Excel 商

デザイン五輪書

Excelの関数で商と剰余を求める方法

読了までの目安時間:約 5分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

Excelの関数で商と剰余を求める方法

はじめに

Excelで割り算を行う

Excelで割り算を行う場合、通常であれば、「÷」の代わりに「/」を使用します。

=被除数/除数

Excelで割り算

キーボードの「Enter」を入力すると、計算結果が表示されます。

計算結果

これならば、別に問題などありません。

それでは、りんごの数が人数分で割り切れなかった場合はどうでしょう?

割り切れなかった

りんごが「5.8」個と言われても、いまいちピンと来ません。
そこで、「一人当たり5個で、余りが4個」と表示させたいと思います。

算数的に言えば、「商」と「剰余」をExcelで計算して求める訳ですが、さて、どのようにExcelに計算させますか?

▲もくじへ戻る

商と剰余を計算するExcelの関数

QUOTIENT関数で商を求める

Excelの関数を使い「商」を求める場合、QUOTIENT関数を使用します。

=QUOTIENT(分子,分母)

QUOTIENT関数を使用すると、除算で求めた「商」の整数部が返されます。
ですから、小数点以下は切り捨てられます。

QUOTIENT関数

キーボードの「Enter」を入力すると、計算結果が表示されます。

QUOTIENT関数の計算結果

▲もくじへ戻る

MOD関数で剰余を求める

Excelの関数を使い「剰余」を求める場合、MOD関数を使用します。

=MOD(数値,除数)

MOD関数を使用すると、数値を除算した「剰余」を返します。
要するに、りんごの余った数を求める事ができます。

MOD関数

キーボードの「Enter」を入力すると、計算結果が表示されます。

MOD関数の計算結果

▲もくじへ戻る

除数が0の場合にIF関数で対処する

QUOTIENT関数とMOD関数を使用する事で、「商」と「剰余」を求める事ができました。
これで、何の問題もないように思えますが、実は、除数が「0」の場合に問題が起きます。

除数が0の場合

除数が「0」の場合、「商」と「剰余」の値が「#DIV/0!」と表示され、「除算のエラー」を起こしてしまいます。

除算のエラー

ちなみに、被除数が「0」の場合には「除算のエラー」にはならず、値は「0」と表示されます。

被除数が0の場合

つまり、除数が「0」の場合にのみ対策を講じれば良い訳です。
こう言う条件分岐の際は、IF関数を使うと便利です。

=IF(論理式,真の場合,偽の場合)

「論理式」は「除数が0」と記述し、「真の場合」は「0」、「偽の場合」は通常通りにQUOTIENT関数やMOD関数が働くように記述を行います。

「商」のセルは以下のようになります。

=IF(B2=0,0,QUOTIENT(A2,B2))

「剰余」のセルの方は、以下の通りになります。

=IF(B2=0,0,MOD(A2,B2))

試しに、除数を「0」にしてみましょう。

0個と表示された

「0」個と表示されます。

▲もくじへ戻る

まとめ

関数ライブラリを活用しよう!

今回は、Excelの関数で商と剰余を求める方法についてご紹介しました。

Excelの関数は難しくて覚え辛いですが、沢山の関数を知っている程、Excelでできる作業の幅は広がって来ます。
ぜひ、色々覚えて、活用してみて下さい。

関数を覚えれないと言う方は、「リボン」の「数式」タブをクリックして下さい。

数式タブ

「関数ライブラリ」グループの中から関数を探せば、覚えていない関数も使用する事ができます。
関数をカテゴリ毎に分けてあるので、目的の関数を探しやすくなっています。

関数ライブラリ

また、「関数ライブラリ」グループの中にある「関数の挿入」をクリックする事で、関数を検索する事もできます。

関数の挿入

表示される「関数の挿入」ダイアログを上手に活用してみて下さい。

関数の挿入ダイアログ

この記事が、あなたの作業の効率化に繋がれば幸いです。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :

ソフトウェア Microsoft Office   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る