nofollow

デザイン五輪書

nofollow、付け忘れていませんか?

読了までの目安時間:約 20分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

nofollow、付け忘れていませんか?

SEO対策とは?

検索順位って、どうやって決まるの?

GoogleやYahoo!の検索結果で上位表示されるサイト、後の方に表示されるサイト、これらはどう言った基準で決められているのでしょうか?

検索順位は、数百種類もあると言われているGoogleのアルゴリズムを通して順位付けされています。
アルゴリズムの数や内容をGoogleは公表していませんが、オリジナルのコンテンツを有し、大勢の人に支持されているサイトをGoogleは歓迎しているようです。

Googleのアルゴリズムの内容は公表されていませんが、自分のサイトを使って検証に検証を重ね、「こうすれば表示順位が上がる」そう言う法則を導き出そうとしている人達もいます。
そう言う結果論で導き出されているものが「SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション・検索エンジン最適化)」と言われているものです。

SEOは結果論ではありますが、Googleのアルゴリズムは数百種類にも及ぶと言われていますので、様々な要因が重なって検索順位が決められています。
ですので、SEO対策として広まっているものの中には、当然ながらデマも混じっている事でしょう。
SEOと言うのは、結局は推測でしかないのです。

また、Googleのアルゴリズムは常々追加されたり、改変されたりしているようです。
ですので、今日までは通用していたSEO対策が、明日には無意味になってしまう事もあります。
過去に、そう言う例が数多くありました。

SEOは刻一刻と変わって行きますので、当然ながら、当サイトでご紹介している内容も、数年後には嘘っぱちになっている可能性もあります。
SEO関連の情報は、そう言うものだと捉えておく必要があります。

▲もくじへ戻る

過剰なSEO対策は逆効果!?

検証に検証を重ねて、効果的なSEO対策を導き出そうとする人達がいるとご紹介しましたが、なぜ、そうまでする必要があるのでしょうか?
実は、GoogleやYahoo!での検索順位が1つ違うだけでも、得る事のできるアクセス数が全く違うからです。
アフィリエイトサイトの場合、一ヶ月で数十万円、いや、それ以上の売上の差が出る事もあります。

なぜならば、人は、基本的に検索順位が上位のサイトしかアクセスしないからです。
検索順位が1位のサイトから順番に内容を確認をして行き、自分の答えが見付かった時点で満足する・・・そう言った流れを無意識のうちに行っています。
あまりITリテラシーの高くない人からすれば、「検索順位の高いサイトの情報の方が、より、情報の正確性が高い」と思い込んでいる方もいる位です。

そう言った事から、Googleの検索順位を少しでも上げようとSEO対策に躍起になる人達がいる訳です。
中には、人に迷惑をかけようが、様々なサービスを悪用しようが、気にも止めずSEO対策を行う人もいます。
そう言った、自分さえ良ければ良いと言うようなSEO対策を行う人の事をスパマーと呼び、そう言った過剰なSEO対策を行う事をスパム行為と呼びます。

ですが、Googleでは、そう言ったスパム行為を認めていません。
スパム行為が発覚すると、Googleからペナルティと言う検索順位の制裁を受けてしまいます。

サイトがペナルティを受けると、検索順位が大きく下落してしまいます。
そうなると、もう、検索サイトからの訪問者は見込めなくなってしまいます。

そうなってからできる事と言えば、それまでコツコツと行って来たスパム行為を全て無効化させ、Googleに再審査を申し込んで、ペナルティを解除してもらう位です。
スパム行為を無効化する為の作業時間、今まで行って来たスパム行為にかかった時間、全てが無駄になってしまいます。
検索順位も、スパム行為で上乗せしていた分がなくなりますので、結局は下落してしまうでしょう。

▲もくじへ戻る

外部対策と内部対策

外部対策とは?

