word ページ削除

デザイン五輪書

Wordでページ削除出来無いからと、空白ページも印刷してませんか?

読了までの目安時間:約 8分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

Wordでページ削除出来ないからと、空白ページも印刷してませんか?

Wordでページを削除する事は出来る?

Wordにおけるページと言う概念と実務上の問題

Wordの「ページレイアウトビュー」ではページ毎に内容が区切られて見えますが、実は、Wordのページと言う概念は非常に弱いものです。
その証拠に、1ページ内に収まりきらなかった文章は簡単に次のページへ移動します。

1ページ内に収まらなかった分は次のページへ

ここがWordの利便性を上げている点ではあるのですが、一方で、不都合な点もあります。
その不都合な点に関しては、記事の後半でご紹介します。

また、Wordにはページを入れ替える機能はありませんし、ページを選択する機能も、ページを削除する機能もありません。
つまり、Wordにおけるページと言う概念は、あくまでも印刷上必要な機能であり、ページ毎にデータを区切るものでは無い訳です。

そう言うWordのページ概念とは関係無く、実務においては、ページを削除する必要が出て来る事もあるでしょう。
そこで、今回はページを削除する方法をご紹介したいと思います。

また、どうしてもページが削除出来無いと言うケースもありますので、そう言った場合の代替案もご紹介したいと思います。
どうぞ、最後までご覧下さい。

▲もくじへ戻る

Wordで任意のページ削除を行う方法

任意のページを削除する

では早速、任意のページを削除してみましょう。

Wordにはページを指定選択する機能がありません。
ですから、直接ページ内の文章を選択するしかありません。

削除したいページの左側余白をドラッグして、ページ内全体を選択します。

ページの左余白をドラッグ

続けて、キーボードの「Backspace」か「Delete」を入力します。
すると、選択したページが削除され、次のページが表示されます。

ページが削除された

▲もくじへ戻る

もっとスマートに任意のページを削除する

先程は、ページの左側余白をドラッグしてページを選択する方法をご紹介しました。
ですが、もっとスマートにページを選択する方法があります。

まずは、削除したいページの文頭をクリックし、キャロットを表示しておきます。

ページ文頭をクリック

続いて、ページ文末を、キーボードの「Shift」を入力しながらクリックします。
その際、最後の改行マークまで一緒に選択して下さい。

キーボードのShiftを入力しながらページ文末をクリック

続けて、キーボードの「Backspace」か「Delete」を入力します。
すると、選択したページが削除され、次のページが表示されます。

選択したページが削除された

▲もくじへ戻る

最終ページの空白ページを削除する方法

削除する事の出来無い空白ページ

Wordの最終ページ末に表を挿入すると、自動的に、次のページに空白のページが挿入されてしまいます。

文末の表に要注意!

非常に厄介な事に、この空白のページは削除する事が出来ません。
かと言って、このまま放置すると、ワードファイルを印刷する際にこのページまで印刷されてしまいます。

空白なら印刷されても問題無いだろうと思う方もいるでしょう。
ですが、このWordファイルにヘッダーやフッター部分を挿入している場合、空白のページにもヘッダーやフッターが挿入されてしまいます。
つまり、印刷の度に用紙を無駄使いしてしまう訳です。

ですから、きちんと対処する必要があります。

▲もくじへ戻る

ページ設定を変更して空白のページを削除する

表を挿入すると、自動的に空白行が追加されます。
この空白行が、空白のページを作成している原因です。

空白のページを作成する原因

つまり、この空白行をページ内に収める事が出来れば、空白ページは作成されないと言う事になります。
そこで、最終ページのみページ設定を変更し、この空白行をページ内に収めるように設定します。

まずは、ページ設定の変更が他のページにまで及ばないように、セクション区切りを挿入します。
このページ(後ろから2番目のページ)の文頭をクリックし、キャロットを表示させておきます。

最後から2番目のページの文頭をクリック

続いて、「リボン」の「ページレイアウト」タブをクリックします。

ページレイアウトタブ

「ページ設定」グループ内の「区切り」をクリックします。

ページ/セクション区切りの挿入

表示された「ページ/セクション区切りの挿入」メニュー内にある「セクション区切り」項目の中の「現在の位置から開始」をクリックします。

現在の位置から開始

前のページの文末にセクション区切りが挿入されました。

セクション区切りが挿入された

続けて、「ページ設定」グループ内にある「ダイアログボックス起動ツール」をクリックします。

ページ設定のダイアログボックス起動ツール

「ページ設定」ダイアログが表示されます。
「行数」項目内の「行数」を増やして下さい。

行数

作例では、2行分追加しました。

「OK」をクリックし、「ページ設定」ダイアログを閉じます。
すると、表の後の空白行が前のページ内に収まり、空白のページが削除されました。

空白行がページ内に収まった

▲もくじへ戻る

行間隔を変更して空白のページを削除する

上記方法が難しいと思う方には、もっと簡単な方法があります。

それは、表の後に続く空白行の行間隔を狭く設定すると言う方法です。
行間隔が狭くなれば、結果的に表の後の空白行が前のページ内に収まり、空白のページが削除されます。

では、実際に作業を行ってみましょう。
まずは、表の後の空白行内をクリックし、キャロットを表示させておきます。

表の後の空白行内にキャロットを表示

続けて、「リボン」の「ホーム」タブをクリックします。

ホームタブ

「段落」グループ内にある「ダイアログボックス起動ツール」をクリックします。

段落ダイアログボックス起動ツール

「段落」ダイアログの「インデントと行間隔」タブが表示されます。
「間隔」の項目内の「行間」横の「∨」をクリックします。
表示されたリストの中から、「固定値」を選択します。

段落の行間の間隔

続けて、「間隔」内に「0.7pt」と記入します。

行間の間隔の設定

「OK」をクリックし、「段落」ダイアログを閉じます。
すると、空白のページが削除され、空白行が表の真下に移動しました。

空白行がページ内に収まった

空白行は0.7ptしかありませんので目視し辛いかと思いますが、きちんとページ内に収まりました。

▲もくじへ戻る

まとめ

凡ミスを引き起こす原因の一つ

今回は、Wordでページを削除する方法についてご紹介しました。

おさらいをすると、Wordにおけるページと言う概念についての説明と、Wordでページを選択する2通りの方法、そして、ページの削除方法について説明しました。
また、最終ページに削除出来無い空白ページが作られる原因と、2通りの代替案についてご紹介しました。

私が新人だった頃、最終ページに削除出来無い空白ページが作られてしまい、どうしようも無かった経験があります。
どうせ空白だからと印刷したら、フッターにしっかりとページ番号が印刷されてしまい、紙を無駄にしたと上司からお説教を食らう羽目に・・・。

あの頃、この記事の内容を知っていたら・・・などと思うものの、今更どうしようもありません。
ですから、せめて、あなたは同じミスを起こさないようにして下さい。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :

ソフトウェア Microsoft Office   コメント:3

この記事に関連する記事一覧

  • イノイノ

    ためになりました。これで無駄な印刷が減るはず

  • ゆき

    上記のやり方を全て試しましたが、最後の空白ページが削除されません。行間隔を「0.7pt」にしても、キャロットが小さくなるだけでページが残ってしまいます。どうすれば削除できますか。
    よろしくお願いします。

  • sana

    「Wordにおけるページと言う概念は、あくまでも印刷上必要な機能であり、ページ毎にデータを区切るものでは無い」これで納得、すっきりしました。 どうしたらできるかだけでなく、どういう仕組みでできるのかがわかると、マニュアルの理解もしやすくなります。ありがとうございました。

TOPへ戻る