word 文字間隔

デザイン五輪書

Wordは文字間隔が思い通りに出来ず、嫌いでした。ところが・・・!

読了までの目安時間:約 15分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

Wordは文字間隔が思い通りに出来ず、嫌いでした。ところが・・・!

Wordの文字間隔設定

Wordは自由度が低い!?

Wordで文章を作っていると、基本的な事はWordが自動で行ってくれます。
例えば、文字サイズを大きくすれば、自動で文字の間隔や行間を調整してくれます。

Wordの自動修正機能

これは、とても便利な事です。
ですが、一方で、意図的にWordのデザインを崩したい場合、どうやって操作するのかが分からないと言った方も少なくないでしょう。

意図的にデザインを崩す

そう言った方からすれば、Wordは自由度が効かずに使い辛いと言った印象を持ってしまう事でしょう。
・・・ですが、実際はそんな事ありません。
Wordで文字間隔や行間、更には、段落間の余白も設定する事が出来るのです。

今回は、こう言った文字間隔をWordで設定する方法についてご紹介します。
ぜひ、最後までご覧下さい。

▲もくじへ戻る

文字間隔がもたらす印象

Wordの文字間隔は、初期設定で読みやすいように設定されています。
適度な読みやすい空きが取られているので、一定のリズムで文字を読む事が出来ます。
それをわざわざ崩すのですから、きちんと意図を持って設定変更する必要があります。

文字の間隔を空けると、文字を読む速度がゆったりとします。
子供用の絵本などそうですが、間隔の空いた文字は穏やかな印象を与える事が出来ます。
また、計算された文字間隔の隙間は、読み手に洗練された上品な印象を与える事も出来ます。

一方、文字間隔を狭くすると、文字の密度が上がり、文字を読む速度を高める事が出来ます。
それと同時に、緊張感や一体感を生む事も出来ますが、面積当たりの情報量が増える為、読み手に難しいと言った印象を与えてしまいます。
辞書などが、正にそうですよね?

文字間隔を狭めるにしろ、広げるにしろ、文章の一部分の文字列に対して行う場合は、その部分を目立たせる事が出来ます。
文字を読むリズムがそこで変化をするので、一種のアクセント的な使い方が出来ます。

文字間隔を変化させるのならば、意図的に使用しましょう。

▲もくじへ戻る

Wordで文字間隔の設定を行う

文字間隔の設定を変更する

では早速、文字間隔の設定を変更してみましょう。

まずは、文字間隔を変更したい文字列をドラッグ選択します。
ポイントとしては、文字間隔を変更したい文字列と、その一文字前の文字を含めて選択します。
選択する文字列が行頭の場合は、一文字前の文字は選択する必要ありません。

文字間隔を変更する文字列を選択

続けて、「リボン」の「ホーム」タブをクリックします。

ホームタブ

「フォント」グループ内の「ダイアログボックス起動ツール」をクリックします。

フォントグループのダイアログボックス起動ツール

「フォント」ダイアログが表示されます。
「詳細設定」タブをクリックして下さい。

詳細設定タブ

「文字幅と間隔」の項目内にある「文字間隔」を変更します。
「標準」を「広く」か「狭く」に変更し、「間隔」の項目で、文字間隔分の数値を指定します。

文字間隔の指定

文字間隔が変更されました。

文字間隔の設定

▲もくじへ戻る

一定サイズ以上のフォントのカーニングを行う

Wordはある一定のサイズ以上の文字に対してカーニングを行う機能を持っています。
カーニングとは、全角サイズの約物や半角英数字の文字間のスペースに対して、文字詰め設定を行う為の機能です。
全角の日本語に対しては行う事が出来ません。

約物と言えば、「(」や「、」や「。」などがイメージしやすいと思います。
全角(2キロバイト)サイズの約物は、実質、半角(1キロバイト)サイズ分のスペースしか使用しない為、残り半角分のスペースが余分に残ります。
結果、この空白分が文字を読むリズムを狂わせ、文章が読み辛い印象を与えてしまう事があります。

また、半角英数字は本来、それぞれの文字によって横幅が異なります。
ですが、初期のパソコンは文字別にサイズを変更する事が出来無かった為、文字にスペースを設け、全ての文字が等幅になるように調整していました。
全ての文字を等幅に設定しているフォントの事を等幅フォント(モノスペースフォント)と言います。

それに対し、文字ごとに横幅の異なるフォントの事をプロポーショナルフォントと言いますが、このプロポーショナルフォントを使用している場合は、カーニングを行っても、大した変化は得られません。
「MSPゴシック」のように、名前に「P」や「Pro」の付いているフォントがプロポーショナルフォントです。

