Excel ページ番号

デザイン五輪書

お前はもう知っている!Excelでページ番号を設定する方法

読了までの目安時間:約 9分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

お前はもう知っている!Excelでページ番号を設定する方法

印刷用としてExcelファイルを活用する

Excelのページ番号機能

Excelは関数を使って表計算をさせる為のソフトですので、どちらかと言えば、パソコン上で扱う機会が多いです。
ですから、私個人としては、Excelファイルを印刷する言う機会はそれ程ある訳ではありません。
ですが、Excelには印刷に対応した便利な機能がきちんと備わっています。

その中でも、今回はページ番号に関する機能をご紹介したいと思います。
具体的には、4通りの手段でページ番号を挿入する方法をご紹介します。
加えて、表紙を設定し、ページ番号の開始番号をずらす方法もご紹介します。

どうぞ、最後までご覧下さい。

▲もくじへ戻る

ページレイアウトビュー

Excelファイルを最終的に印刷して使用する事が分かっている場合は、「ページレイアウトビュー」でExcelファイルを編集すると良いです。
「ページレイアウトビュー」とは、印刷後に近い表示の仕方で、余白や用紙の向きやサイズ、ヘッダーやフッター等を確認しながら編集できる表示モードです。

初期状態のExcelは「標準ビュー」になっています。
ですから、「表示モード」を「標準ビュー」から「ページレイアウトビュー」に変更してみましょう。

「リボン」の中にある「表示」タブをクリックして下さい。

表示タブ

「ブックの表示」グループの中にある「ページレイアウト」をクリックします。

ページレイアウトビュー

Excelが「ページレイアウトビュー」に切り替わりました。

Excelの表示がページレイアウトビューに

▲もくじへ戻る

ページ番号を挿入する方法

ヘッダー/フッター要素からページ番号を挿入

では、ヘッダーにページ番号を挿入してみましょう。
真ん中のヘッダーをクリックし、中にキャロットを表示しておきます。

真ん中のヘッダーをクリック

すると、「リボン」に「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブが追加されますので、選択して下さい。

ヘッダー/フッターツールのデザインタブ

「ヘッダー/フッター要素」の「ページ番号」をクリックします。

ページ番号

すると、真ん中のヘッダー内に「&[ページ番号]」と言う文字が挿入されました。

&[ページ番号]

ワークシート内をクリックし、ヘッダーの選択を解除します。
すると、ヘッダー内の「&[ページ番号]」と言う文字がページ番号に変化します。

ページ番号が表示された

この時、ワークシート内に何も記述されていないと、ページ番号は「#」と表示されてしまいますので、注意して下さい。

ページ番号が#と表示された

▲もくじへ戻る

ページ設定ダイアログからページ番号を挿入

今度は、フッター部分にページ番号を挿入してみたいと思います。
その際、先程とは別の方法を行いたいと思います。

「リボン」の「ページレイアウト」タブをクリックします。

ページレイアウトタブ

「ページ設定」グループ内の「ページ設定」をクリックします。

ページ設定

「ページ設定」ダイアログが表示されます。
「ヘッダー/フッター」タブをクリックして下さい。

ヘッダー/フッタータブ

表示された「ヘッダー/フッター」タブの中にある「フッターの編集」をクリックします。

フッターの編集

「フッター」ダイアログが表示されます。
「中央部」の記入欄をクリックして、中にキャロットを表示しておきます。

中央部

続けて、「ページ番号の挿入」をクリックします。

ページ番号の挿入

「中央部」の記入欄に、「&[ページ番号]」と言う文字が記入されました。

&[ページ番号]

