イラストレーター 文字入力

デザイン五輪書

イラストレーターで文字入力の際に役立つ機能特集

読了までの目安時間:約 19分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

イラストレーターで文字入力の際に役立つ機能特集

イラストレーターの文字入力に関する機能

使用頻度の多いものを厳選!

今回は、イラストレーターで文字入力の際に役立つ機能についてご紹介したいと思います。

イラストレーターを使用する上で、文字を入力する機会と言うのは非常に多いです。
それもあって、イラストレーターの文字入力に関する機能はとても多いです。

全ての機能を・・・と言うのは無理ですが、イラストレーターの文字入力に関する機能の中でも、ある程度使用頻度の多い機能を厳選してご紹介したいと思います。
全てを一度に覚えるのは難しいと思いますので、「こう言う機能があったな・・・」と言う位に記憶に留めておいて、必要がある際は、この記事を見ながら作業を行って下さい。

▲もくじへ戻る

イラストレーターで文字入力を行う際の基礎知識

横書きと縦書き

イラストレーターでは、横書き縦書きを行う事ができます。

まずは、横書きを行ってみたいと思います。
「ツールパネル」の中の「文字ツール」をクリックし、「アートボード」内をクリックします。

そのままキーボードを入力する事で、横書き文字を入力する事ができます。

文字ツール

続いて、縦書きを行ってみましょう。

「ツールパネル」の中の「文字ツール」を長押しします。
そして、表示されたツールの中から、「文字(縦)ツール」を選択します。

「アートボード」内をクリックし、キーボードで文字を入力します。
すると、縦書きの文字が記入されました。

文字(縦)ツール

▲もくじへ戻る

文字の挿入と編集

入力した文字列に、後から文字を挿入したり、文字を編集したりする事ができます。

「ツールパネル」の中から、「文字ツール」を選択します。
そして、文字列の中の、文字を挿入したい部分をクリックします。
すると、クリックした部分にキャロットが表示されます。

この状態でキーボードを入力すると、キャロットの位置に文字が挿入されます。

文字の挿入

文字を編集する場合は、「文字ツール」で編集したい文字をドラッグします。
編集したい文字が反転表示されたら、そのままキーボードで文字を入力します。
すると、反転した文字が入力した文字に置き換わります。

文字の編集

▲もくじへ戻る

選択ツールで文字を編集する

これまでご紹介した方法の場合、いちいち「文字ツール」を使用する必要がありました。
ですが、「選択ツール」を使用中の場合は、そのまま文字を編集する事もできます。

方法は、文字列をダブルクリックするだけです。
すると、ダブルクリックした部分にキャロットが挿入され、「ツールパネル」上でも、「文字ツール」が選択された状態になります。

そのまま文字を挿入したり、編集したい部分をドラッグし、文字を編集する事もできます。

選択ツールのまま文字を編集

▲もくじへ戻る

予め、文字列を入力する場所が決まっている場合

テキストエリアを作成する

予め、文字列を入力する範囲が決まっている場合は、「テキストエリア」を作成してから文字を入力すると良いです。
「テキストエリア」の作成方法は、「文字ツール」を選択した状態で、「アートボード」内をドラッグします。
ドラッグした範囲が「テキストエリア」になります。

「テキストエリア」内にキャロットが表示されていますので、そのまま文字を入力します。
「テキストエリア」の端に文字列が到達すると、自動的に文字が折り返されます。

テキストエリアを作成

▲もくじへ戻る

シェイプをテキストエリアに変換する

前述した方法の場合、四角形の「テキストエリア」を生成する事ができます。
では、もう少し複雑な形をした「テキストエリア」を生成したい場合は、どうすればよいでしょうか?