Wordのカーニング設定の適用が、ある一定以上の文字サイズを指定出来るようになっているのには、きちんとした理由があります。
それは、約物や半角英数字の余白は、文字サイズが大きくなる程に目立って来るからです。
逆に、文字サイズが小さい間はそれ程気になりませんので、わざわざカーニングをする必要は無いと言う事でしょう。

では早速、カーニングを行う文字列をドラッグ選択しましょう。

カーニングは文字に対して行われるものでは無く、あくまでも、文字間のスペースに対して行われるものです。
ですから、選択は2文字以上を対象に行います。
そして、半角英数字か約物が2文字以上続いている場合にのみ効果がありますので、選択する文字には注意して下さい。

カーニングを行う部分をドラッグ選択

続けて、「リボン」の「ホーム」タブをクリックします。

ホームタブ

「フォント」グループ内の「ダイアログボックス起動ツール」をクリックします。

フォントグループのダイアログボックス起動ツール

「フォント」ダイアログが表示されます。
「詳細設定」タブをクリックして下さい。

詳細設定タブ

「文字幅と間隔」の項目内にある「カーニングを行う」にチェックを入れます。
そして、その横の記入欄に、カーニングを適用する基準となる文字サイズを記入します。

カーニングを行う

「OK」をクリックし、「フォント」ダイアログを閉じます。
すると、選択した範囲にカーニングが適用されました。

カーニングの適用

▲もくじへ戻る

文字幅の倍率を変更する

Wordには、文字幅の倍率を変更する機能があります。
この機能は文字間隔を変更させるものではありませんが、文字間隔だけでは調整しきれなかった場合等に役に立つでしょう。

まずは、文字幅の倍率を変更したい文字を選択します。

文字幅の倍率を変更したい文字を選択

続けて、「リボン」の「ホーム」タブをクリックします。

ホームタブ

「フォント」グループ内の「ダイアログボックス起動ツール」をクリックします。

フォントグループのダイアログボックス起動ツール

「フォント」ダイアログが表示されます。
「詳細設定」タブをクリックして下さい。

詳細設定タブ

「文字幅と間隔」の項目内にある「倍率」を変更します。

文字幅の倍率を変更

任意の倍率に変更したら、「OK」をクリックして、「フォント」ダイアログを閉じます。
すると、指定した倍率で文字幅が変更されます。

文字幅の倍率

▲もくじへ戻る

Wordで均等割り付けを行う

文字の均等割り付け

前述した方法は、スペース部分を指定する事で文字間隔を設定する方法でした。

次に紹介するのは、「均等割り付け」と言う方法です。
均等割り付けは、スペースでは無く、文字数を指定します。
選択した部分が指定した文字数分のスペース内に等間隔で配置されるので、結果的には、文字間隔を指定したのと同じ見た目になります。

実際に、文字の均等割り付けを行ってみましょう。
まずは、均等割り付けを行いたい文字列を選択します。

文字幅の倍率を変更したい文字を選択

続けて、「リボン」の「ホーム」タブをクリックします。

ホームタブ

「段落」グループ内の「均等割り付け」をクリックします。

均等割り付け

「文字の均等割り付け」ダイアログが表示されます。
「新しい文字列の幅」に任意の文字数を指定します。

文字の均等割り付け

「OK」をクリックして「文字の均等割り付け」ダイアログを閉じます。
すると、指定した文字数に合わせて、選択した文字列が均等割り付けされます。

均等割り付けが適用された

▲もくじへ戻る

文字の均等割り付けを解除する

続いて、文字の均等割り付けを解除する方法についてご紹介します。
まずは、均等割り付けを行っている文字内をクリックし、キャロットを表示しておきます。

均等割り付けを行った部分にキャロットを表示

そして、「段落」グループ内の「均等割り付け」をクリックします。

均等割り付け

「文字の均等割り付け」ダイアログが表示されます。
ダイアログ左下部分にある「解除」をクリックします。

文字の均等割り付けの解除

すると、文字の均等割り付けが解除されました。

文字の均等割り付けが解除された

▲もくじへ戻る

Wordで行間隔の設定を行う

行間隔の設定を変更する

Wordでは、文字間隔だけではなく、行間隔も設定する事が出来ます。
行間隔の設定は、同じ段落内に適用されます。

では、実際に行間隔の設定を行ってみましょう。
行間隔を変更する段落内をクリックし、キャロットを表示しておきます。

行間隔を変更したい段落をクリック

続いて、「リボン」の「ホーム」タブをクリックします。

ホームタブ

そして、「段落」グループ内の「行と段落の間隔」をクリックします。

行と段落の間隔

「行と段落の間隔」メニューが表示されますので、任意の数値をクリックします。

任意の行間隔を選択

すると、指定した数値で行間隔が変更されます。

行間隔が変更された

▲もくじへ戻る

任意の数値で行間隔の設定を変更する

前述した方法の場合、予めWordで用意されている数値の中から選択する形で、行間隔を変更しました。
ですが、この中に自分が思う行間隔が無かった場合は、任意の数値で設定する事も可能です。

