PowerPoint 数式

デザイン五輪書

PowerPointに数式を挿入する方法

読了までの目安時間:約 5分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

PowerPointに数式を挿入する方法

はじめに

複雑な数式はどうやって入力する?

PowerPointで作られたスライドショーの中に、複雑な数式が挿入されているのを見掛けた事はありませんか?

複雑な数式

私が初めて見掛けた時、一文字一文字をテキストボックスで作り、大きさを変えながら組み合わせているのかと推測しました。

例えば、足し算ならキーボードに「+」がありますし、割り算なら「わる」を文字変換すれば「÷」になります。
シグマは「しぐま」を文字変換すれば「Σ」になりますし、アルファは「あるふぁ」を文字変換すれば「α」になります。

・・・ですが、何だか気の遠くなるような作業ですし、作業効率は非常に悪いですよね?

▲もくじへ戻る

テンプレートを使用

実は、わざわざそのような事をせずとも、もっと簡単に、複雑な数式をPowerPointに挿入する事ができます。
上記数式も、挿入に1分も掛かっていません。

と言うのも、PowerPointには、予め、複雑な数式のテンプレートが準備されているからです。
それを、こちらは選択して呼び出すだけです。

挿入した数式は、勿論、普通の文字と同様に編集する事ができます。

挿入した数式は編集可能

▲もくじへ戻る

PowerPointに数式を挿入

複雑な数式を挿入

では、PowerPointに数式を挿入する方法について見て行きましょう。

「リボン」の中の「挿入」タブをクリックします。
そして、「記号と特殊文字」グループの中にある「数式」下部の「▼」をクリックします。
数式が一覧表示されますので、選んでクリックをして下さい。

選んだ数式が、スライド内に挿入されます。

二次方程式の解の公式

挿入された数式は、テキストボックスごと拡大縮小したり、移動したりする事ができます。
また、前述した通り、普通の文字と同様の編集ができます。

▲もくじへ戻る

数式のパーツを挿入

上記方法で数式をPowerPointのスライドに挿入する事ができます。
ですが、例えば、平方根のみ欲しい場合などもあるでしょう。
そう言った場合、数式を挿入後、いらない部分を削除する・・・と言った作業の流れは効率的ではありません。

そこで、PowerPointには、数式のパーツのみを挿入すると言う方法も用意されています。
実際に、平方根をスライドに挿入してみましょう。

「リボン」の中の「挿入」タブをクリックします。
そして、「記号と特殊文字」グループの中にある「数式の挿入」をクリックします。

数式の挿入

すると、スライド上に「ここに数式を入力します。」と言うテキストボックスが挿入されます。

ここに数式を入力します。

そして、「リボン」は「数式ツール」の「デザイン」タブが選択された状態になります。

数式ツールのデザインタブ

平方根は、「記号と特殊文字」グループの中にあります。

記号と特殊文字の平方根

平方根のアイコンをクリック後、スライドに平方根が表示されますので、任意の数字を入力して下さい。

平方根が挿入された

▲もくじへ戻る

数式ツールの構造グループ

「数式ツール」の「デザイン」タブにある「記号と特殊文字」グループのアイコンを利用して、平方根を挿入しました。
ですが、「記号と特殊文字」グループの右側にある「構造」グループを利用する事で、より、もっともらしい平方根を挿入する事ができます。

数式ツールの構造グループ

「構造グループ」の中にある「べき乗根」をクリックし、「べき乗根」の中にある「平方根」をクリックします。

べき乗根内の平方根

すると、スライド上に平方根が挿入されます。

スライド上に平方根が挿入された

挿入された平方根内の点線の四角形が選択されています。
そのまま任意の数字を入力する事で、平方根内に数字が入力されます。

平方根

▲もくじへ戻る

まとめ

作業効率化に!

今回は、PowerPointに数式を挿入する方法についてご紹介しました。
複雑な数式を挿入する方法、そして、数式のパーツを挿入する方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

この方法を知っておけば、時間を掛けてテキストボックスで数式を作る事もありません。
作業効率化の為にも、ぜひ、覚えておきましょう。

今回の記事が何かの役に立てれば幸いです。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :

ソフトウェア Microsoft Office   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る