Photoshop モザイク

デザイン五輪書

Photoshopでモザイクをかける3つの方法

読了までの目安時間:約 16分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

Photoshopでモザイクをかける3つの方法

モザイク処理

モザイク処理が必要な場面

ネットで公開する予定の画像の中に他人の顔が写り込んでいたり、画像に個人情報が写り込んでしまったりなど、時には、画像の一部分を隠したい場面と言うのがあります。
そう言った時に役に立つのが、モザイクです。

モザイク

そこで今回は、Photoshopでモザイク処理を行う方法についてご紹介したいと思います。
全部で3通りの方法をご紹介しますので、お好みで使い分けてみて下さい。

▲もくじへ戻る

Photoshopでモザイク処理を行う

レイヤーをスマートオブジェクトに変換する

まずは、オーソドックスなモザイク処理の方法をご紹介します。

モザイク処理を行う際は、フィルターの機能を使用します。
ですから、最初に、レイヤーをスマートオブジェクトに変換しておく必要があります。
レイヤーをスマートオブジェクトに変換しておけば、そのレイヤーを劣化させる事なく、フィルター処理を行う事ができます。

この工程を行わないと、フィルターのやり直しができなくなります。
後から後悔しても遅いですから、必ず、レイヤーはスマートオブジェクトに変換して下さい。
フィルター処理を行う際は必須の作業だと思って、セットで工程を覚えておきましょう。

「レイヤーパネル」で、スマートオブジェクトに変換するレイヤーを選択します。

スマートオブジェクトに変換するレイヤーを選択

続けて、「メニューバー」の中にある「フィルター」をクリックします。
表示されたメニューの中にある「スマートフィルター用に変換」をクリックします。

スマートフィルター用に変換

「再編集可能なスマートフィルターを使用するために、選択したレイヤーはスマートオブジェクトに変換されます。」と言うダイアログが表示されますので、「OK」をクリックします。

レイヤーがスマートオブジェクトに変換されました。

レイヤーがスマートオブジェクトに変換された

▲もくじへ戻る

モザイク処理を行う選択範囲を作成

続いて、モザイクの適用範囲を選択します。
モザイク処理の選択範囲は、画像合成の場合と違い、厳密な選択範囲を作成する必要はありません。

時間を費やして厳密な選択範囲を作成しても、かえって、不自然になってしまいます。

厳密な選択範囲

その点を注意しながら、選択範囲を作成しましょう。
アバウトな選択範囲を作成する際は、「なげなわツール」がお勧めです。

「ツールパネル」の中にある「なげなわツール」を選択して下さい。
もし、「ツールパネル」内に「多角形選択ツール」や「マグネット選択ツール」が表示されている場合は、それらを長押しし、「なげなわツール」を表示して下さい。

なげなわツール

そして、カンバス内のモザイク処理を行う範囲をドラッグ選択します。
その際、アバウトに、緩く選択範囲を作成します。

大まかな選択範囲

▲もくじへ戻る

選択範囲内をモザイク処理する

続いて、「メニューバー」の中にある「フィルター」をクリックします。
表示されたメニューの中にある「ピクセレート」にマウスポインタを合わせます。
更に表示された「サブメニュー」の中から、「モザイク」をクリックして下さい。

モザイク

「モザイク」ダイアログが表示されます。
セルの大きさ」を調整後、「OK」をクリックします。

モザイクダイアログ

選択範囲内にモザイク処理が適用されました。

モザイク処理が適用された

▲もくじへ戻る

モザイク処理の再調整

レイヤーをスマートオブジェクトに変換していたので、いつでも、モザイク処理を再編集する事が可能です。

モザイク処理の適用範囲を微調整する場合は、「スマートフィルターマスクサムネール」をクリックします。

スマートフィルターマスクサムネール

そして、カンバス内を黒く塗りつぶすと、その部分のモザイク処理は適用されなくなります。
逆に、カンバス内を白く塗りつぶすと、その部分にモザイク処理が適用されます。
白と黒以外の色で塗りつぶすと、薄く、モザイク処理が適用されます。

モザイク処理のセルの大きさを変更する場合は、「モザイク」をダブルクリックします。

モザイクを再編集

再び、「モザイク」ダイアログが表示されました。

モザイクダイアログ

「セルの大きさ」を変更して「OK」をクリックする事で、モザイク処理のセルの大きさが変更されます。

▲もくじへ戻る

Photoshopでモザイクの境界線をギザギザにする方法

境界線がギザギザなモザイク処理

モザイク処理を行う方法をご紹介しました。
この方法の場合、モザイク処理を行った部分の端のセルは、選択範囲に合わせて滑らかな形状をしています。

モザイクの境界線部分

今度は、端のセルの部分がモザイクの形状を維持した、境界線がギザギザなモザイク処理を行いたいと思います。

境界線がギザギザなモザイク処理

少し手間がかかりますが、より自然なモザイク感が出せますので、ぜひ、挑戦してみて下さい。

▲もくじへ戻る

レイヤーをスマートオブジェクトに変換する

この方法も、最初に、レイヤーをスマートオブジェクトに変換しておきます。

「レイヤーパネル」で、スマートオブジェクトに変換するレイヤーを選択します。

スマートオブジェクトに変換するレイヤーを選択

続けて、「メニューバー」の中にある「フィルター」をクリックします。
表示されたメニューの中にある「スマートフィルター用に変換」をクリックします。

スマートフィルター用に変換

「再編集可能なスマートフィルターを使用するために、選択したレイヤーはスマートオブジェクトに変換されます。」と言うダイアログが表示されますので、「OK」をクリックします。

