windows8.1 デスクトップ

デザイン五輪書

Windows8.1のデスクトップをもっと身近なものに

読了までの目安時間:約 10分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

Windows8.1のデスクトップをもっと身近なものに

はじめに

デスクトップからスタート画面へ

Windows8.1は、パソコンの電源を入れてサインインを行うと、スタート画面が表示されます。

スタート画面

従来のWindowsに慣れている方の中には、デスクトップへアクセスするまでにワンステップ増えた事に、もどかしい気持ちを持っている方もいるのではないでしょうか?

デスクトップ

そのような、「Windows7の時の方が良かった・・・」と嘆きの方へ向けて、今回は、デスクトップをもっと身近なものにする為の方法をご紹介したいと思います。

▲もくじへ戻る

スタート画面からデスクトップへ

方法は沢山あります

スタート画面からデスクトップへアクセスする方法は、いくつでもあります。
一つだけ知っておけば問題はないですが、いくつかの方法を把握しておけば、状況に応じて、手早くデスクトップへ移動する事が可能になります。

これから、スタート画面からデスクトップへアクセスする方法として、私が知っている限りの方法をご紹介したいと思います。
勿論、ここで紹介する方法以外の方法もあると思いますので、探してみるのも良いかもしれません。

▲もくじへ戻る

デスクトップタイルから移動する

スタート画面のタイルの中に、「デスクトップ」と書かれているタイルが配置されています。

デスクトップタイル

デスクトップのタイルをクリックする事で、デスクトップへ移動する事ができます。

一目瞭然なので、恐らく、一番使われているアクセス方法ではないかと思うのですが、いかがですか?

▲もくじへ戻る

スタートボタンから移動する

マウスポインターをディスプレイの左下に移動すると、スタートボタンが表示されます。

スタートボタン

表示されたスタートボタンをクリックする事で、デスクトップへ移動する事ができます。
デスクトップが表示された状態で、同様に、スタートボタンをクリックすると、スタート画面へ戻ります。

なお、この操作は、タッチパネルでは行う事ができません。

▲もくじへ戻る

チャームから移動する

Windows8から導入された機能の一つに、「チャーム」があります。
チャームを表示する方法は、マウスを使用する方法と、タッチパネルを使用する方法の二通りあります。

マウスを使用する場合、マウスポインターをディスプレイの右角に移動する事で、チャームを表示する事ができます。

画面の右角にマウスポインタを移動

タッチパネルを使用する場合、ディスプレイの右端からスワイプする事で、チャームを表示する事ができます。

画面右側からスワイプ

表示されたチャームの中に、スタートボタンが表示されています。
チャーム内のスタートボタンをクリックする事で、デスクトップへ移動する事ができます。

チャームのスタートボタン

ちなみに、デスクトップが表示された状態で同様の作業を行うと、スタート画面へ移動する事ができます。

▲もくじへ戻る

使用タイルの一覧から移動する

もし、デスクトップで使用中のソフトがあれば、使用タイルの一覧からデスクトップへ移動する事ができます。

マウスポインターをディスプレイの左上へ移動します。

画面左上にマウスポインターを移動

すると、使用中のタイルの画面が縮小表示されます。

使用中のタイルが縮小表示される

縮小表示されたものがデスクトップで使用中のソフトであれば、そのままクリックします。
異なるタイルのものであれば、そのままマウスポインターを下方向に移動します。

マウスポインターを下方向に移動

すると、使用中のタイルが一覧表示されますので、「デスクトップ」をクリックします。

使用中のタイルの中からデスクトップを選択

「デスクトップ」をクリックすると、デスクトップへ移動する事ができます。

▲もくじへ戻る

デスクトップをスワイプで表示

もし、デスクトップで使用中のソフトがあれば、スタート画面から、スワイプで表示する事ができます。

その方法は、ディスプレイの左端からスワイプするだけです。

画面左側からスワイプ

ただし、他のタイルも使用中の場合は、そのタイルの画面が表示される可能性もありますので、その点は注意して下さい。

▲もくじへ戻る

キーボードやマウスから移動する

キーボードやマウスの機種にもよりますが、「Windowsキー」が取り付けられている場合、Windowsキーを入力する事で、デスクトップへ移動する事ができます。
今回ご紹介した中でも、最も手早いのが、マウスのボタンによるデスクトップへの移動だと思います。

最近のマウスは、自分でボタンの動作を振り分けできるものも多いです。
ボタンの一つにWindowsキーを割り当てるのも良いかもしれません。
また、マウスジェスチャー機能を活用するのも良いでしょう。

▲もくじへ戻る

スタート画面と疎遠になる方法

スタート画面を追いやりたい!

