Google Chrome 新しいタブ

デザイン五輪書

Google Chromeの新しいタブ機能をカスタマイズ

読了までの目安時間:約 17分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

Google Chromeの新しいタブ機能をカスタマイズ

新しいタブとは?

新しいタブのページを表示

今回は、Google Chromeの「新しいタブ」をカスタマイズする方法についてご紹介します。

「新しいタブ」のページ、Google Chromeを使っている方なら、一度は見た事ありますよね?

新しいタブ

Google Chromeを起動時に「新しいタブ」のページが表示されたり、ホームボタンをクリックすると、この、「新しいタブ」のページが表示されたりします。

ホームボタン

また、タブの横に「新しいタブ」を追加する為のボタンも設置されています。

新しいタブを追加

▲もくじへ戻る

新しいタブの画面構成とその役割

Google Chromeのバージョンによって変わるでしょうが、現行のGoogle Chromeの「新しいタブ」ページでは、「Google検索」と「よくアクセスするページ」が表示されます。

「Google検索」の検索窓に文字を入力すると、自動的に「アドレスバー」に検索文字が入力されます。

アドレスバー

「よくアクセスするページ」は、あなたがGoogle Chromeでよくアクセスしているサイトのサムネイル画像とサイト名が一覧表示されます。
「よくアクセスするページ」のサムネイルをクリックする事で、そのサイトへ移動する事ができます。

よくアクセスするページ

ブックマークバーから目的のサイトを探さなくても良いので、とても利便性は高いです。

▲もくじへ戻る

新しいタブの問題点と対策

新しいタブ機能の問題点

「新しいタブ」機能の利便性は高いですが、反面、問題点もあります。

自分一人の環境でパソコンを使用する分には問題ありませんが、他人があなたのパソコンでGoogle Chromeを使用した場合、「新しいタブ」機能の存在は、プライバシーの問題や、セキュリティ関連の問題を引き起こす可能性があるのです。
また、大勢の前でパソコン画面をスクリーンに映してセミナーを行う場合や、SkypeやTeamViewerなど、ネットを介してパソコン画面を他人と共有する際もそうでしょう。

「新しいタブ」機能は、あなたが頻繁に閲覧するサイトを一覧表示します。
しかも、ご丁寧にも、サイトのサムネイル画像まで付いています。
・・・人に見られて、あまり気持ちの良いものではありませんよね?

よくアクセスするページの一覧から、それらサイトに簡単にアクセスできてしまうのも問題です。
加えて、Google Chromeは、オートコンプリート機能によって、ログインが必要なサイトのIDやパスワードを自動的に入力してくれます。

ですから、よくアクセスするページの一覧にネット銀行のサイトが表示されていた場合は、簡単にあなたの預金残高を見る事ができてしまいます。
それが「通販サイト」だった場合は、あなたの買い物履歴が見られてしまう恐れがありますし、注文だってできてしまうでしょう。

私の場合も、よくアクセスするページの一覧を悪用されると、当サイトのダッシュボードに簡単にアクセスされてしまいます。

よくアクセスするページ

誰かに記事を勝手に書き換えられたりなどの状況を想像すると、ゾッとします。

▲もくじへ戻る

特定のサイトを非表示にする

そこで、特定のサイトを、よくアクセスするページの一覧から非表示にする方法についてご紹介します。

よくアクセスするページ一覧のサムネイル画像の右上にマウスを当ててみて下さい。
「×」と言う画像と、「このページに表示しません」と言うツールチップが表示されると思います。

このページに表示しません

そのまま「×」と言う画像をクリックします。
すると、よくアクセスするページの一覧から、そのサイトが削除されました。

よくアクセスするページ欄から削除された

▲もくじへ戻る

新しいタブページを表示しない方法

Google Chrome起動時に新しいタブページを表示しない

上記プライバシーやセキュリティの問題から、「新しいタブ」のページ自体を表示させないようにと考える方も少なくありません。
そこで、「新しいタブ」のページが表示されるのを避ける方法についてご紹介したいと思います。

まずは、Google Chrome起動時に「新しいタブ」ページを表示させない方法をご紹介します。

Google Chromeの画面右上にある「Google Chromeの設定」をクリックします。
すると、「Google Chromeの設定」の詳細メニューが展開されますので、「設定」を選択します。

Google Chromeの設定

Google Chromeの設定画面が表示されます。

「起動時」の項目で「新しいタブページを開く」にチェックが入っていますので、「中断した箇所から続ける」、もしくは、「特定の1つのページまたは複数のページを開く」にチェックを入れます。