レイヤーがスマートオブジェクトに変換されました。

レイヤーがスマートオブジェクトに変換された

▲もくじへ戻る

モザイク処理を行う選択範囲を作成

今度は、ある程度厳密な選択範囲を作成します。

この方法は、モザイク処理が行われる範囲が選択範囲よりもやや広範囲に広がります。
ですから、大まかな選択範囲を作成していると、モザイク処理を行った時、思わぬ所までモザイク処理されてしまいかねません。
そう言った理由から、選択範囲を必要最小限のサイズに留めておく必要があるのです。

そこで今回は、「クイック選択ツール」を使用するのが良いでしょう。

「ツールパネル」の中にある「クイック選択ツール」を選択します。
もし、「クイック選択ツール」が表示されていない場合は「自動選択ツール」を長押しし、「クイック選択ツール」を表示させて下さい。

クイック選択ツール

「クイック選択ツール」で、モザイク処理を行いたい部分をドラッグ選択します。

厳密な選択範囲

▲もくじへ戻る

レイヤーマスクにモザイク処理をする

作成した選択範囲を元に、レイヤーマスクを作成します。
レイヤーマスクを使用すると言う点が、境界線がギザギザなモザイク処理を行う上でのポイントとなります。

「レイヤーパネル」下部にある「レイヤーマスクを追加」をクリックします。

レイヤーマスクを追加

レイヤーマスクが追加され、選択範囲外が透明ピクセルになりました。

選択範囲外が透明ピクセルに

続けて、「メニューバー」の中にある「フィルター」をクリックします。
表示されたメニューの中にある「ピクセレート」にマウスポインタを合わせます。
更に表示された「サブメニュー」の中から、「モザイク」をクリックして下さい。

モザイク

「モザイク」ダイアログが表示されます。

モザイクダイアログ

カンバス上の境界線部分のセルの大きさを見ながら、「モザイク」ダイアログの「セルの大きさ」を調整します。
ここで設定したセルの大きさに合わせて、全体のモザイク処理が行われます。

境界線部分のセルの大きさを確認

大きさが決まったら、「OK」をクリックします。

▲もくじへ戻る

レイヤーマスクの半透明部分を不透明にする

レイヤーマスクの境界線部分は、モザイク処理によって半透明になっています。

境界線部分

半透明部分を透明か不透明に処理しないまま作業を進めると、この部分が透過してしまい、モザイク処理の仕上がりが非常に悪くなってしまいます。

モザイクの境界線部分が透過してしまう

そこで、レイヤーマスクの半透明部分を不透明にしましょう。

「メニューバー」の中にある「イメージ」をクリックします。
表示されたメニューの中から、「色調補正」にマウスポインタを合わせます。
更に、表示されたサブメニューの中にある「2階調化」を選択します。

2階調化

「2階調化」ダイアログが表示されます。
2階調化する境界のしきい値」によって、半透明部分を透明にするか、不透明にするかが決まります。

2階調化ダイアログ

カンバスを確認しながら、「2階調化する境界のしきい値」の数値を決めて下さい。
カンバスに表示されている部分は、全てモザイク処理が適用されます。

2階調化する境界のしきい値で表示面積が変わる

「2階調化する境界のしきい値」の数値が決まったら、「OK」をクリックします。

▲もくじへ戻る

レイヤーにモザイク処理をする

続いて、レイヤーにモザイク処理を行います。

まずは、モザイク処理を行う範囲を限定したいので、キーボードの「Ctrl」を入力しながら、「レイヤーマスクサムネール」をクリックします。

レイヤーマスクサムネールをクリック

レイヤーマスクを元に、選択範囲が生成されました。

レイヤーマスクを元に選択範囲が生成された

続けて、「レイヤーパネル」の「スマートオブジェクトサムネール」をクリックします。

スマートオブジェクトサムネールをクリック

そして、「メニューバー」の中にある「フィルター」をクリックします。
表示されたメニューの最上部に「モザイク」が表示されていると思います。
この、「モザイク」を選択します。

モザイク

「モザイク」ダイアログが表示されます。
前回使用した数値がそのまま維持されていますので、表示されたダイアログの「セルの大きさ」は変更せず、そのまま「OK」をクリックします。

