Word ヘッダー セクション

デザイン五輪書

蟹でもできる!?Wordのヘッダーをセクションごとに変更する方法

読了までの目安時間:約 7分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

蟹でもできる!?Wordのヘッダーをセクションごとに変更する方法

セクション区切りとヘッダー

セクション区切りとは?

Wordには、「セクション区切り」と言う機能があります。

セクション区切り

Wordは基本的に全ページに同じページ設定を引き継ぎますが、この「セクション区切り」を挿入する事で、Wordを部分的に違うページ設定に変更する事ができます。

セクション

「セクション区切り」の挿入方法は、「セクション区切り」を挿入したい場所を選択し、キャロットを表示しておきます。

セクション区切りの挿入場所を選択

そして、「リボン」の「ページレイアウト」タブをクリックします。

ページレイアウトタブ

続けて、「ページ設定」グループ内にある「区切り」をクリックします。

ページ/セクション区切りの挿入

表示された「ページ/セクション区切りの挿入」メニューの「セクション区切り」の中から、任意の項目を選んでクリックします。

セクション区切り

試しに、「次のページから開始」を選んでみましょう。
すると、キャロットを表示していた行の前の行にセクション区切りが挿入され、キャロット以降の部分は次のページに移動しました。

セクション区切りが挿入された

▲もくじへ戻る

各セクションごとにヘッダーは変更できる??

この「セクション区切り」と言う機能を使用する事で、各セクションごとにヘッダーやフッターを変更する事も可能です。
とは言っても、中には、設定が上手く行かないと言う方もいるようです。

と言うのも、ヘッダーやフッターを各セクションごとに変更する場合、一手間が必要になるからです。
その部分の設定変更を行わない限り、全セクションのヘッダーやフッターは統一されたままになります。

「なぜ思い通りに行かないんだぁ~!」とイライラする前に、この記事を参考にしてみて下さい。

Wordのせいでイカれるサラリーマン

▲もくじへ戻る

各セクションごとにヘッダーを変更する方法

Word文書にヘッダーを挿入する

では、実際の作業を通して、各セクションごとにヘッダーを変更する方法を確認してみましょう。
作業の前提として、既に、文章と「セクション区切り」は挿入されている状態にしておきます。
「セクション区切り」の挿入方法は前述していますので、そちらを参考にして下さい。

まずは、Word文書にヘッダーを挿入しましょう。
「リボン」の「挿入」タブをクリックします。

挿入タブ

続けて、「ヘッダーとフッター」グループの中にある「ヘッダー」をクリックします。

ヘッダーの追加

表示されるメニューの「組み込み」の中にある「空白」を選択します。

空白

空白のヘッダーが挿入され、「[ここに入力]」と言うテキストが表示されます。

空白のヘッダーが挿入された

その状態のまま、任意の文字を入力して下さい。

ヘッダーに任意の文字を入力

入力した文字がヘッダーとして設定されます。

▲もくじへ戻る

他のセクションのヘッダーは?

では、別のセクションのヘッダーはどうなっているでしょうか?
確認してみましょう。

「リボン」で「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブが選択されているのを確認します。
そして、「ナビゲーション」グループ内の「次へ」をクリックします。

次へ

すると、次のセクションのヘッダーに画面が移動します。
先ほどのセクションのヘッダーに記述した文字が、このセクションにも表示されているのが確認できると思います。
そして、ページの右側に、「前と同じ」と表示されています。

前と同じ

これは、前のセクションと同じヘッダーを継承していると言う意味合いを表しています。
つまり、Word文書はセクションごとに区切られているものの、ヘッダーの設定は全セクションで統一されている状態なのです。

▲もくじへ戻る

セクションごとにヘッダーを変更する

そこで必要になるのが、「前と同じ」と言う設定を解除する作業です。
この設定を行えば、そのセクションは、前のセクションのヘッダーとフッターの設定を継承しません。

では、前のセクションの設定を継承したくないセクションの、ヘッダー部分に移動します。
そして、「リボン」で「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブが選択されているのを確認します。

続けて、「ナビゲーション」グループ内の「前と同じヘッダー/フッター」をクリックします。

前と同じヘッダー/フッター

すると、「前と同じヘッダー/フッター」の設定が解除され、「前と同じ」と言う表記が非表示になりました。

前と同じが非表示に

これで、このセクションのヘッダーとフッターは前のセクションから独立しました。

▲もくじへ戻る

セクションのヘッダーの独立を確認する

実際に、このセクションのヘッダーが独立しているのかを確認してみましょう。
ヘッダーの文字を書き換えて下さい。

ヘッダーの文字を書き換える

「リボン」で「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブが選択されているのを確認します。
そして、「ナビゲーション」グループ内の「前へ」をクリックします。

前へ

一つ前のセクションのヘッダーに移動しました。
ヘッダーの文字を確認してみると、先ほどのセクションのヘッダーで書き換えた文字の設定が反映されていない事が確認できます。

前のセクションのヘッダー

つまり、それぞれのヘッダーは連動しておらず、それぞれが独立していると言う事を表しています。

▲もくじへ戻る

まとめ

たった一手間ですが・・・

今回は、Word文書の各セクションごとにヘッダーを変更する方法をご紹介しました。
具体的には、「セクション区切り」の挿入方法ヘッダーの挿入方法、そして、各セクションごとにヘッダーを独立させる方法について、手順を踏まえつつご紹介しました。

今までつまづいていた方は、たったこれだけの事かと拍子抜けした事でしょう?
たった一手間ですが、ここに気が付かないと、セクションごとにヘッダーの設定を変える事ができません。

今回ご紹介した内容を覚えておいて、次からは、自由にヘッダーを変更して下さい。
この記事を機に、あなたの仕事がはかどれば幸いです。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :

ソフトウェア Microsoft Office   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る