そう言った場合は、予め複雑なシェイプを作成し、それを「テキストエリア」に変換すれば良いです。
シェイプを「テキストエリア」に変換する際は、「エリア内文字ツール」を使用します。
「エリア内文字ツール」は、「ツールパネル」内の「文字ツール」を長押しする事で表示する事ができます。

「エリア内文字ツール」でシェイプのパス上をクリックすると、シェイプを「テキストエリア」に変換する事ができます。
「テキストエリア」の左上にキャロットが挿入されるので、そのまま文字を入力します。

文字は、「テキストエリア」の形状に沿って折り返されます。

シェイプをテキストエリアに変換

▲もくじへ戻る

パス上に文字を配置する

シェイプだけではなく、パス上にも文字を配置する事ができます。
パス上に文字を配置する場合、「ツールパネル」の中の「パス上文字ツール」を使用します。

「パス上文字ツール」でパスを選択すると、パス上にキャロットが挿入されます。
そのままキーボードで文字を入力すると、パスに沿って文字が表示されます。

パス上文字ツール

▲もくじへ戻る

スレッドテキスト

「テキストエリア」にしろ、シェイプにしろ、パスにしろ、記述できる文字数には限りがあります。
もし、記述した文字数が「テキストエリア」内で表示しきれなかった場合は、文字列の最後にオーバーフローマークが表示されます。

オーバーフローマーク

この場合、「テキストエリア」を拡大し、文字列が全て表示されるようにするのが一般的です。

テキストエリアを拡大する

ですが、事情によっては、「テキストエリア」のサイズを変更できない場合もあります。
その場合、「スレッドテキスト」を作成し、入りきらなかった文字列を別の「テキストエリア」に流し込む事もできます。

「スレッドテキスト」の作成方法は、複数の「テキストエリア」をまとめて選択します。
「テキストエリア」は、シェイプやパスでも可能です。

続けて、「メニューバー」の中にある「書式」をクリックし、表示されたメニューの中から、「スレッドテキストオプション」にマウスポインタを合わせます。
更に表示されたサブメニューの中にある「作成」を選択します。

すると、「スレッドテキスト」が作成され、入りきらなかった文字列が、別の「テキストエリア」に流し込まれます。

スレッドテキストを作成

▲もくじへ戻る

文字列の詳細設定

文字パネル

次は、入力した文字の詳細設定を行う事のできる「文字パネル」についてご紹介します。
「文字パネル」では、フォントファミリやフォントスタイルを始め、フォントサイズや行送り、垂直・水平比率やカーニングやトラッキング、文字のツメやアキ、その他、文字に関する様々な事が設定できます。

「文字パネル」の使用頻度はかなり高く、例えば、和欧混植のように、アルファベットと日本語が混在する場合は、それぞれの文字の調整を行う必要があります。
また、句読点のアキを詰める目的でも使用します。

文字パネルによる調整

「文字パネル」は、「文字ツール」を使用時に、「オプションパネル」内に表示される「文字」をクリックする事で呼び出す事ができます。

文字パネルの表示

また、「メニューバー」の「ウィンドウ」からも「文字パネル」を呼び出す事ができます。
表示されるメニューの中にある「書式」にマウスポインタを合わせます。
すると、サブメニューが表示されますので、中にある「文字」をクリックします。

「文字パネル」が表示されました。

ウィンドウから文字パネルを表示

▲もくじへ戻る

段落パネル

複数行に渡る文字列の詳細設定は、「段落パネル」を利用すると便利です。
文字揃えやインデント、段落前後のアキ、禁則処理や文字組みなど、段落に関する設定を行う事ができます。

段落パネルによる調整

「段落パネル」は、「文字ツール」を使用時に、「オプションパネル」内に表示される「段落」をクリックする事で呼び出す事ができます。

段落パネルの表示

また、「メニューバー」の「ウィンドウ」からも「段落パネル」を呼び出す事ができます。
表示されるメニューの中にある「書式」にマウスポインタを合わせます。
すると、サブメニューが表示されますので、中にある「段落」をクリックします。

「段落パネル」が表示されました。

ウィンドウから段落パネルを表示

▲もくじへ戻る

使用頻度の多いテクニック

文字列をエンベロープでアーチ状に変形する

意外と使用頻度が多いのが、文字列をアーチ状に変形するテクニックです。

まずは、「選択ツール」で文字列を選択します。
間違えないで欲しいのですが、「文字ツール」で文字列を選択しても、この方法は使用できません。
「選択ツール」で選択して下さい。

