検索 キーワード

デザイン五輪書

検索キーワード選定法

読了までの目安時間:約 26分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

検索キーワード選定法

検索キーワードとSEO対策

色々ある!?検索キーワード選定法

サイトを運営していると、とても気になるのが検索エンジンの攻略法

どのような検索キーワードを使って記事を書けば良いのか、誰もが思い悩むところです。
この検索キーワード選定法ですが、様々な手法やツールが出回っています。

例えば、「Google トレンド」、「Yahoo!検索 急上昇ワード」、「gooウェブ検索 急上昇ランキング」、「kizasi.jp」、「楽天市場 キーワードランキング」、「楽天市場 テレビ紹介商品一覧」などのサービスを利用して、現在流行っている(検索されている)旬な検索キーワードを記事にすると言うのも一つの手法でしょう。
ただし、この手法はサイトのジャンルが流行に左右されてしまいます。
どちらかと言えば、日記やぼやき的なブログに向いている手法かもしれません。

他には、「キーワードプランナー」や「goodkeyword」、「共起語検索ツール」を使って、自分が思い付いた検索キーワードの複合キーワードや類似キーワードをあぶり出すと言う手法もあります。
複合キーワードや類似キーワードで記事を作って行く事で、ロングテール的な戦略が行えます。

ただ、まぐれ当たり狙い的な部分も否めず、無駄撃ちが多い手法でもあります。
それに、類似した検索キーワードで記事を作る事から、注意をしないと、どの記事も内容が似通ってしまう恐れもあります。

▲もくじへ戻る

SEOツールも様々!?

検索サイトからの集客は、検索キーワードの陣取り合戦みたいな側面も持っています。
人気のある検索キーワードだと、それだけ大勢の方から検索をされますので、当然ながら、様々なサイトがその検索キーワードを狙って、競合して来ます。

そうなると、結局は、Googleからの評価の高い(SEO対策に強い)サイトが勝ち残り、上位表示の座を手に入れる事ができます。
自分のサイトのSEO対策のレベル、ライバルサイトのSEOのレベル、ここに関心が集まるのは、こう言った理由からです。

SEOツールも様々存在し、有料のものから無料のものまであります。
有名ドコロですと、「Ferret+」、「SEOチェキ!」、「高屋のSEO診断チェックツール」、「SEO株式会社のSEOツール」などがあります。

▲もくじへ戻る

被リンク数が重要!?

SEOにおいて、昔から重要視され続けているのが被リンク数です。
外部サイトからリンクを貼られると言う事は、人気サイトを表す指標の一つとされているのです。

通常、サイトで外部リンクを貼ると言う行為は、「このサイトはお勧めだから、一度見てみて下さい。」と言う意味合いで貼られます。
つまり、「推薦」をしていると言う事。
内容の充実しているサイトに、より多くの外部リンクが貼られるのは当然の流れ。
これをGoogleは重要視している訳です。

そうなると、気になるのが、自分のサイトはどれだけの被リンク数を集めているのかと言う事。
これも、ツールで調べる事が可能です。
マイサイト被リンクチェックツール」や「被リンク数・インデックス数チェックツール」が有名です。

▲もくじへ戻る

被リンク数を集める為に・・・

被リンク数が重要視されるのは今でも代わりませんが、自作自演のイカサマでもしない限り、自分で被リンク数を操作する事など不可能です。
ステマ(ステルスマーケティング)的な被リンクは慎重に行わないと、バレたらGoogleからペナルティを受けてしまい、検索順位が大幅に下落してしまいます。
例えば、「IPアドレス分散チェック」を使って、リンク元のIPアドレスを偏らせないように気を付けたりなどと、まぁ、本来のサイト運営上は必要もないような事にまで気を使わされてしまいす。

そう言う被リンク数のちょろまかしを行わない場合、私達が自分でできる事は、人に役立つ、意味のある記事を書く事だけ・・・つまり、訪問者任せ的な要素もあるのです。

そこで注目を集めたのが、SEOの内部対策と言う方法です。
例えば、文章中に重要キーワードをある程度の比率加えるだとか、タグを正しく使用するだとか、内部リンクを充実させるだとか。

文章中の検索キーワードの比率は、「キーワード出現頻度解析ツール」と言うツールで調べる事ができます。

▲もくじへ戻る

SEOは面倒臭い!

