にある「リボンを折りたたむ」をクリックします。

リボンを折りたたむ

リボンが折りたたまれ、その分、Word文書が表示されるスペースが広がりました。

リボンが折りたたまれた

続いて、Word文書の表示倍率を100%にします。
その理由は、PrintScreenは、ディスプレイに表示されている画面をそのままコピーするからです。
表示倍率が低いと、その分、コピーされる画像が縮小されてしまいます。

Wordの右下にある、表示倍率が表示されている部分をクリックします。

表示倍率

すると、「ズーム」ダイアログが表示されます。
「倍率」の部分にある「100%」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

ズーム

Word文書の表示倍率が100%になりました。

次は、Word文書の表示位置を調整します。
まずは、Word文書の上部をコピーしますので、文書の最上部の位置がギリギリ見える状態に、表示位置を調整して下さい。

表示位置の調整

最後に、キーボードの「PrintScreen」をクリックします。
キーボードによっては、表記が「Prt Sc」だったり、「PRTSC」だったりと、バラ付きがあるので、注意して下さい。

PrintScreenを入力する事で、ディスプレイに表示されている画面がクリップボード上に保存されました。

▲もくじへ戻る

ペイントの描画領域を設定する

続いて、クリップボード上のファイルをペイントで読み込みます。

クリップボード上のファイルを読み込むには、ペイントにファイルを貼り付ければ良いだけです。
ですが、ペイントには使い勝手に色々と問題があって、描画領域を超えるサイズのファイルを貼り付けると、はみ出た部分が切り取られてしまいます。

描画領域で画像が切られる

ですから、最初に描画領域を大きくしておく必要があります。
必要な描画領域はWord文書1ページ分ですが、念の為に、十分な描画領域を確保しておきましょう。

「イメージ」グループの中にある「サイズ変更」をクリックします。

サイズ変更

「サイズ変更と傾斜」ダイアログが表示されます。

「サイズ変更」項目の「単位」を「ピクセル」に変更します。
そして、「縦横比を維持する」のチェックを外します。
続けて、「水平方向」と「垂直方向」をそれぞれ「2000」に変更します。

最後に、「OK」をクリックします。

サイズ変更と傾斜ダイアログ

画面いっぱい描画領域が表示されました。

描画領域が広がった

▲もくじへ戻る

クリップボード上のファイルをペイントに読み込む

十分な描画領域が確保できましたので、「クリップボード」グループの中にある「貼り付け」をクリックします。

貼り付け

クリップボード内に保存されていたWord文書が、ペイントの描画領域内に貼り付けられました。

Word文書が貼り付けられた

同様に、Word文書の残りの部分をPrintScreenでコピーし、ペイントに貼り付けて下さい。

ペイントに文書を貼り付けた直後は、画像の位置を移動できます。
画像同士が重ならない位置に移動させて下さい。

画像を重ねない

レイヤーと言う概念のないペイントでは、画像が重なってしまうと、下になった部分は削除されてしまいますので、注意が必要です。

▲もくじへ戻る

Word文書を一つに復元する

続いて、画像の必要な部分のみを残し、いらない部分は削除してしまいましょう。
その為にまず行うのは、バラバラになっているWord文書を一つに繋げる作業です。

「四角形選択」ツールで文書の部分のみを選択し、移動します。
この方法でWord文書を一つに復元します。

「イメージ」グループの中にある「選択▼」をクリックし、展開されたメニューの中にある「四角形の選択」項目の中にある「四角形選択」をクリックします。

四角形選択

続いて、文書の部分のみをドラッグ選択します。
文書同士、内容が被る部分を目安に、切り取り位置を決めます。
また、範囲を選択後は微調整ができませんので、慎重に行って下さい。

Word文書の部分を選択

選択した部分をドラッグ移動し、バラバラになっているWord文書を一つにします。

文章を移動して一つに

移動後、選択範囲外をクリックする事で、移動した部分が完全に結合されます。

▲もくじへ戻る

トリミングで不必要な部分を消去する

文書が一つに復元できたら、今度はトリミングをし、文書以外の部分を全て消去します。
トリミングを行う際は、トリミングを行う部分が選択されている必要があります。
ですから、先ほどと同様に「四角形選択」ツールを使用し、今度は、文書全体を選択する必要があります。

「四角形選択」ツールを使用する際の注意点ですが、「四角形選択」ツールはディスプレイに表示されている範囲内しか選択する事ができません。
つまり、表示倍率を下げてWord文書全体が表示された状態にし、Word文書の部分のみを正確に選択する必要があります。

では、表示倍率を「50%」に下げましょう。
ペイントの右下に表示されている「縮小」をクリックします。

縮小

画像が50%の倍率で表示されました。

画像が縮小表示された

四角形選択ツールを使用し、Word文書全体を選択して下さい。
その際、選択範囲内に余白が混じってしまうと、仕上がりにも余白が混じってしまいます。
ですから、正確に選択する必要があります。

