Illustrator ブラシ

デザイン五輪書

Illustratorでブラシを自作しよう!

読了までの目安時間:約 16分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

Illustratorでブラシを自作しよう!

Illustratorのブラシを自作する必要性

IllustratorとPhotoshopのブラシ

私の個人的な印象ですが、Illustratorは、Photoshopよりもカスタマイズをする機会が多いイメージがあります。

一例ですが、Photoshopはインターネットからブラシファイルをダウンロードして来て、それを使ったりします。
一方で、Illustratorは既存のブラシをカスタマイズしたり、自分でブラシを作って使用する機会の方が多いです。

そこで今回は、Illustratorのブラシについてご紹介したいと思います。
Illustratorのブラシライブラリを保存する方法やIllustratorにブラシライブラリを読み込む方法、Illustratorに保存されている既存のブラシをカスタマイズする方法、そして、Illustratorで作成したブラシをブラシライブラリに保存する方法についてもご紹介します。

Photoshopに比べ、Illustratorはネットで出回っているブラシファイルの種類が少ないです。
ですので、Illustratorのブラシは自作できるようになっていた方が良いでしょう。

ぜひ、今回ご紹介する内容を習得して下さい。

▲もくじへ戻る

Illustratorのブラシファイル

Illustratorのブラシファイルは存在しない!?

先ほど、IllustratorのブラシとPhotoshopのブラシを比較しましたが、実は、IllustratorのブラシファイルとPhotoshopのブラシファイルは、少し概念が異なります。

Photoshopのブラシファイルは、拡張子が「.abr」と言う、ブラシ専用のファイル形式になっています。
一方で、Illustratorは拡張子が「.ai」となっていて、通常のIllustratorの拡張子と変わりありません。
・・・と言いますか、ブラシ専用のファイルと言うものがありません。

実際、Illustratorのファイルであれば、どのファイルでもブラシライブラリとして呼び出す事ができます。
呼び出されるブラシライブラリのブラシは、そのファイルが保存される際にブラシパネルに保存されていたブラシです。

▲もくじへ戻る

ブラシライブラリの保存方法

説明だけ聞いても分かり辛いと思いますので、実際にブラシライブラリを保存してみましょう。
「ドッグ」の中に格納されている「ブラシパネル」のアイコンをクリックして下さい。

ブラシパネルのアイコン

「ブラシパネル」が展開されました。
初期のものと見分けを付ける為に、予め、自作の「散布ブラシ」を保存しています。

散布ブラシが保存されたブラシライブラリ

「ブラシライブラリ」をクリックし、表示されたコンテキストメニューの中から、「ブラシを保存」を選択します。

ブラシを保存

「ブラシをライブラリとして保存」ダイアログが表示されますので、ファイルを任意のフォルダ内に保存して下さい。
これで、現在のブラシライブラリがIllustratorのファイルとして保存されました。

自作のブラシライブラリが保存された

▲もくじへ戻る

Illustratorにブラシライブラリを読み込む

ブラシライブラリファイルを開く

先ほど保存したブラシライブラリファイルをIllustratorで開きます。

ブラシライブラリファイルを開く

すると、空白のアートボードが展開されます。

空白のアートボード

「ブラシパネル」を確認すると、ブラシファイルを保存した際と同じ状態になっています。

散布ブラシが保存されたブラシライブラリ

このまま作業をし、「別名で保存」をすれば、このブラシライブラリのファイルは保持する事ができます。

ブラシをライブラリとして保存したファイルのアートボードが空白なのは、その分、ファイルの容量を節約する為です。
普通に保存したIllustratorのファイルも「ブラシパネル」の状態は保存されますが、アートボードの状態も保存される為、その分、容量は大きくなります。

▲もくじへ戻る

外部のブラシライブラリファイルを読み込む

ブラシライブラリファイルを直接開く方法で作業を行う場合、空白のアートボードが表示されます。
ですので、作業は一から行わなければなりません。

では、ある程度作り込んだファイルの途中で、別のIllustratorファイルに保存されているブラシを使用したくなった場合は、どうすれば良いでしょうか?
今度は、そう言ったケースを想定し、作業を行って行きましょう。

「ブラシパネル」にある「ブラシライブラリメニュー」をクリックします。
コンテキストメニューが表示されますので、「その他のライブラリ」を選択して下さい。

その他のライブラリ

「ライブラリを選択」ダイアログが表示されますので、拡張子が「.ai」のファイルを選択します。
すると、選択したIllustratorファイルのブラシライブラリが「ブラシパネル」に表示されました。

