Photoshop ドロップシャドウ

デザイン五輪書

Photoshopのドロップシャドウを使いこなす!

読了までの目安時間:約 12分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

Photoshopのドロップシャドウを使いこなす!

ドロップシャドウの効果

ドロップシャドウとは?

ドロップシャドウ」は、Photoshopのレイヤースタイルの中でも、割と使用頻度の高い機能です。
私の場合ですと、「ベベルとエンボス」や「カラーオーバーレイ」に次いで、多用しています。

「ドロップシャドウ」を使用すると、レイヤーの不透明部分を対象に、影が作られます。

ドロップシャドウ

レイヤーの背景に影を浮かび上がらせる事で、まるで、そのレイヤーが浮かび上がって来るように見えます。
「ドロップシャドウ」を使用しない場合と見比べてみると、その仕上がり具合の違いは一目瞭然です。

ドロップシャドウなし

ついつい多用したくなるのもお分かり頂けるのではないでしょうか?

▲もくじへ戻る

ドロップシャドウで作る事のできない影

「ドロップシャドウ」を使用すれば、どのような影でも演出する事ができるのかと言うと、残念ながらそうではありません。
「ドロップシャドウ」と言う名前から分かる通り、レイヤーに対して正面方向から光を当て、落ちる影を演出しています。

ですから、例えば、レイヤーの中に物体と光源を描き、光源によって伸びる影を「ドロップシャドウ」で演出する事はできません。

ドロップシャドウでは作れない影

ですが、このような影を作るのは大して難しくありませんから、もし必要があれば、自作しましょう。

▲もくじへ戻る

ドロップシャドウの使用方法

レイヤーを二つ準備

では、実際にレイヤーに対して「ドロップシャドウ」を適用してみましょう。

ドロップシャドウの効果を確認する為、背景とは別にレイヤーを作って下さい。
レイヤー内に何か描くのが面倒臭い方は、テキストレイヤーやシェイプレイヤーでも構いません。

背景と別にレイヤーを準備

そして、「ドロップシャドウ」を適用するのは上のレイヤーですから、上のレイヤーを選択しておきます。

上のレイヤーを選択しておく

▲もくじへ戻る

レイヤーに対してレイヤースタイルを適用する

続いて、選択しているレイヤーに対して、レイヤースタイルを適用します。

レイヤースタイルの設定画面は、「レイヤーパネル」下部の「レイヤースタイルを追加」をクリックする事で呼び出す事ができます。

レイヤースタイルを追加

「レイヤースタイルを追加」をクリックする事で表示されるコンテキストメニューの中から、「ドロップシャドウ」をクリックします。

「レイヤースタイル」ダイアログが呼び出されます。
ここで、「ドロップシャドウ」に関する詳細設定を行います。

最後に、「OK」をクリックします。

ドロップシャドウを適用

レイヤーに「ドロップシャドウ」が適用されました。

ドロップシャドウが適用された

▲もくじへ戻る

ドロップシャドウの詳細設定

ドロップシャドウの再編集

では、「ドロップシャドウ」の詳細設定画面を一つ一つ見て行きましょう。
一度適用した「ドロップシャドウ」の再編集は、レイヤーパネル内の「ドロップシャドウ」をダブルクリックする事で行う事ができます。

ドロップシャドウの再編集

再び、「レイヤースタイル」ダイアログが表示されました。

ドロップシャドウの詳細設定

▲もくじへ戻る

シャドウのカラーを設定

「ドロップシャドウ」で作られる影は、色を変更する事ができます。

影の色を変更する場合は、「シャドウのカラーを設定」をクリックします。

シャドウのカラーを設定

すると、「カラーピッカー(ドロップシャドウのカラー)」ダイアログが表示されます。
「カラースライダー」で色相を選択し、「カラーフィールド」で色を選択します。

ドロップシャドウの色を変更

「OK」をクリックする事で、影の色が変更されます。

影の色を変更

▲もくじへ戻る

描画モード

ドロップシャドウの「描画モード」を変更する事で、影と背景との色合いが変化をします。

描画モード

描画モードによる変化の仕方は、影の色と背景色とで変わって来ます。
ですから、感覚的に覚えるしかありません。

例えば、背景色よりも影の色の方が暗い場合は、比較(暗)からカラー比較(暗)までの間が適しています。

影が暗い場合

私の場合でしたら、通常は「乗算」を選び、影と背景色の色合いを混ぜたい場合は「焼き込みカラー」を選びます。
また、「焼き込みカラー」が強過ぎる場合は「焼き込み(リニア)」を使用しています。

背景色よりも影の色の方が明るい場合は、比較(明)からカラー比較(明)までの間が適しています。

影が明るい場合

私の場合でしたら、通常は「スクリーン」を選び、影と背景色の色合いを混ぜたい場合は「覆い焼きカラー」を選びます。
また、「覆い焼きカラー」が強過ぎる場合は「覆い焼き(リニア)-加算」を使用しています。

後は、「オーバーレイ」も使用する機会が多いです。
バランスが良く、比較的、自然な合成感が得られやすいです。

描画モード

▲もくじへ戻る

不透明度

「不透明度」を変更する事で、影の透過具合を変更する事ができます。

不透明度

初期状態は「75」%ですが、「0」%にすると、影は完全に見えなくなります。
「100」%にすると、影は透過しなくなります。

不透明度

▲もくじへ戻る

角度

「角度」で、「ドロップシャドウ」の光源の方向を設定する事ができます。

角度

光源の方向が変わる事で、レイヤーの影が落ちる方向も変化します。

角度

気づいている方もいると思いますが、「角度」の数値を変更すると、他のレイヤーの「ドロップシャドウ」や、他の「レイヤースタイル」の「角度」も一緒に変更されます。
これは、レイヤーごとの光源がバラバラだと、違和感が出て来るからです。