上記方法をあれこれと駆使して、数週間後。
Googleで自分の狙った検索キーワードを検索してみると、自分のサイトが上位表示をしているではありませんか!
・・・ですが、あなたのパソコン上で表示されている検索順位は、実は、正しい検索順位ではありません。

Googleの検索結果は、使用者に合わせた形で表示されます。
実際の検索結果は、「検索エンジン一括順位チェックツール」で調べる事ができます。
ここで順位を調べてみると、実際は30位以下だった・・・などと言う事も普通にあります。

・・・せっかく、あれこれとSEO対策に神経を尖らせて来たのに。

さて、ここまで長々と、SEOに関するあれこれを説明して来ましたが、どう言った印象を受けましたか?
書いている私が言うのもなんですが、ハッキリ言って、面倒臭いです!

強豪サイトと競合すると言う事は、この面倒臭いSEOに神経をすり減らさなければならない訳です。
・・・でも、ちょっと待って下さい。
強豪サイトと競合しなければ・・・?

そうです。
他のサイトと競合しない検索キーワードを選び出す事ができれば、SEO対策はほどほどで良いと言う事になります。

ただし、競合サイトがいなくても、誰も検索しないような検索キーワードで記事を書いてしまっては本末転倒です。
需要がない検索キーワードで書いた記事など、検索サイトからは誰も来てくれません。

結局、できるだけ需要のある検索キーワードで、なおかつ、ライバルの弱い検索キーワードで上位表示を目指す・・・これが、最も効率的な検索キーワード選定法と言う事になります。

▲もくじへ戻る

ブルーオーシャン戦略

ツールを組み合わて使用する!
「需要のある検索キーワードで、ライバルサイトのいない検索キーワード」・・・そのような都合の良いキーワードなど、見つけ出す事ができるものでしょうか?
勿論できます。
できるからこそ記事にしている訳です。

需要のあるキーワードも、ライバルサイトのいない検索キーワードも、ツールを使って調べる事が可能です。
この両ツールを組み合わせれば良いだけです。

このツールの組合せを思い付いて、半年ほど前から、とあるサイトで実践し続けて来た訳ですが、自作自演の被リンクなど一切送らずとも、毎日コンスタントに訪問者を確保し続けています。
SEOにとらわれず、記事を書く事だけに専念できますので、コンバージョン率も高まります。

需要のある検索キーワードを見付ける為には、「キーワードプランナー」と言うツールを使用します。
そして、検索キーワードの難易度を調べる為には「SEO難易度チェックツール」と言うツールを使用します。

どちらもとても有名なツールですので、既にこの組合せを使っている方も少なくないかもしれません。

余談ですが、ブルーオーシャン戦略とは、ライバルのいない未開拓地に進出してビジネスを行うと言うマーケティング用語です。
逆の意味で、レッドオーシャンと言う言葉がありますが、これは、ライバル同士が争い合い、海が真っ赤な血の色に染まっている情景を表しています。

▲もくじへ戻る

キーワードプランナーの使用方法

では、実際に「キーワードプランナー」を使用してみましょう。
説明は「Google AdWords」への登録が終わっている事を前提で始めますので、まずは登録を済ませておいて下さい。

「メニューバー」の中の「運用ツール」をクリックし、展開されたメニューの中から、「キーワードプランナー」を選択します。

キーワードプランナー

「オプションを選択してください」の中から、「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」をクリックします。

新しいキーワードと広告グループの候補を検索

「1つ以上の項目を指定してください:」の部分にキーワードを入力します。
複数のキーワードを同時に調べたい場合は、改行して書き足します。
「候補を取得」をクリックします。

候補を取得

入力した検索キーワード関連のキーワードと、月間検索数が表示されます。
最初は「広告グループ候補」タブになっていますので、「キーワード候補」タブをクリックします。

キーワード候補

表示された「キーワード候補」一覧は、入力した検索キーワードに対して関連性の高い順番に表示されています。
月間検索数の多い順番に並び替えましょう。
キーワード候補一覧側の「月間平均検索ボリューム」をクリックします。

月間平均検索ボリューム

これで、需要の高い検索キーワードがあぶり出されました。

SEO対策の月間平均検索ボリューム

この例で言えば、「seo対策」と言う検索キーワードで自分のサイトが1ヶ月間、Google検索において1位表示され続けていれば、27,100人前後のサイト訪問者を獲得できると言う事を意味しています。
検索順位が下がれば下がるほど、この人数が激減して行きます。

このキーワードプランナーで月間平均検索ボリュームが30以下の検索キーワードを狙っても、効率が非常に悪いです。
頑張ってGoogleで1位表示を勝ち取ったとしても、1日に1人の訪問者も、あるかないか・・・と言う状態なのですから。