「メニューバー」の中の「オブジェクト」をクリックします。
表示されたメニューの中から、「エンベロープ」にマウスポインタを当てます。
更に表示されたサブメニューの中から、「ワープで作成」を選択します。

「ワープオプション」ダイアログが表示されます。
「プレビュー」にチェックを入れ、「アートボード」上の文字列の変化を見ながら、数値を書き換えます。
最後に、「OK」をクリックし、「ワープオプション」ダイアログを閉じます。

文字列がアーチ状になりました。

エンベロープのワープでアーチを作成

また、「オプションパネル」内の「エンベロープを作成」からも、「ワープオプション」ダイアログを呼び出す事ができます。

エンベロープを作成

使いやすい方で覚えておくと良いです。

▲もくじへ戻る

パス上文字オプション

「パス上文字ツール」で、パスに沿って文字が配置されるテクニックをご紹介しました。
パス上に配置されている文字に関しては、曲線部分において、「パス上文字オプション」を使って、変化を付ける事ができます。

初期状態では「虹」の設定になっていますが、これを「歪み」に変更してみましょう。

まずは文字列を、「選択ツール」、もしくは「文字ツール」で選択します。

「メニューバー」の中にある「書式」をクリックし、表示されたメニューの中にある「パス上文字オプション」にマウスポインタを合わせます。
表示されたサブメニューの中にある「歪み」をクリックします。

文字列に、「歪み」の「パス上文字オプション」が適用されました。

パス上文字オプションの歪み

「パス上文字オプション」では、他にも、「3Dリボン」、「階段状」、「引力」などがあります。

パス上文字オプション

状況に応じて、使い分けるのも良いでしょう。

▲もくじへ戻る

段組み

段組みも、イラストレーターで文字入力を行う際は重要な機能です。
長文は段組みを行う事で、随分読みやすくなります。

イラストレーターで段組みを行う場合、二通りの方法がありますので、両方見て行きましょう。

一つ目は、長文が入力されている「テキストエリア」を段組みに変換する方法です。
エリア内文字オプション」と言う機能を使います。

まずは、「選択ツール」か「文字ツール」で「テキストエリア」を選択します。
「メニューバー」の中にある「書式」をクリックし、表示されるメニューの中の「エリア内文字オプション」をクリックします。

「エリア内文字オプション」ダイアログが表示されます。
「列」の中の「段数」を「2」に設定し、「OK」をクリックします。

テキストエリア内の文字列が2段に段組みされました。

エリア内文字オプション

もう一つの方法が、選択したシェイプを段組みオブジェクトに変換する方法です。
段組みオブジェクトに変換後は、テキストエリアに変換するなり、段組みのガイドとして利用するなり、活用法は様々です。

段組みオブジェクトの作成方法ですが、シェイプを選択後、「メニューバー」の中にある「オブジェクト」をクリックします。
表示されたメニューの中にある「パス」にマウスポインタを合わせます。
サブメニューが表示されますので、「段組設定」をクリックします。

「段組設定」ダイアログが表示されますので、「列」の中にある「段数」を「2」にし、「間隔」を「3mm」にします。

最後に、「OK」をクリックします。

「段組設定」で指定した数値で、シェイプが分割されました。

段組みオブジェクト

▲もくじへ戻る

テキストの回り込み

イラストレーターでは、テキストの回り込みを設定する事もできます。
テキストの回り込みを設定する事で、文字列がオブジェクトで隠れてしまうのを防ぐ事ができます。

テキストの回り込み

ただし、テキストの回り込みが行えるのは、「テキストエリア」を作って、その中に文字を入力している場合のみです。
「文字ツール」で「アートボード」内をクリックして記述した文字列に関しては、テキストの回り込みの設定を行っても文字列は回り込みませんので、ご注意下さい。

テキストの回り込みが起こらないケース

では早速、テキストの回り込みの設定を行いましょう。

まずは、回り込みを行いたいオブジェクトを文字列の上に配置します。
テキストを回り込ませる場合、オブジェクトがテキストの前面に配置されていなければなりません。

オブジェクトを選択した状態で、「メニューバー」の中にある「オブジェクト」をクリックします。
表示されたメニューの中にある「テキストの回り込み」にマウスポインタを合わせます。
すると、サブメニューが表示されますので、中にある「作成」をクリックします。