「段落」グループ内の「ダイアログボックス起動ツール」をクリックします。

段落ダイアログボックス起動ツール

「段落」ダイアログの「インデントと行間隔」タブが表示されます。
「間隔」項目の「行間」をクリックします。

段落の行間の間隔

表示された一覧の中から、任意のものを選択します。

ちなみに、「最小値」と「固定値」は、「間隔」の項目で指定した数値が行間隔として設定されます。

行間の間隔の設定

「固定値」の場合は指定した数値が忠実に再現されますが、「最小値」の場合は、行内に指定した行間よりも大きい文字や画像が挿入されていた場合に、それらが収まる最小値で再設定されます。

「倍数」は、1行のサイズを基準にした倍数を「間隔」の項目で指定します。

行間の間隔の倍数設定

「1」よりも小さい数値を指定した場合は行間が狭くなりますし、「1」よりも大きい数値を指定した場合は、その分、行間が広くなります。

▲もくじへ戻る

Wordで段落間隔の設定を行う

段落間隔の設定を変更する

これまで、文字間隔と行間隔の設定についてご紹介しました。
最後にご紹介するのが、段落間隔の設定についてです。

段落間隔は、段落の上下の部分の余白を設定する事が出来ます。
ここを行間隔よりも広く設定しておく事で、段落の移り変わりが読み手に伝えやすくなります。

では、実際に段落間隔の設定を行ってみましょう。
段落間隔を変更する段落内をクリックし、キャロットを表示しておきます。

段落間隔を変更したい段落をクリック

続いて、「リボン」の「ホーム」タブをクリックします。

ホームタブ

そして、「段落」グループ内の「行と段落の間隔」をクリックします。

行と段落の間隔

「行と段落の間隔」メニューが表示されますので、「段落前に間隔を追加」、もしくは、「段落後に間隔を追加」をクリックします。

段落前後に間隔を追加

すると、キャロットを表示していた段落の前後に段落間隔が追加されます。

段落間隔が追加された

追加した段落間隔を削除する場合は、「段落」グループ内の「行と段落の間隔」をクリックします。

行と段落の間隔

「行と段落の間隔」メニューが表示されますので、「段落前の間隔を削除」、もしくは、「段落後の間隔を削除」をクリックします。

段落前後の間隔を削除

追加していた段落間隔が削除されました。

段落間隔が削除された

▲もくじへ戻る

任意の数値で段落間隔の設定を変更する

前述した方法の場合、12ptの段落間隔を追加する事が出来るのですが、別の方法を使えば、任意の数値で段落間隔を設定する事も可能です。

「段落」グループ内の「ダイアログボックス起動ツール」をクリックします。

段落ダイアログボックス起動ツール

「段落」ダイアログの「インデントと行間隔」タブが表示されます。
「間隔」の項目内にある「段落前」と「段落後」の項目の数値を変更すれば、その数値分だけ段落間隔が設定できます。

段落前後の間隔を設定

ちなみに、わざわざ「段落」ダイアログを呼び出さずとも、もっと簡単に同じ設定を行う事が出来ます。

「リボン」の「ページレイアウト」タブをクリックします。

ページレイアウトタブ

「段落」グループ内にある「間隔」と言う項目の「」と「」ですが、実はこれ、段落間隔の設定なのです。

前後の間隔

ここの設定を変更する事で、手軽に段落間隔を変更する事が可能です。

▲もくじへ戻る

まとめ

Wordは自由度が高い!

今回は、Wordで文字間隔を設定する方法をご紹介しました。

おさらいをすると、文字間隔がもたらす印象と設定方法、そして、カーニングによる文字詰め文字幅の倍率を変更する方法、更には、文字の均等割り付けについて解説しました。
また、文字間隔よりも広い範囲の行間隔段落間隔についても設定方法をご紹介しました。

以前ご紹介したWordの余白を設定する方法の内容と合わせて覚えておく事で、Wordにおけるレイアウトは自在に設定出来るようになるかと思います。

Wordは自由度が低いと思っていた方も、この記事を通して、その誤解が解けたのではないでしょうか?
今回覚えた事を試してみて、少しでもオリジナリティのあるWord文書を作成してみて下さい。
応援しています。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :

ソフトウェア Microsoft Office   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る