SEO対策として昔から言われているのが、外部サイトから、より多くのリンクをもらったサイトが有利だと言う事です。

外部サイトからリンクをもらうケースを想像してみると、「このサイトはお勧めなので、見てみて下さい」と言った形でリンク貼られる場面が想像できます。
つまり、他人から自分のサイトが推薦されている訳です。
推薦をもらうサイトと言うのは、それだけ内容が充実していたり、情報の正確性が高いものと言う事が想像できます。

この点をGoogleも重視していて、被リンク数(リンクを受ける数)の多いサイトが検索順位において優遇されると言われています。
どうすれば、より多くの外部サイトからリンクをもらう事ができるのか・・・これを考えるのがSEOの外部対策と言います。

ただし、外部対策は自作自演でリンクを送る事も容易い為、Googleもそれだけ監視の目を光らせています。
ですので、過剰な外部対策を行っているサイトは、それだけGoogleからペナルティを受けるリスクも高まります。

今は大丈夫でも、自分のサイトがいざ上位表示されると、Googleの社員からの目視検査が入り、手動でペナルティを受けてしまう事があります。

▲もくじへ戻る

内部対策とは?

外部対策は自作自演を行いやすい為、ペナルティを受けるリスクが高いです。
そこで、「今は内部対策が重要!」とか、「これからはコンテンツが重視される時代だ!」などと主張する人達もいます。

内部対策とは、HTMLタグを正しく使用したり、サイトの構造をクローラー(検索ロボット)が巡回しやすいように考えて作ったり、発リンク数(外部サイトへのリンク数)を抑えて内部リンクを充実したり、ページのキーワード出現率を調整してクローラー(検索ロボット)にページの内容を正しく把握してもらうように心がけたり・・・そう言った点を考える事です。

では、内部対策は安全なのかと言うと、実は、過剰な内部対策もペナルティを受ける対象になります。
キーワード出現率の話をしましたが、ページ内に過剰なほどキーワードを散りばめると、当然ながらペナルティを受けてしまいます。

外部対策にしろ内部対策にしろ、SEO対策はほどほどがちょうど良さそうです。

▲もくじへ戻る

PageRank

外部対策の効果は健在?

「今は内部対策が重要!」とか、「これからはコンテンツが重視される時代だ!」などと主張する人達がいますが、では、外部対策はもはや、廃れてしまったのでしょうか?

・・・実際は、今でも外部対策の効果は健在です。
その証拠となるのが、PageRankと言うアルゴリズムです。

PageRankは、ウェブページの重要性を表す指針の一つです。
PageRankは保有被リンク数やリンク元のPageRankの値、被リンクの送られ方で変動する値の事なのですが、PageRankが高いサイトと言うのは、それだけ数多くのサイトから支持されている人気サイトな訳です。

このPageRankの高いサイトからリンクを受けると、検索順位が大きく好転します。
PageRankの高いサイトと言うのは、それだけGoogleから重要視(信用)されています。
そのサイトからリンク(推薦)を受けると言う事で、あなたのサイトの評価も上がる訳です。

外部対策が無意味だと言うのなら、このような優遇措置などありませんし、PageRankそのものも存在しないものになるでしょう。
Google独自のPageRankと言う考え方がこれからなくなるとは考えにくいですし、今後も外部対策が無意味になる事はないと思われます。

▲もくじへ戻る

PageRankとは?

PageRankと言うと、「ウェブページに与えられたランク」の略語なのかなと思いがちですが、実は、ウェブページのページではなく、人名です。
Google創設者の一人であるラリー・ペイジ(Larry Page)の名前が由来です。

PageRankは0~10までの11段階あり、作ったばかりのページにはPageRankが付きません。
年に数回あるPageRankの更新で、各ページにPageRankが付与されます。

PageRankの価値と言うのは、0~10まで、均等に分かれている訳ではありません。
PageRankの0と1との差はほんのわずかですが、9と10とでは、その差はかなりのものになります。
PageRankが9のページを10に上げる苦労は、0を1に上げる苦労とは比べ物にもならないでしょう。

前述した通り、PageRankの値は被リンク数が関わっています。
単純に被リンク数を合計しているものではなく、リンク元のPageRankの値や、リンクの送り方も影響します。