散布ブラシが保存されたブラシライブラリ

▲もくじへ戻る

Illustrator内にブラシライブラリを保存する

これまでご紹介して来た方法は、一時的にIllustratorにブラシライブラリを呼び込む方法です。
ですから、新しくファイルを開くと、そのファイルにはブラシライブラリが適用されません。

毎回ブラシライブラリを読み込むのが面倒だと言う方は、Illustrator内のフォルダに拡張子が「.ai」のファイルを保存する事で、Illustrator内にブラシライブラリを組み込む事ができるようになります。
保存するフォルダですが、64ビット版のIllustratorを使用中の方は、「C:>Program Files>Adobe>Adobe Illustrator>プリセット>ja_JP>ブラシ」フォルダ内に任意のフォルダを作成し、その中に拡張子が「.ai」のファイルを保存すれば良いです。
32ビット版のIllustratorを使用中の方は、「C:>Program Files(x86)>Adobe>Adobe Illustrator>プリセット>ja_JP>ブラシ」フォルダ内に任意のフォルダを作成し、その中に拡張子が「.ai」のファイルを保存すれば良いです。

保存後、「ブラシパネル」にある「ブラシライブラリメニュー」をクリックすると、コンテキストメニューの中に、保存したフォルダとブラシライブラリが表示されます。

保存したブラシライブラリが表示される

選択すると、保存したIllustratorファイルのブラシライブラリが「ブラシパネル」に表示されます。

散布ブラシが保存されたブラシライブラリ

▲もくじへ戻る

既存のブラシをカスタマイズ

ブラシをカスタマイズするだけでも・・・

ブラシのカスタマイズと言うと、あまり大した変化はないのではないかと思う方もいるでしょう。
ですが、カスタマイズの仕方によっては、全く異なるブラシを使用したかのような仕上がりに変化させる事も可能です。

ブラシのカスタマイズ

ですので、今一度、ブラシのカスタマイズの可能性を見直してみてはいかがでしょう?

▲もくじへ戻る

ブラシをカスタマイズする方法

では、ブラシをカスタマイズする方法をご紹介します。
ブラシのカスタマイズは、「ブラシパネル」に表示されているそれぞれのブラシをダブルクリックする事で行えます。

散布ブラシが保存されたブラシライブラリ

「カリグラフィブラシ」をダブルクリックすると「カリグラフィブラシオプション」ダイアログが、「散布ブラシ」をダブルクリックすると「散布ブラシオプション」ダブルクリックが、「アートブラシ」をダブルクリックすると「アートブラシオプション」ダイアログが、「パターンブラシ」をダブルクリックすると「パターンブラシオプション」ダイアログが、「絵筆ブラシ」をダブルクリックすると「絵筆ブラシオプション」ダイアログが、それぞれ表示されます。

散布ブラシオプション

ブラシの種類によって、設定できる項目が異なります。
ですので、それぞれのブラシのカスタマイズを経験しておく事をお勧めします。

▲もくじへ戻る

自作のブラシをブラシライブラリに保存

ブラシの種類によって異なる

次は、Illustratorで作成した自作のブラシを、ブラシライブラリに保存する方法についてご紹介したいと思います。

自作したブラシをブラシライブラリに保存する方法は、ブラシのカスタマイズと同様、ブラシの種類によって異なります。
ですので、それぞれの手順を見て行く必要があります。

初めのうちはごっちゃになるかもしれませんが、それぞれ使い分ける事ができるようになれば、Illustratorでの表現の幅は広がります。
ですから、一通り覚えるようにしましょう。