このあと説明する「SEO難易度チェックツール」ではかなりの難易度だったクセして、月間平均検索ボリュームが30にも満たない検索キーワードは山ほどあります。
そのような効率の悪い検索キーワードに労力を割くよりも、少ない労力で沢山の訪問者を獲得できる検索キーワードを見付けましょう。

じっくりと探せば、必ず見付かります。

▲もくじへ戻る

SEO難易度チェックツールの使い方

次は、「SEO難易度チェックツール」の使い方について説明します。
サイトを開いたら、「キーワード」欄に3つ検索キーワードを入力します。

キーワードプランナーであぶり出した、需要のあるキーワードをここに記入します。
記入したら、「check!」をクリックします。

SEO難易度チェックツール

しばらく経った後、画面中央部に難易度や被リンク数、ページランクなどの数値が表示されます。

SEO難易度

私の経験上、難易度が10前後までのものはブルーオーシャンと言っても良いと思います。
難易度が5以下のものは、ライバルが参入して来る前に、いち早く記事にすべき検索キーワードです。

それと、たまにエラーで難易度が表示されない検索キーワードもあります。
私の推測ですが、難易度が1にすら満たないものがエラーを起こすのではないのかなと思っています。
試しに、エラーを起こした検索キーワードで記事を書いてみたところ、数日後にはGoogleで1位表示されました。

このSEO難易度チェックツールを駆使して、Google検索での上位表示を目指しましょう!

▲もくじへ戻る

検索キーワード管理表を作ろう!

SEO難易度チェックツールとリンクする

Excelを上手に活用する事で、検索キーワードを効率良く管理する事ができます。
今回はExcelのテーブル機能を使用しますので、Excel2007以上のバージョンを準備して下さい。

Excelを起動します。

A列1行目のセルに「SEO難易度チェックツール」と記述します。
記述したら、キーボードの「Ctrl」を入力しながら「Enter」を入力します。(次のセルに移動しないテクニック)

「挿入」タブをクリックします。

挿入タブ

「リボン」の中から「ハイパーリンク」を選択します。

ハイパーリンク

「ハイパーリンクの挿入」ダイアログが表示されますので、「アドレス:」欄に、「http://rishirikonbu.jp/difficulty_checker/」と記入します。
記入したら、「OK」をクリックします。

ハイパーリンクの挿入

これで、「SEO難易度チェックツール」の文字にリンクが貼られました。
文字をクリックする事で、いつでもツールを開く事ができます。

▲もくじへ戻る

必要な項目を記入する

次に、A列の2行目に移動します。
ここに「記事」と入力し、キーボードの「Tab」をクリックします。
移動したB列の2行目には「キーワード」と入力し、再び「Tab」をクリックします。
このように、2行目に「記事」、「キーワード」、「検索ボリューム」、「サイト難易度」、「外部リンク数」、「PageRank」、「ヤフカテ」と言う順番で文字を入力して行きます。

2行目に文字を入力

次は、C列の1行目(検索ボリュームの上)をクリックします。
ここに、「キーワードプランナー」と入力し、リボンの中の「ハイパーリンク」をクリックします。
表示された「ハイパーリンクの挿入」ダイアログの「アドレス:」欄に、「https://adwords.google.com/ko/KeywordPlanner/Home」と入力し、「OK」をクリックします。

キーワードプランナーへのリンク

次は、H列の1行目に「RANKING CHECKER」と入力し、同じく、リボンの中の「ハイパーリンク」をクリックします。
「アドレス:」欄には「http://broadentry.com/rankingchecker/」と入力します。
「OK」をクリックして下さい。

RANKING CHECKER

▲もくじへ戻る

検索キーワードの増加に備える

次は、C列の3行目をクリックします。
「表示」タブの中の「ウィンドウ枠の固定」をクリックし、表示された「ウィンドウ枠の固定」を選択します。

ウィンドウ枠の固定

これで、検索キーワードの量が増えても、検索キーワードと各項目が隠れて見えなくなる事がなくなりました。

▲もくじへ戻る

記入項目をテーブルに変換する

次は、検索キーワード管理表をテーブルに変換します。
「ホーム」タブをクリックし、リボンの中の「テーブルとして書式設定」をクリックします。
テーブルの見本が一覧表示されますので、お好みのものを選択します。

テーブルとして書式設定

「テーブルとして書式設定」ダイアログが表示されます。
「テーブルに変換するデータ範囲」の中の「1」を「2」に書き換えます。(※キーボードの矢印キーは使わないようにして下さい)
結果、以下のようになります。