PageRankが0のページからリンクを大量にもらうよりも、PageRankが5のページからリンクを集めた方が、PageRankの値への影響は大きいです。
このように、PageRankの高いページからのリンクはその分重要視されます。

また、1ページ内に100個あるうちの一つのリンクをもらうより、1ページ内に全くリンクのないページからリンクをもらう方が、PageRankへ与える影響は大きいです。
ページ内にあるリンクの数だけ、もらえるPageRankが分散されてしまうのです。

PageRankの説明をすると、自分のサイトのPageRankを稼ぐ事に躍起になってしまいそうになります。
ですが、残念な事に、PageRankの値がそのままGoogleの検索結果に直結している訳ではありません。

PageRankは、あくまでも、数百種類あるアルゴリズムのたった一つでしかありません。
ですので、PageRankが高いから、検索結果で上位表示される訳ではありません。
そうは言うものの、PageRankが高いサイトはそれだけ被リンク数を保有している為、結果的には、検索結果で上位表示されている事が多い訳ですが・・・。

▲もくじへ戻る

rel="nofollow"

リンクを貼ると言う責任

外部サイトへリンクを貼ると言う事は、前述して来た通り、「推薦」の意味合いを持ちます。
リンク先のページへ「PageRank」を引き渡す為、それだけ責任もあるのです。
そうでなくとも、サイトの訪問者をそこへ送り出すと言う責任がある訳ですが・・・。

ですので、自分のページとの関連性が低いサイトや、コンテンツの乏しいサイトへリンクを貼ると言う行為は、できるだけ控えた方が良いです。
無責任にリンクを貼りまくっていると、Googleからペナルティを受けてしまう恐れもあります。

とは言うものの、実際は、推薦と言う意味合いを持たずとも、リンクを貼る機会は多々あります。
例えば、アフィリエイトリンクだったり、使用中のWordPressのテーマやプラグインに組み込まれている、製造元表記の為のリンクだったり・・・。

また、自分が本当に推薦したいサイトへのリンクと、何となく送っているサイトへのリンクが同ページにあった場合、Googleのクローラー(検索ロボット)はそれを判断する事ができません。
あなたのページのPageRankを二分割し、両サイトに同じだけのPageRankを引き渡してしまいます。

▲もくじへ戻る

「rel="nofollow"」とは?

こう言った問題を解決する為に、Googleで独自に開発された「rel="nofollow"」と言うrel属性がリンクタグ内で使われるようになりました。

<a href="URL" rel="nofollow">アンカーテキスト</a>

「rel="nofollow"」をリンクタグ内に記述する事で、リンク先の内容を推薦しないと言う意志をGoogleのクローラー(検索ロボット)に示す事ができます。
勿論、リンク先にPageRankを渡す事もありませんし、リンク先のサイトの内容がどうであろうと、あなたのサイトがペナルティを受ける事はありません。

ただし、相互リンクでリンクタグ内に「rel="nofollow"」を記述するのは問題です。
相手のサイトにPageRankを送らない為、相手から嫌われてしまいます。
リンクをもらう魅力が半減してしまいますので、記述する場合は、きちんと相手から了承をもらいましょう。

▲もくじへ戻る

NoFollow

「rel="nofollow"」を目視できる方法

前述した「rel="nofollow"」ですが、しばしば付け忘れてしまう事があります。
付け忘れの発見に役立つのが、NoFollowと言うGoogle Chromeの拡張機能です。

通常、「rel="nofollow"」の確認はサイトのソースコードを確認する必要があります。
ですが、NoFollowをGoogle Chromeにインストールすると、「rel="nofollow"」の付いている部分をブラウザで確認する事ができます。
「rel="nofollow"」の付け忘れは一目瞭然で分かります。

NoFollow

「rel="nofollow"」の付いたリンクは赤の破線で囲まれます。
どうでしょう?
便利だとは思いませんか?