「OK」をクリックして、「フッター」ダイアログを閉じます。
続けて、「OK」をクリックして、「ページ番号」ダイアログも閉じます。

フッター部分を確認すると、ページ番号が挿入されています。

ページ番号が表示された

▲もくじへ戻る

他のパーツと共にページ番号を挿入する

今度は、他のパーツとセットでページ番号を挿入する方法をご紹介します。

まずは、「リボン」の「ページレイアウト」タブをクリックします。

ページレイアウトタブ

「ページ設定」グループ内の「ページ設定」をクリックします。

ページ設定

「ページ設定」ダイアログが表示されます。
「ヘッダー/フッター」タブをクリックして下さい。

ヘッダー/フッタータブ

表示された「ヘッダー/フッター」タブの中にある「ヘッダー」横の「∨」をクリックします。
すると、メニューが展開されますので、任意のものをクリックして下さい。

作例では、「社外秘,日付,ページ」がセットになっているものを選択しました。

社外秘,日付,ページ

「OK」をクリックし、「ページ設定」ダイアログを閉じます。

ヘッダー部分を確認すると、「社外秘」と「日付」と「ページ」がそれぞれ表示されています。

社外秘と日付とページが挿入された

▲もくじへ戻る

手早くページ番号や複数のパーツを挿入する方法

これまで紹介して来た方法は、少し手間がかかりました。
そこで、最も手っ取り早く、ページ番号や複数のパーツを挿入する方法をご紹介します。

まずは、任意のヘッダーかフッターをクリックします。
すると、「リボン」に「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブが表示されますので、選択して下さい。

ヘッダー/フッターツールのデザインタブ

「ヘッダーとフッター」グループにある、「フッター」をクリックします。

フッター

すると、フッターの種類が一覧表示されますので、任意のものをクリックして下さい。
作例では、「シート名,社外秘,ページ」のセットを選択しました。

シート名,社外秘,ページ

フッター部分を確認すると、「シート名」と「社外秘」と「ページ」がそれぞれ表示されています。

シート名と社外秘とページが挿入された

▲もくじへ戻る

ワークシートに表紙を設定する

表紙のヘッダーとフッターを非表示にする

今度は、ワークシートに表紙を設定したいと思います。

表紙のヘッダーとフッターには、通常、何も表示されない事が多いです。
そこで、表紙の部分のみヘッダーとフッターを非表示にしたいと思います。

ヘッダーかフッターの任意の場所をクリックします。
すると、「リボン」に「ヘッダー/フッターツール」の「デザイン」タブが表示されますので、選択して下さい。

ヘッダー/フッターツールのデザインタブ

「オプション」グループ内の「先頭ページのみ別指定」にチェックを入れます。

先頭ページのみ別指定

すると、表紙の部分のみ、ヘッダーもフッターも空白になります。

ヘッダーが空白に

▲もくじへ戻る

ページ番号の開始番号を変更する

続いて、2ページ目に移動します。
表示されているページ番号を確認すると、「2ページ」と表示されています。

2ページと表示

表紙の次のページを1ページから始めたい場合、ページ番号の開始番号を変更する必要があります。
このケースの場合だと、ページ番号の開始番号は「0」に設定し直す必要があります。
そこで、ページ番号の開始番号の設定を変更しましょう。

「リボン」の「ページレイアウト」タブをクリックします。

ページレイアウトタブ

「ページ設定」グループ内の「ページ設定」をクリックします。

ページ設定

「ページ設定」ダイアログが表示されます。

先頭ページ番号」が「自動」になっていますので、ここを「0」に書き換えます。

先頭ページ番号

「OK」をクリックして、「ページ設定」ダイアログを閉じます。
すると、2ページ目のページ番号が「1ページ」に切り替わりました。

1ページと表示

▲もくじへ戻る

まとめ

ページ番号を使いこなそう!

今回は、Excelでページ番号を設定する方法をご紹介しました。
Excelのワークシートの表示をページレイアウトビューに変更する方法、ページ番号を挿入する4通りの方法、表紙だけヘッダーとフッターを非表示にする方法、先頭ページ番号を変更する方法とご紹介しましたが、いかがでしたか?

Excelを印刷する機会の多い方は、ページ番号を挿入する機会も少なくないでしょう。
ですから、今回ご紹介した内容をしっかりと身に付けて、業務に役立てて下さい。

この記事がきっかけであなたの社内評価が少しでも上がれば、私としても嬉しいです。
ぜひ、活用して下さい。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :

ソフトウェア Microsoft Office   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る