=$A$2:$H$2

「先頭行をテーブルの見出しとして使用する」にチェックを入れ、「OK」をクリックします。

テーブルとして書式設定ダイアログ

検索キーワード管理表となるテーブルが作られました。
「列1」と言う列が追加されましたが、ここは、RANKING CHECKERで自分のサイトの順位を調査した時、その「日にち」を記述します。

「日にち」の列の下には、RANKING CHECKERの結果を記述します。
更に、別の日にRANKING CHECKERを使った場合、一つ右側の列に新たに調査日を追加し、その下にRANKING CHECKERの結果を記述します。
こうする事で、自分のサイトの順位の推移を順次記録して行く事ができます。

▲もくじへ戻る

テーブルにチェック項目を追加する

キーワードが増えて行くと、自分が既に記事にした検索キーワードと、まだ記事にしていない検索キーワードとの判別が必要になって来ます。
そこで、テーブルにチェックを入れる仕掛けを作ります。

A列の3行目をクリックします。
「データ」タブをクリックし、リボンの中から「データの入力規則」のアイコンをクリックします。

データの入力規則

「データの入力規則」ダイアログが開きますので、「入力値の種類」を「リスト」、「元の値」に「◯」と記入します。
「◯」の部分は、「済」でも「>」でも良いです。
とにかく、チェックの目印となるものを記述し、「OK」をクリックします。

データの入力規則ダイアログ

これで、「記事」の列に「◯」のチェックを入れる事ができるようになりました。
間違ってチェックを入れてしまった場合は、キーボードの「Delete」でチェックを外す事ができます。
この時、入力規則の設定まで消える事はありません。

▲もくじへ戻る

検索キーワード管理表を使ってみる

キーワードプランナーからデータを抽出

では、実際に検索キーワード管理表にデータを入れてみましょう。
まず、最初に使用するのが、キーワードプランナーです。

C列の1行目のセル「キーワードプランナー」をクリックして下さい。

キーワードプランナーを起動

キーワードプランナーのページが開きます。
「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」をクリックします。

新しいキーワードと広告グループの候補を検索

「1つ以上の項目を指定してください:」の部分に、あなたのサイトのキーワードを入力します。
キーワードが特に思い付かない場合、ジャンル名を入れてみましょう。
例題では「SEO」にしています。

候補を取得をクリックします。

候補を取得

入力した検索キーワード関連の広告グループ候補の、月間検索数が表示されます。
広告グループだとキーワードがアバウト過ぎますので、「キーワード候補」タブをクリックします。

キーワード候補

表示された「キーワード候補」一覧は、入力した検索キーワードに対して関連性の高い順番に表示されています。
月間検索数の多い順番に並び替える為、キーワード候補一覧側の「月間平均検索ボリューム」をクリックします。

月間平均検索ボリューム

これで、キーワードプランナーから、需要の高い検索キーワードがあぶり出されました。

表示されている結果を一つ一つ検索キーワード管理表にコピペをして行くのは結構時間がかかります。
そこで、データを一括してダウンロードしてしまいましょう。

「ダウンロード」をクリックして下さい。

ダウンロード

「過去の統計情報をダウンロード」ダイアログが表示されます。
「Excel用 CSV」にチェックを入れ、「ダウンロード」をクリックします。

過去の統計情報をダウンロード

ダウンロードの準備が完了したら、「ダウンロードしたファイルをご利用いただけます。」と言うメッセージが表示されます。
「ファイルを保存」をクリックします。

過去の統計情報を保存

これで、キーワードプランナーの情報をパソコン内に保存できました。

▲もくじへ戻る

キーワードプランナーのデータを取り込む

Excelに戻ります。
ファイルタブをクリックし、「開く」をクリックします。
先ほどキーワードプランナーからダウンロードしたExcelデータを選択します。

キーワードプランナー

キーワードプランナーのファイルが開かれました。
ここで必要なデータは、B列とD列です。

必要なデータ

C列は必要ありませんので削除します。
C列を選択します。
「ホーム」タブをクリックし、リボン内の「削除」のアイコンをクリックします。

削除

C列のデータが削除され、D列のデータがC列に移動しました。

キーボードの「Ctrl」と「End」を同時に入力します。
データの最後のセルに移動します。

C列に入力されている最後のデータのセルをクリックします。

C列最後のデータ

Excelの画面を最上部までスクロールさせ、キーボードの「Shift」を入力しながら、B列2行目をクリックします。
これで、B列とC列のデータが選択されます。

B列とC列の選択

キーボードの「Ctrl」と「C」をクリックします。
これで、B列とC列のデータがクリップボード内にコピーされます。

検索キーワード管理表を開いて下さい。
B列の3行目をクリックします。

B列3行目

そして、キーボードの「Ctrl」と「V」をクリックします。
キーワードプランナーから抽出したデータが検索キーワード管理表に取り込まれ、データ量に合わせ、自動的にテーブルのサイズが拡張されました。