モザイクダイアログ

ここを変更してしまうと、境界線部分のセルが途中で切れてしまいますので、注意して下さい。

レイヤーがモザイク処理されました。

レイヤーがモザイク処理された

▲もくじへ戻る

レイヤーマスクを使用しない

最後に、レイヤーマスクを無効化します。

キーボードの「Shift」を入力しながら、「レイヤーマスクサムネール」をクリックします。

レイヤーマスクサムネールをクリック

レイヤーマスクが無効化されました。

レイヤーマスクが無効化された

これで、境界線がギザギザなモザイク処理を行う事ができました。

境界線がギザギザなモザイク処理

▲もくじへ戻る

Photoshopで隠したい部分をぼかす方法

レイヤーをスマートオブジェクトに変換する

これまで、隠したい部分をモザイク処理する方法をご紹介しました。
ですが、モザイク処理した部分は明らかに不自然ですので、かえって、目立ってしまいます。

そこで、最後に、隠したい部分をぼかす方法をご紹介します。

ぼかし処理を行う際も、フィルターの機能を使用します。
ですから、最初に、レイヤーをスマートオブジェクトに変換すると言うのも同じです。

「レイヤーパネル」で、スマートオブジェクトに変換するレイヤーを選択します。

スマートオブジェクトに変換するレイヤーを選択

続けて、「メニューバー」の中にある「フィルター」をクリックします。
表示されたメニューの中にある「スマートフィルター用に変換」をクリックします。

スマートフィルター用に変換

「再編集可能なスマートフィルターを使用するために、選択したレイヤーはスマートオブジェクトに変換されます。」と言うダイアログが表示されますので、「OK」をクリックします。

レイヤーがスマートオブジェクトに変換されました。

レイヤーがスマートオブジェクトに変換された

▲もくじへ戻る

ぼかし処理を行う選択範囲を作成

続いて、ぼかしの適用範囲を選択します。
ぼかしの場合は、選択範囲を広めに設定します。

ぼかしたい部分ギリギリで選択範囲を作成すると、かえって、不自然になってしまいます。

ギリギリの選択範囲でぼかす

その点に注意して、広めに選択範囲を作成して下さい。
そう言う訳で、今回も「なげなわツール」を使用して、大雑把な選択範囲を作成します。

なげなわツール

そして、カンバス内のぼかし処理を行う範囲をドラッグ選択します。
その際、広めに選択範囲を作成します。

大雑把な選択範囲

▲もくじへ戻る

選択範囲内をぼかし処理する

続いて、「メニューバー」の中にある「フィルター」をクリックします。
表示されたメニューの中にある「ぼかし」にマウスポインタを合わせます。
更に表示された「サブメニュー」の中から、「ぼかし(ガウス)」をクリックして下さい。

ぼかし(ガウス)

「ぼかし(ガウス)」ダイアログが表示されます。
半径」を調整後、「OK」をクリックします。

ぼかし(ガウス)ダイアログ

選択範囲内にぼかし処理が適用されました。

ぼかし処理が適用された

▲もくじへ戻る

ぼかし処理の再調整

レイヤーをスマートオブジェクトに変換していたので、いつでも、ぼかし処理を再編集する事が可能です。

ぼかし処理の適用範囲を微調整する場合は、「スマートフィルターマスクサムネール」をクリックします。

スマートフィルターマスクサムネール

そして、カンバス内を黒く塗りつぶすと、その部分のぼかし処理は適用されなくなります。
逆に、カンバス内を白く塗りつぶすと、その部分にぼかし処理が適用されます。
白と黒以外の色で塗りつぶすと、薄く、ぼかし処理が適用されます。

ぼかし処理の半径の大きさを変更する場合は、「ぼかし(ガウス)」をダブルクリックします。

ぼかし(ガウス)を再編集

再び、「ぼかし(ガウス)」ダイアログが表示されました。

ぼかし(ガウス)ダイアログ

「半径」を変更して「OK」をクリックする事で、ぼかし処理が変更されます。

▲もくじへ戻る

まとめ

スマートオブジェクトとレイヤーマスク

今回は、Photoshopでモザイクをかける3つの方法と言う事で、オーソドックスなモザイク処理方法から、境界線がギザギザなモザイク処理を行う方法、そして、ぼかし処理の方法をご紹介しました。

自己流でPhotoshopを学んだ人の操作を見ると、レイヤーをスマートオブジェクトに変換せず、そのままレイヤーにフィルターをかけてしまったり、わざわざレイヤーを複製し、複製後のレイヤーにフィルター処理を行っていたりしています。
どちらの方法も効率が悪く、スムーズに再編集を行う事ができません。
この方法を行っていた方は、この記事を機会に、レイヤーをスマートオブジェクトに変換する習慣を身に付けましょう。

また、レイヤーマスクの操作方法もご紹介しました。
レイヤーマスクはとても便利で、使い勝手が良いので、ぜひ、使い方に慣れましょう。

この記事が、あなたのテクニック向上のお役に立てたら嬉しいです。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :

ソフトウェア Adobe Creative Cloud   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る