影の位置があべこべ

通常、影は同じ方向に伸びます。
ですから、「角度」に関しては、全レイヤースタイルで統一されるようになっているのです。

違和感が出る事を承知で、それでも、レイヤースタイルごとに光源を変更したい場合は、「包括光源を使用」のチェックを外して、「角度」を変更します。

包括光源を使用

▲もくじへ戻る

距離

「距離」を変更する事で、影の落ちる位置が変更できます。

距離

レイヤーと影の距離が遠くなるほど、レイヤーが浮いて見えます。

距離

▲もくじへ戻る

スプレッド

「スプレッド」は、影の境界線のぼかし具合を調整する目的で使用します。

スプレッド

初期状態は「0」%ですが、数値を上げるごとに、影の境界線がはっきりとして来ます。
「100」%にすると、境界線のぼかしが全くなくなります。

スプレッド

▲もくじへ戻る

サイズ

影は、物体が壁側から光源側に近付くほど、大きくなる性質を持っています。
加えて、影がぼけて、薄くなります。

影のこの性質を再現する為に、「サイズ」の設定は欠かせません。

サイズ

初期状態では「5px」の設定になっていますが、「250px」まで追加する事ができます。

サイズ

▲もくじへ戻る

輪郭

「輪郭」では、影の輪郭部分を細かく設定する事ができます。
予め用意された中から、「輪郭」を設定する事ができます。

輪郭

「輪郭」を選ぶ際の見方ですが、グラフ左側が影の外側、グラフ右側が影の内側になります。
グラフ中央部分は影の輪郭部分になります。

グラフが下に行くと透明に、グラフが上に行くと影が表示されます。

輪郭の見方

ですから、グラフ右側が下に下がっていた場合、輪郭よりも内側の影が透明になってしまいます。

予め用意されていた「輪郭」の中に思ったものがない場合は、「輪郭エディター」を使って自作する事もできます。

輪郭エディターを呼び出す

「輪郭エディター」の中をクリックする事で点を追加し、それを移動すれば、輪郭を編集できます。
追加した点は、「輪郭エディター」よりも外側にドラッグすれば削除できます。

輪郭エディタ

「輪郭」は、「ドロップシャドウ」ではあまり使用頻度が高くありませんが、「ベベルとエンボス」の「光沢輪郭」を設定する際にその知識が役立ちますので、使い方を覚えておきましょう。

輪郭

輪郭の横にある「アンチエイリアス」は、影の細かい部分がギザギザになっていた場合、間に半透明の色を補填し、見た目を滑らかにしてくれます。

アンチエイリアス

▲もくじへ戻る

ノイズ

「ノイズ」は、影にノイズを加える事で、ランダムに透明部分を作る効果があります。

ノイズ

影を落とす部分がザラザラしている場合など、複雑な質感を出す為に使用する事もできます。

ノイズ

▲もくじへ戻る

レイヤーがドロップシャドウをノックアウト

「レイヤーがドロップシャドウをノックアウト」とは、ドロップシャドウの部分をレイヤーの形状で切り抜く機能の事です。
ノックアウトされた部分は透明になります。

レイヤーがドロップシャドウをノックアウト

「レイヤーがドロップシャドウをノックアウト」にチェックを入れたかどうかで変化が出るのは、レイヤーの「塗り」を「100%」よりも低くした場合です。

塗りを減らす

「塗り」は、レイヤースタイルの状態を維持したまま、レイヤーを透明にする為に使用します。
一方で、「不透明度」を低くすると、レイヤーに伴い、レイヤースタイルも透明になります。

ノックアウト

▲もくじへ戻る

ドロップシャドウの活用法

影と言う概念にこだわらない

「ドロップシャドウ」はレイヤーの影を落とす為のレイヤースタイルではありますが、影だと言う固定観念を取っ払えば、その活用法は色々あります。

例えば、焦げを表現する事もできます。

焦げ

光彩の代用として使用する事もできます。

光彩の変わり

描画モードを「通常」、不透明度を「100%」にし、「スプレッド」と「サイズ」を「0」、そして、影に色を付けます。
すると、ドロップシャドウをレイヤーのアクセント代わりに使用できます。

アクセントに

この方法は、切り抜きをしているレイヤーか、シェイプレイヤー、テキストレイヤーに使用すると良いでしょう。

他にも、ドロップシャドウの活用法は沢山ありますので、あなたも色々活用してみて下さい。

▲もくじへ戻る

まとめ

ドロップシャドウを思いのままに

今回は、Photoshopのドロップシャドウを使いこなす事を目的に、ドロップシャドウについて細かい部分まで紹介して来ました。
ドロップシャドウでできる事とできない事、ドロップシャドウの適用方法と各設定、ドロップシャドウの活用方法についてもご紹介しました。

この記事を参考にする事で、ドロップシャドウはかなり細かい部分まで設定できるようになったと思います。
ぜひ、あなたの作業に還元して、表現力の幅を広げて下さい。

この記事が、あなたへ良い影響を与えるきっかけになれたら幸いです。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :

ソフトウェア Adobe Creative Cloud   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る