▲もくじへ戻る

カリグラフィブラシを保存する

では、カリグラフィブラシを作成したいと思います。
「ブラシパネル」の中にある「新規ブラシ」をクリックします。

新規ブラシ

「新規ブラシ」ダイアログが表示されますので、「カリグラフィブラシ」を選択し、「OK」をクリックします。

カリグラフィブラシ

「カリグラフィブラシオプション」ダイアログが表示されます。
「角度」、「真円率」、「直径」の設定をそれぞれ行い、「OK」をクリックします。

カリグラフィブラシオプション

作成したカリグラフィブラシがブラシライブラリ内に保存されました。

作成したカリグラフィブラシがブラシライブラリに

▲もくじへ戻る

散布ブラシを保存する

次は、散布ブラシを作成したいと思います。
まずは、散布ブラシとして保存したいオブジェクトを作成し、選択しておきます。

散布ブラシに保存するオブジェクトを選択

続いて、「ブラシパネル」の中にある「新規ブラシ」をクリックします。

新規ブラシ

「新規ブラシ」ダイアログが表示されますので、「散布ブラシ」を選択し、「OK」をクリックします。

散布ブラシ

続いて、「散布ブラシオプション」が表示されます。
「オプション」と「彩色」、それぞれの設定項目を設定し、「OK」をクリックします。

散布ブラシオプション

作成した散布ブラシがブラシライブラリ内に保存されました。

作成した散布ブラシがブラシライブラリに

▲もくじへ戻る

アートブラシを保存する

次は、アートブラシを作成したいと思います。
まずは、アートブラシとして保存したいオブジェクトを作成し、選択しておきます。

アートブラシに保存するオブジェクトを選択

続いて、「ブラシパネル」の中にある「新規ブラシ」をクリックします。

新規ブラシ

「新規ブラシ」ダイアログが表示されますので、「アートブラシ」を選択し、「OK」をクリックします。

アートブラシ

続けて、「アートブラシオプション」ダイアログが表示されます。
「幅」、「ブラシ伸縮オプション」、「方向」、「彩色」、「オプション」、それぞれの設定項目を設定し、「OK」をクリックします。

アートブラシオプション

作成したアートブラシがブラシライブラリ内に保存されました。

作成したアートブラシがブラシライブラリに

▲もくじへ戻る

パターンブラシを保存する

次は、パターンブラシを作成したいと思います。
パターンブラシに自作したパターンを使用したい場合は、予め、パターンをスウォッチに保存しておく必要があります。
ですので、「スウォッチパネル」を表示させましょう。

初期状態のIllustratorの場合、「ブラシパネル」と「スウォッチパネル」はグループ化されています。
その場合、「スウォッチ」タブをクリックすれば、「スウォッチパネル」を表示する事ができます。

スウォッチタブをクリック

表示された「スウォッチパネル」内に、パターンとして保存したいオブジェクトをドラッグ&ドロップします。

オブジェクトをパターンとして保存

同様の手順で、パターンブラシに使用するパターンを5種類、「スウォッチパネル」に保存して下さい。

スウォッチにパターンを5種類保存

必要なパターンを保存したら、「スウォッチパネル」の「ブラシ」タブをクリックし、「ブラシパネル」に戻ります。

ブラシタブをクリック

続いて、「ブラシパネル」の中にある「新規ブラシ」をクリックします。

新規ブラシ

「新規ブラシ」ダイアログが表示されますので、「パターンブラシ」を選択し、「OK」をクリックします。

パターンブラシ

続けて、「パターンブラシオプション」ダイアログが表示されます。

「外角タイル」、「サイドタイル」、「内角タイル」、「最初のタイル」、「最後のタイル」、それぞれの横にある「▼」をクリックし、「スウォッチパネル」に保存したパターンを選択します。
そして、「オプション」、「反転」、「フィット」、「彩色」の各種設定を行い、「OK」をクリックします。

パターンブラシオプション

作成したパターンブラシがブラシライブラリ内に保存されました。

作成したパターンブラシがブラシライブラリに

▲もくじへ戻る

絵筆ブラシを保存する

次は、絵筆ブラシを作成したいと思います。
「ブラシパネル」の中にある「新規ブラシ」をクリックします。

新規ブラシ

「新規ブラシ」ダイアログが表示されますので、「絵筆ブラシ」を選択し、「OK」をクリックします。

絵筆ブラシ

続けて、「絵筆ブラシオプション」ダイアログが表示されます。
「形状」と「ブラシオプション」の設定項目を設定し、「OK」をクリックします。

絵筆ブラシオプション

作成した絵筆ブラシがブラシライブラリ内に保存されました。

作成した絵筆ブラシがブラシライブラリに

▲もくじへ戻る

まとめ

自作のブラシを作ってみよう!

今回は、Illustratorのブラシについてご紹介しました。

Illustratorのブラシライブラリを保存する方法やIllustratorにブラシライブラリを読み込む方法、Illustratorに保存されている既存のブラシをカスタマイズする方法、そして、Illustratorで作成したブラシをブラシライブラリに保存する方法について見て行きましたが、いかがでしたか?

Illustratorは、Photoshopと比べ、ファイル間のブラシの使い回しが容易です。
それだけ、自作のブラシを活用しやすい環境ですので、あなたも自作のブラシを作成し、活用してみて下さい。

この記事が、あなたのクリエイティブな活動に影響を与える事ができたら幸いです。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ : 

ソフトウェア Adobe Creative Cloud   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る