余白を含めず正確に選択

文書全体を選択する事ができたら、「イメージ」グループの中にある「トリミング」をクリックします。

トリミング

「四角形選択」ツールで選択した部分のみがトリミングされ、余計な部分は消去されました。

Word文書のみが切り抜かれた

▲もくじへ戻る

トリミング後の画像をJPEGファイルとして書き出す

最後に、トリミングした画像をJPEGファイルとして保存しましょう。

「リボン」の中にある「ファイル」タブをクリックします。

ファイルタブ

表示された「ファイル」メニューの中から、「名前を付けて保存」にマウスポインタを合わせます。
更に表示された「サブメニュー」の中の「JPEG画像」をクリックします。

JPEG画像

「名前を付けて保存」ダイアログが表示されますので、任意の場所にファイルを保存します。
ペイントから、JPEG画像が書き出されました。

JPEG画像が書き出された

この一連の流れを、Word文書の全ページに対して行って下さい。

▲もくじへ戻る

PowerPointでJPEGを書き出す

WordからPowerPointへの流れ

冒頭でご紹介した通り、WordにはファイルをJPEGで書き出す機能がありません。
ですが、実は、PowerPointでしたら、ファイルをJPEGで書き出す事ができるのです。

JPEGファイル交換形式

つまり、Word文書をPowerPointで読み込めば、そのままJPEGファイルとして書き出す事ができると言う事です。

とは言うものの、Wordファイル(.docx)をPowerPointで開く事はできません。
そこで役に立つのが「コピー&ペースト」です。

Word文書を「コピー&ペースト」する際は、ちょっとしたポイントがあります。
そのポイントについては、作業をしながら解説して行こうと思います。

▲もくじへ戻る

Word文書をコピーする

まずは、Word文書をコピーしたいと思います。
Word文書をコピーする際の注意点ですが、キーボードの「Ctrl」と「A」を同時入力して、文書全てを一気にPowerPointへ「コピー&ペースト」しても、意味がありません。
と言うのも、PowerPointの場合は、スライド一つ一つが独立しているからです。

Wordの場合は、ページと言う概念は非常に緩く、例えば、一ページ内の文章量が溢れた場合は、簡単に次のページに文章が移動します。
これがPowerPointの場合だと、スライド内の文章が溢れても、次のスライドに文字が移動すると言う事はありません。

Word文書は、一見すると、ページごとに文章が区切られているように見えますが、実は、文章が繋がっているのです。
従って、Word文書をPowerPointの1つのスライドに「コピー&ペースト」しても、二ページ目以降の文字列は表示されないのです。

結論を言えば、Word文書を一ページずつ「コピー&ペースト」して行くしか、方法はないと言う事です。

では、Word文書の一ページ目をコピーしましょう。
複数行を選択する際は、左側余白をドラッグして選択する方法がやりやすいと思います。
この方法なら、文書にヘッダーやフッターが設定されていた場合でも、選択漏れの心配がありません。

複数行選択

続いて、「リボン」の「ホーム」タブを選択します。

ホームタブ

「クリップボード」グループの中にある「コピー」をクリックします。

コピー

Word文書の一ページ目がクリップボード内にコピーされました。

▲もくじへ戻る

コピーした文書をスライドに貼り付ける

次は、コピーしたクリップボード内のWord文書を、PowerPointのスライド上に貼り付けたいと思います。

「リボン」の「ホームタブ」が選択されている事を確認し、「クリップボード」グループ内の「貼り付け▼」をクリックします。
「貼り付けのオプション」が表示されますので、「」を選択して下さい。

図で貼り付ける

ちなみに、「図」以外の形式で貼り付けてしまうと、Word文書は大きく崩れてしまいます。
形を忠実に保持する「図」を選んで下さい。

クリップボードに保存されていたWord文書が、図としてPowerPointのスライドに貼り付けられました。

Word文書がPowerPointに貼り付けられた

貼り付けられた図がスライドからはみ出ていますが、問題ありませんので、気にしないで下さい。

▲もくじへ戻る

コピーした文書をJPEGとして書き出す

続いて、スライド上のWord文書をJPEGに変換したいと思います。

貼り付けたWord文書の図を右クリックします。
表示された「コンテキストメニュー」の中から、「図として保存」をクリックします。

図として保存

「図として保存」ダイアログが表示されますので、「ファイルの種類」を「JPEGファイル交換形式(*.jpg)」に変更し、「保存」をクリックします。

JPEGファイル交換形式として保存

コピーしたWord文書が、JPEGファイルとして書き出されました。

JPEG画像が書き出された

同様の手順で、Word文書の二ページ以降も、JPEGファイルに書き出して下さい。

▲もくじへ戻る

まとめ

IT環境に合わせた組み合わせを

今回は、Word文書をJPEGに変換する方法についてご紹介しました。

Photoshopを使用する方法ペイントを使用する方法PowerPointを使用する方法の三通りの方法をご紹介しましたが、いかがでしたか?
Photoshopの代わりにGIMPを代用する事もできますし、PrintScreenとPhotoshopやGIMPを組み合わせる方法もあります。

組み合わせは色々とありますので、あなたのパソコン環境に合った方法を選んで下さい。
今は、PowerPointがインストールされているパソコンも多いので、一番最後にご紹介した方法が良いかもしれませんね。

この記事があなたの業務に役立てれば幸いです。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :       

ソフトウェア Microsoft Office   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る