Google Chrome起動時の設定

「特定の1つのページまたは複数のページを開く」の詳細設定は、「ページを設定」をクリックする事で行えます。

ページを設定

「ページを設定」をクリックすると、「起動ページ」ダイアログが表示されます。
「新しいページを追加」の項目にURLを入力するか、「現在のページを使用」をクリックします。
「現在のページを使用」をクリックすると、Google Chromeで開いているタブのページが起動ページとして登録されます。

最後に、「OK」をクリックする事で、ダイアログの設定を適用する事ができます。

起動ページダイアログ

ちなみに、起動ページは複数ページを指定する事もできます。

▲もくじへ戻る

ホームボタンで新しいタブページを表示しない

次は、「ホームボタン」をクリック時、「新しいタブ」ページを表示させない方法をご紹介したいと思います。

ホームボタン

Google Chromeの画面右上にある「Google Chromeの設定」をクリックします。
すると、「Google Chromeの設定」の詳細メニューが展開されますので、「設定」を選択します。

Google Chromeの設定

Google Chromeの設定画面が表示されます。

「デザイン」の項目で、「ホームボタンを表示する」にチェックが入っていると思います。
そして、「ホームボタンを表示する」の下に「新しいタブページ」と書かれていると思います。
「新しいタブページ」横の「変更」をクリックして下さい。

ホームボタンの変更

「新しいタブページ」横の「変更」をクリックすると、「ホームページ」ダイアログが表示されます。
「新しいタブの画面を表示する」にチェックが入っていますので、「アドレス」にチェックを入れ直し、「アドレス」項目にURLを記入して下さい。

最後に「OK」をクリックします。

ホームページダイアログ

これで、「ホームボタン」をクリック時のリンク先が変更されます。

▲もくじへ戻る

新しいタブページを開かずにタブを増やす方法

前述しましたが、タブの横に「新しいタブ」を追加する為のボタンが設置されています。

新しいタブを追加

ここをクリックすると、「新しいタブ」ページが表示されてしまいます。
残念ながら、この設定は変更する事ができません。

では、人にパソコンの画面を見られている状態で、別タブを開きたくなった場合はどうすれば良いでしょうか?

そう言った場合は、まず、タブを右クリックします。
表示されたコンテキストメニューの中から、「タブを複製」を選択します。

タブを複製

これで、タブが複製されます。

▲もくじへ戻る

Google Chromeの拡張機能を活用する

Empty New Tab Page

Google Chromeを強化する事のできる拡張機能ですが、実は、「新しいタブ」ページの表示を変更してくれるものもあります。
その中でも、今回は、有名なものを三つ紹介したいと思います。

最初に紹介するのが、「Empty New Tab Page」と言う拡張機能です。
「Empty New Tab Page」をGoogle Chromeにインストールすると、「新しいタブ」ページに何も表示されなくなります。

実際に、「Empty New Tab Page」をインストールしてみましょう。

Empty New Tab Page」のダウンロードページにアクセスします。
表示されたページ右上の「+無料」をクリックします。

+無料

「新しい拡張機能の確認」ダイアログが表示されますので、「追加」をクリックします。
「Empty New Tab Page」のダウンロードが始まり、Google Chromeにインストールされます。

「新しいタブ」をクリックしてみましょう。

新しいタブを追加

文字通り、空白のページが表示されます。

空白のページ

▲もくじへ戻る

New Tab Redirect

「Empty New Tab Page」を使用した場合、「新しいタブ」ページの機能が無効化され、意味すらなくなってしまいます。
それでは勿体ない、何かの形で活用したいと言う方には、「New Tab Redirect」がお勧めです。
「New Tab Redirect」の場合、「新しいタブ」ページを無効化すると言う発想ではなく、新しいタブページに指定したページを表示すると言った機能を持っています。

では、実際に、「New Tab Redirect」をインストールしてみましょう。

New Tab Redirect」のダウンロードページにアクセスします。
表示されたページ右上の「+無料」をクリックします。

+無料

「新しい拡張機能の確認」ダイアログが表示されますので、「追加」をクリックします。
「New Tab Redirect」のダウンロードが始まり、Google Chromeにインストールされます。

「新しいタブ」をクリックしてみましょう。

新しいタブを追加

すると、Google Appsのページが表示されました。
「Top Sites」の部分でよくアクセスするページが表示されますが、マウスオーバーをしなければ隠れますので、気にもなりません。

New Tab Redirect

続けて、「New Tab Redirect!」をクリックして下さい。

New Tab Redirect!