▲もくじへ戻る

NoFollowのインストール方法

では、実際にNoFollowをあなたのGoogle Chrome内にインストールしてみましょう。
別のブラウザを使用中の方は、Google Chromeを起動して下さい。

Chrome ウェブストアの中にあるNoFollowのページにアクセスします。

画面右側上部にある「+無料」をクリックします。

+無料

「新しい拡張機能の確認」ダイアログが開きますので、「追加」をクリックします。

新しい拡張機能の確認

これで、自動的にNoFollowのインストールと有効化が行われます。

▲もくじへ戻る

発リンクチェックツール

NoFollowだけでは不十分!?

NoFollowは、Google Chromeにインストールさえしておけば良いので、とても便利です。
わざわざ起動する必要もなく、普通にブラウザを使う中で、「rel="nofollow"」の確認をする事ができますから。

・・・ですが、NoFollowだけでは不十分な場面もあります。
それは、プラグインの中にリンクタグが仕込まれていて、ブラウザでは確認できない場合に起こります。

こう言う場合、発リンクチェックツールを使う事で、見落としていた外部リンクを発見する事ができます。
わざわざ「調べる」と言う時間を作って行動を起こさなければならないと言うデメリットはありますが、「rel="nofollow"」もれを見付けるには最適な方法です。

▲もくじへ戻る

発リンクチェックツールの使い方

では早速、発リンクチェックツールを使用してみたいと思います。
発リンクチェックツールのページにアクセスします。

「発リンクチェック」のURL欄に、調べたいページのURLを入力します。
そして、「チェック!」をクリックします。

発リンクチェック

すると、検索結果が表示されます。

発リンク数検索結果

「外部リンク数」と「nofollowリンク数」の数が同じ場合、「rel="nofollow"」の付け忘れはありません。

ちなみに、「rel="nofollow"」なしのリンクは1ページ内で最大100個までに抑えた方が良いとされています。
・・・まぁ、100分の1にまで分割されてしまうと、PageRankのパワーは残ってないですしね。

検索結果を見て、自分が意図した数以上の差がある場合は、下の一覧表の中から、対象のリンクを探します。
その際、外部リンクは太字になっていますので、太字の部分をチェックしましょう。
そして、「rel="nofollow"」が付いていれば緑色をしていますので、太字の黒色リンクを探せば良いと言う事になります。

対象のリンクを見付けたら、今度は、そのリンクが記述されている場所を探します。
発リンクチェックツールの検索結果はソースコードの記述順に並んでいます。
ですので、対象のリンクの前後のリンクを見れば、対象のリンクの場所は、大体の推測ができると思います。

それでも場所が分からない場合は、対象のリンクのURLをコピーして下さい。

そして、発リンクチェックツールで調べた、検索対象のページを開きます。
ページが開いたら、右クリックをします。
コンテキストメニューが表示されたら、「ページのソースを表示」をクリックします。

コンテキストメニュー

ページのソースコードが表示されました。

ソースコード

キーボードの「Ctrl」と「F」を同時入力します。
すると、ブラウザ内検索の検索窓が表示されます。

ブラウザ内検索

この中に、先ほどコピーしたリンクのURLを貼り付けます。
キーボードの「Enter」をクリックすると、「rel="nofollow"」を付け忘れた外部リンクの部分が強調表示されます。

強調表示された部分、もしくは、前後の部分のタグを確認する事で、それが記事内なのか、サイドバーなのか、ヘッダーなのか、フッターなのか、はたまた、プラグインなのかが判明すると思います。
頑張って探して下さい。

▲もくじへ戻る

まとめ

最後に

今回は、SEOの外部対策と内部対策、そして、リンクの意味とnofollowについてご紹介しました。
初めは難しいかもしれませんが、このようなものだと知っておくだけでも、知らないよりは良いと思います。

リンクを貼る際も、自分はリンク先の内容を訪問者に見てもらいたいのか、内容を推薦できるのかを考えながら「rel="nofollow"」を付けるかどうかを考えると良いと思います。
分からない場合、判断が微妙な場合は、取り敢えず、「rel="nofollow"」を付けておけば大丈夫です。

今回の記事が、少しでもあなたのサイト運営のお役に立てれば幸いです。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :   

IT関連情報 その他   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る