スタート画面からデスクトップへ移動する為の、様々な方法をご紹介しました。
ですが、それすらもどかしいと言う方もいると思います。

そこで、パソコンを起動してサインインした後、スタート画面を飛ばしてデスクトップを開く方法をご紹介します。

デスクトップのタスクバーを右クリックします。
表示されたコンテキストメニューの中から、「プロパティ」を選択します。

タスクバーを右クリック

「タスクバーとナビゲーションのプロパティ」ダイアログが表示されます。
「ナビゲーション」タブをクリックして下さい。

タスクバーとナビゲーションのプロパティ

「スタート画面」の中にある「サインイン時または画面上のすべてのアプリを終了したときに、スタート画面ではなくデスクトップに移動する」にチェックを入れます。

スタート画面の設定

「OK」をクリックする事で、設定は終了です。

▲もくじへ戻る

タスクバーに必要なソフトをピン留め

ソフトを起動する為にいちいちスタート画面に戻っていたのでは、効率が悪いです。
そこで、頻繁に使うソフトはタスクバーにピン留めしておきましょう。

スタート画面を開いて下さい。
タスクバーに表示したいソフトを右クリックします。

すると、画面下にメニューバーが表示されます。
その中から、「タスクバーにピン留めする」を選択します。

タスクバーにピン留めする

これで、デスクトップのタスクバーに、選択したソフトがピン留めされました。

タスクバーにソフトがピン留めされた

注意点ですが、現在、タスクバーにピン留めできるのはデスクトップアプリケーションだけです。
スタート画面のタイルをピン留めしようとしても、「タスクバーにピン留めする」が表示されません。

タイルはタスクバーにピン留めできない

ですので、タイルを起動する場合はスタート画面に移動するしかありません。

▲もくじへ戻る

以前のスタートボタンの代用

Windows8が登場し、スタートボタンが廃止になった事が話題になりました。
先述したように、Windows8は、スタートボタンをクリックしても、スタート画面とデスクトップを行き来するだけです。

スタートボタン

では、以前のようにスタートボタンを有効活用できないものでしょうか?

実は、スタートボタンを右クリックする事で、以前のスタートボタンの代用をする事が可能です。
表示されたコンテキストメニューから、シャットダウンや再起動を行う事もできます。

スタートボタンを右クリック

以前と同じようなスタートボタンを表示するフリーソフトも出回っていますが、最低限の事は右クリックだけでも行えそうです。

▲もくじへ戻る

Windows8.1が進化する!?

以前のスタートボタンが復活!

この記事を書いていて申し訳ないですが、実は、数日後には以前のスタートボタンが復活します。
2014年4月9日、Windows Updateを通して、Windows8.1にスタートボタンが追加されます。
スタートボタンが復活すれば、なおさら、スタート画面の重要性が低くなりますね。

更に、先ほどはできないとご紹介しましたが、スタート画面のタイルをタスクバーにピン留めする事ができるようにもなります。
これで、Windows8.1の利便性も格段にアップします。

デスクトップは、数あるタイルの一つだと言う位置付けでしたが、 アップデート後はどうなるのか、今から楽しみです。

▲もくじへ戻る

まとめ

作業を効率化!

今回は、Windows8.1のデスクトップをもっと身近なものにする為の方法をご紹介しました。
スタート画面からデスクトップに移動する様々な方法、パソコンにサインイン後にデスクトップを表示する方法、タスクバーに使用頻度の高いソフトをピン留めする方法、スタートボタンを活用する方法、以前のスタートボタンが復活すると言う話。
どれか一つでもお役に立てましたでしょうか?

Windows7からシステムが一新され、戸惑いの大きいWindows8ですが、使いやすいようにカスタマイズして、パソコン作業を効率化しましょう。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :

IT関連情報 Windows   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る