「New Tab Redirect!」のオプションページが表示されます。
「新しいタブページで表示するURLを入力してください」の部分にURLを記入し、「保存」を入力します。

New Tab Redirect!オプション

「新しいタブ」をクリックしてみましょう。

新しいタブを追加

すると、「New Tab Redirect!」のオプションページで記入したURLのサイトが表示されます。

▲もくじへ戻る

Currently

三つ目として紹介する拡張機能が「Currently」です。
「Currently」をGoogle Chromeにインストールすると、「新しいタブ」ページの代わりに、「時刻」、「日付」、「天気」、「気温」が表示されるページを表示してくれます。

では、実際に、「Currently」をインストールしてみましょう。

Currently」のダウンロードページにアクセスします。
表示されたページ右上の「+無料」をクリックします。

+無料

「新しい拡張機能の確認」ダイアログが表示されますので、「追加」をクリックします。
「Currently」のダウンロードが始まり、Google Chromeにインストールされます。

「新しいタブ」をクリックしてみましょう。

新しいタブを追加

「時刻」、「日付」、「天気」、「気温」が表示されました。
特にこちらで設定を行わずとも、ネットのアクセス情報から位置情報を読み取り、その地域の天気を表示してくれます。

Currently

ただ、初期状態の「Currently」では華氏で気温が表示されていますので、ありえない程の高温に見えてしまいます。
ですから、「Currently」の設定を摂氏に変更したいと思います。

画面右下にある「Options」をクリックして下さい。

Options

「System」ダイアログが表示されます。

「Temperature」を「Fahrenheit」から「Celsius」に変更します。
時間を「24H」表記に変更したい方は、「Hours」を「12」から「24」に変更します。
「Choose Your Language」を「English」から「Japanese」に変更し、最後に「SAVE」をクリックします。

Currently System

続けて、「Style」タブをクリックします。

CurrentlyのStyleタブ

ここで、「Currently」の表示設定を変更する事ができます。

「Text Color」の項目で文字色を変更できます。
「Light」を選択すると明るい文字色、「Dark」を選択すると暗い文字色になります。
背景色によっては、文字色に合わせて色が微調整されます。

「Background Color」で背景色を変更する事ができます。
文字色の設定によっては、選んだ背景色と若干色合いの異なる背景色になる場合があります。

最後に「SAVE」をクリックします。

Currently Style

設定が適用されました。

カスタマイズ後のCurrently

▲もくじへ戻る

よくアクセスするページを選択しやすくする

新しいタブページでGoogle検索を表示しない

「新しいタブ」ページを開くと、Google検索が上に表示され、その下によくアクセスするページの一覧が表示されます。

新しいタブ

よくアクセスするページの機能を活用している方の場合、Google検索の表示が邪魔ではありませんか?
どうせ、アドレスバーから検索する事ができるのですから、この位置にGoogle検索の検索窓がある必要性はありません。
そこで、Google検索の検索窓を非表示にしてしまいましょう。

Google Chromeの画面右上にある「Google Chromeの設定」をクリックします。
すると、「Google Chromeの設定」の詳細メニューが展開されますので、「設定」を選択します。

Google Chromeの設定

Google Chromeの設定画面が表示されます。

「検索」項目が「Google」になっていると思います。
ここを「Google」以外に変更します。
検索結果の近い、「Yahoo!Japan」でも良いでしょう。

検索

では、「新しいタブ」を表示させてみましょう。

新しいタブを追加

表示された「新しいタブ」には、Google検索が表示されていません。

新しいタブからGoogle検索が消えた

▲もくじへ戻る

まとめ

新しいタブのカスタマイズは様々

今回は、Google Chromeの新しいタブ機能をカスタマイズする方法についてご紹介しました。
「新しいタブ」ページに表示されたよくアクセスするページの一覧の中から、表示したくないサイトを非表示にする方法、「新しいタブ」ページを表示しないようにする方法、「新しいタブ」ページの表示を変更するGoogle Chromeの拡張機能、「新しいタブ」ページ内のGoogle検索の表示を消す方法などについて取り上げましたが、いかがでしたでしょうか?

1つでも、あなたのお役に立てたなら嬉しいです。
ぜひ、活用してみて下さい。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :

ソフトウェア フリーソフト   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

  • ちーこ

    逆に新しいタブで4個しかサムネイルが表示されなくて困っています。
    必ず6つ表示させるにはどうしたらいいのでしょうか?
    なかなか答えが見つからなくて、困っています。

TOPへ戻る