Excel 行間

デザイン五輪書

Excelの行間を調整したい!

読了までの目安時間:約 8分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

Excelの行間を調整したい!

Excelの文字列に行間を!

Wordと同じ感覚を持った質問

私は職業訓練校でパソコンを教わりました。
Wordの後にExcelを教わったのですが、講義中、とある訓練生が質問を投げかけました。

「Excelのセルの行間はどうやって設定するのですか?」

Excelは表計算ソフトであり、文書を作成する為のソフトではありません。
ですから、Excelで行間うんぬんと言う事自体が的外れです。
大げさに言えば、Photoshopに関数の計算をさせようとするようなものです。

そうは言うものの、確かに、Excelのセル内は行間がありませんから、長文だと読み辛いと言うのはあるのかもしれません。

Excelの行間

では、そう言う仕様だから仕方がないと諦めるしかないのでしょうか?

▲もくじへ戻る

改行を使ったテクニック

行間に改行を入れる

すると、別の受講生が言いました。

「改行を入れれば良いだけでは?」

セル内で文章を書いている途中で、キーボードの「Alt」と「Enter」を同時入力すると、セル内に改行を入れる事ができます。
この改行を各行に入れて行けば、結果的に行間が空くのではないかと言うのです。

セル内に改行を入れる

いやー、何とも男らしい、ゴリ押しなテクニックです。
ですが、確かに行間が空いて、文章が読みやすくはなりました。

▲もくじへ戻る

改行テクニックの落とし穴

ですが、この改行テクニックには色々な問題点があります。
例えば、行が増えれば増えるほどに改行をしなければならず、結構手間がかかります。

そして、改行テクニックの最も致命的な所が、文章の折り返し部分が変更になった場合です。
様々なシチュエーションが考えられるのですが、例えば、文章の一部分に太字の装飾を付け加えるとどうなるでしょうか?

文章が太字になると・・・

文字が太くなった分だけ文字がずれてしまい、一文字分、次の行へはみ出てしまいました。
結果、文章のレイアウトが崩れてしまいました。

また、セルの横幅を変更した場合も同様に文字の折り返し部分が変更になる為、レイアウトが崩れてしまいます。

セルの横幅を変更

そう言った事から、改行で行間を取る方法は、Excelのデータを変更しない事が前提となる場合のみに限られます。

▲もくじへ戻る

テキストボックスを使ったテクニック

テキストボックスを挿入する

改行を入れる方法が使えないと言う事で、私は「テキストボックス」を挿入する方法を考えました。
テキストボックスならば、行間を設定する事ができるからです。

テキストボックスの「塗りつぶし」や「枠線」を設定しなければ、セルに直接文字を入力したかのようにも見えますし。

「リボン」の「挿入」タブをクリックします。

挿入タブ

「リボン」の右側、「テキスト」グループの中にある「テキストボックス」のアイコンをクリックします。

テキストボックス

テキストボックスを挿入したい場所をクリックします。
テキストボックスが生成されますので、文章を入力します。

テキストボックスに文章を入力

続いて、文字全体を選択し、マウスを右クリックします。
表示されたコンテキストメニューの中から、「段落」を選択します。

段落

すると、「段落」ダイアログが表示されます。
「行間」をクリックし、表示されたドロップダウンメニューの中から、任意のものを選択します。
「固定値」や「倍数」を選択した時のみ、「間隔」を設定する事ができます。

段落ダイアログ

「OK」をクリックすると、テキストボックス内の文字に設定した行間が適用されます。

行間が適用されたテキストボックス

当然ながら、テキストボックスの横幅を変えようが、レイアウトは崩れません。

テキストボックスのレイアウトは崩れない

▲もくじへ戻る

テキストボックスの問題点

一見、問題なさそうなテキストボックスですが、少々難点があります。
それは、テキストボックスがセルから独立していると言う点です。

テキストボックスを設置後、テキストボックスのサイズに合わせて、セルのサイズを拡げると言う手間がかかります。
また、セルのサイズが変更になった場合、それに合わせてテキストボックスのサイズも変更しなければなりません。
つまり、二度手間になってしまうのです。

そう考えると、テキストボックスを使用すると言うのも、あまり効率的とは言いがたい方法かもしれません。

▲もくじへ戻る

文字の配置を使ったテクニック

講師の秘策

受講生達があーでもない、こーでもないと悩んでいるのをよそ目に、訓練校の講師が得意気にテクニックを披露しました。
それが、「文字の配置」を使った方法です。

文章を記入したセルを選択します。
「リボン」の「ホーム」タブを選択した状態で、「配置グループ」の中の「セルの書式設定:配置」をクリックします。

セルの書式設定:配置

「セルの書式設定」ダイアログが表示されます。
「配置」タブが選択されているのを確認し、「縦位置」をクリックします。
ドロップダウンメニューが表示されますので、中の「両端揃え」か「均等割り付け」を選択します。

セルの書式設定ダイアログ

「OK」をクリックします。

続いて、セルの高さを増やします。

セルの高さを増やす

すると、セルの高さに応じて、行間が均等に振り分けられます。

行間が均等に振り分けられる

▲もくじへ戻る

両端揃えと均等割り付け

文字の配置を使ったテクニック、凄いですよね。
正直、私は負けたと思いました。

ちなみに、「両端揃え」と「均等割り付け」に関してですが、「縦位置」の場合は大きな違いはありません。
文字列が一行だけの場合は、文字の表示位置が変わりますが、今回のように複数行の場合は違いありませんので、好みで選んで下さい。

▲もくじへ戻る

まとめ

目的に合ったソフトを使う

今回は、Excelの行間を調整したい場合に役立つ方法についてご紹介しました。
とは言え、Excelは表計算のソフトですから、文章を作る場合は、素直にWordを使用しましょう。

私はWordの方が得意だから言えるのですが、文章作成の際はWordを使用した方が効率的ですし、沢山あるWordの機能を使わないと言うのは、実に勿体ないです。
また、Wordだけでなく、InDesignIllustratorなど、文章作成を効率的に行えるソフトは色々あります。

Excelだけにこだわらず、色々使ってみる事をお勧めします。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :    

ソフトウェア Microsoft Office   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る