テーブルサイズが拡張

▲もくじへ戻る

SEO難易度チェックツールの結果を記入

A列1行目をクリックします。
SEO難易度チェックツールが開きますので、検索キーワード管理表のB列にある検索キーワードをここに記入して行きます。

検索キーワードを3つ記入したら、「check!」をクリックします。

SEO難易度チェックツール

しばらく経った後、画面中央部に難易度や被リンク数、ページランクなどの数値が表示されます。

SEO難易度

「難易度」の結果をD列に、「被リンク数(外部)」の結果をE列に、「PR」の結果をF列に、「ヤフカテ」の結果をG列に記述して行きます。
インデックス数は「0」としか表示されませんので、検索キーワード管理表には記入欄を作りませんでした。

SEO難易度を記入

このように、順次、SEO難易度チェックツールで調べた結果を検索キーワード管理表の中に記述して行って下さい。

▲もくじへ戻る

検索キーワードを並び替える

最後に、検索キーワードを並び替えましょう。
一度並べ替えの設定をしておけば、今後、新たに検索キーワードを追加した後も、リボンの「再適用」をクリックする事で、いつでも検索キーワード管理表を並び替える事が可能になります。

再適用

データタブをクリックし、リボンの中の「並べ替え」を選択します。

並べ替え

「並べ替え」ダイアログが開きます。
「優先されるキー」を「サイト難易度」、「並び替えのキー」を「値」、「順序」を「昇順」に設定します。

並べ替えの設定

これは、検索キーワード管理表がサイト難易度の低い順、つまり、攻略しやすい検索キーワードの順番で検索キーワードを並び替えるようにする設定です。
ただ、サイト難易度が同じ検索キーワードも沢山ありますので、今度は、需要のある検索キーワード、つまり、検索ボリュームの多い順番に並び替える設定も追加します。

「レベルの追加」をクリックして下さい。

レベルの追加

今度は、「優先されるキー」を「検索ボリューム」、「並び替えのキー」を「値」、「順序」を「降順」に設定します。

レベルの追加設定

同様に、レベルをあと3つ追加します。
それぞれの設定は以下のようにして下さい。

「優先されるキー」は「外部リンク数」、「並び替えのキー」は「値」、「順序」は「昇順」。
「優先されるキー」は「PageRank」、「並び替えのキー」は「値」、「順序」は「昇順」。
「優先されるキー」は「ヤフカテ」、「並び替えのキー」は「値」、「順序」は「昇順」。

これで、攻略しやすく、需要の高い順番に検索キーワードが並び替えられました。
あとは、検索キーワード管理表の上から順番に記事を作って行けば良いだけです。

後日、キーワードプランナーから新たに検索キーワードを追加した場合は、「再適用」をクリックする事で、追加した検索キーワードも含めて並び替えをし直す事ができます。

再適用

▲もくじへ戻る

まとめ

最後に

今回ご紹介した検索キーワードの選定方法と、検索キーワード管理表はいかがでしたでしょうか?
多少面倒臭く感じた方もいるかもしれませんが、検索キーワード管理表は、一度作り込んでさえいれば、あとはデータを記入するだけです。
あるとないとでは便利さが全然違いますので、頑張って挑戦してみて下さい。

検索キーワード管理表があなたの成功の道標となれば、これほど嬉しい事はありません。
ぜひ、活用してみて下さい。

▲もくじへ戻る

購入特典として配布中!

今回ご紹介した検索キーワード管理表ですが、実は、当サイトから「Unlimited Affiliate」や「THE WORLD」を購入して下さった方へ向けた購入特典としても配布しています。
勿論、全く同じと言う訳には行きませんので、購入特典として配布しているものは、更に便利な機能や仕掛けが満載です。

この記事で紹介している検索キーワード管理表は、まだまだ便利に改良する余地が残っていますので、あなた自身で色々と手を加えてみて下さい。

最後まで、お付き合いありがとうございました。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :  

IT関連情報 その他   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る