オブジェクトの周囲に回り込みが設定され、文字列がオブジェクトの周りを回り込みました。

テキストの回り込みを作成

▲もくじへ戻る

文字の起こし

縦書きの文章で日本語に英数字が混在する場合、可読性を上げる為に文字を起こす必要があります。

縦書きの英数字を読みやすく

そこで、イラストレーターで文字を起こす方法をご紹介します。

縦書きで文字を起こす場合、2バイト(全角)の文字を使用します。
逆に、英数字を寝かせたい場合は、半角英数字を使用します。
数字や英語の文字数が多い場合は、文字を寝かせた方が読みやすいですから、きちんと使い分ける必要があるでしょう。

問題は、二桁の数字の場合です。
上記方法では、二桁の数字を起こす事ができません。

そこで、イラストレーターの「縦中横」と言う機能を使用します。
「縦中横」は、「文字パネル」のパネルオプションの中にあります。

使用方法ですが、まず、縦書きで半角の二桁の数字を選択します。
「選択ツール」ならクリック、「文字ツール」ならば、二桁の数字をドラッグします。

「文字ツール」で数字を選択した場合は、オプションパネルから「文字パネル」を開きます。

文字パネルの表示

「選択ツール」で数字を選択した場合は、「メニューバー」の「ウィンドウ」から文字パネルを表示します。

ウィンドウから文字パネルを表示

「文字パネル」の中にある「パネルオプション」をクリックし、表示されたコンテキストメニューの中から「縦中横」をクリックします。
これで、二桁の数字が起こされます。

縦中横

▲もくじへ戻る

タブとリーダー

文字を入力する際、キーボードの「Tab」をクリックすると、数文字分の空欄が表示されます。

Tab

この「Tab」による空欄の長さを調整する事ができるのが「タブパネル」です。
「Tab」が挿入された文字列が数行並んでいる場合に、「Tab」直後の文字の位置を整列させる目的で使用します。

タブを整列

では、タブパネルを使って、文字列を整列させてみましょう。
タブパネルで整列できるのは、同じ「テキストエリア」内の文字列です。

同テキストエリア内の文字列

「メニューバー」の中にある「ウィンドウ」をクリックし、表示されたメニューの中から、「書式」にマウスポインタを合わせます。
表示されたサブメニューの中にある「タブ」をクリックします。

タブパネルの表示方法

「タブパネル」が表示されました。
「選択ツール」で「テキストエリア」を選択します。

同テキストエリア内の文字列

「タブパネル」の「テキスト上にパネルを配置」をクリックする事で、選択している「テキストエリア」の上部に「タブパネル」が移動します。

テキスト上にパネルを配置

目盛内の任意の場所をクリックして下さい。
クリックした場所に「タブ」が挿入され、「テキストエリア」内のタブ直後の文字列が移動します。

続けて、「リーダー」の項目に「…」と入力します。
すると、「Tab」の位置に「リーダー」が挿入されます。

タブとリーダー

▲もくじへ戻る

まとめ

多機能なイラストレーター

今回は、イラストレーターで文字入力の際に役立つ機能特集と言う事で、使用頻度の多い機能を中心にご紹介しました。

イラストレーターの文字入力に関する基礎知識から、シェイプやパスを「テキストエリア」に変換する方法。
テキストが入りきらなかった場合の「スレッドテキスト」、文字列の詳細編集を行う「文字パネル」と「段落パネル」についてもご紹介しました。

使用頻度の多いテクニックとしては、「エンベロープ」や「パス上文字オプション」で文字列を変形する方法、「段組み」や「回り込み」で文章の位置を変更する方法、文字を起こしたり「タブ」や「リーダー」を挿入し、文字列を読みやすくする方法などをご紹介しました。

今回ご紹介した内容以外にも、イラストレーターには重要な機能が沢山あります。
ぜひ、イラストレーターの機能を色々覚え、作業を効率的に行えるようになって下さい。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :

ソフトウェア Adobe Creative Cloud   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る