Excel 矢印

デザイン五輪書

Excelに色々な矢印を挿入する

読了までの目安時間:約 12分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

Excelに色々な矢印を挿入する

はじめに

Excelは単なる表計算ソフトではない!

Excelは表計算のソフトですが、様々な図形を挿入する事ができます。
それらを上手に組み合わせる事で、表現の幅をグッと広げる事も可能です。

その中でも、今回は矢印にスポットを当てて紹介してみようと思います。

矢印一つ取っても、実に様々な矢印を挿入する事ができます。
あなたが知らないテクニックもあると思いますので、ぜひ、参考にしてみて下さい。

▲もくじへ戻る

直線の矢印を挿入する方法

直線の矢印を描画する

では、早速、矢印をExcelのシート上に挿入してみようと思います。
「リボン」の中から、「挿入」タブをクリックして下さい。

挿入タブ

「図」グループの中にある「図形」をクリックします。
図形のメニューが展開されますので、「線」の中にある「矢印」をクリックします。

矢印

カーソルの形が、図形を描画する際のものに変化をします。

Excelのシート内をドラッグしてみて下さい。
すると、ドラッグ先に矢印の付いた直線が描画されます。

矢印の描画

▲もくじへ戻る

直線の矢印を変更する

「描画ツール」の「書式」タブが選択されている事を確認し、「図形の枠線」を選択します。
「図形の枠線」の設定メニューが展開されますので、「矢印」にマウスを合わせます。

図形の枠線

すると、矢印スタイルが一覧表示されます。
それぞれにマウスを合わせると、矢印の形状が変化します。
クリックする事で、矢印スタイルが適用されます。

矢印スタイル

▲もくじへ戻る

立体的な矢印を挿入する方法

ブロック矢印を描画する

次は、立体的な矢印を描画してみましょう。
「リボン」の中から、「挿入」タブをクリックして下さい。

挿入タブ

「図」グループの中にある「図形」をクリックします。
図形のメニューが展開されますので、「ブロック矢印」の中にある「右矢印」をクリックします。

右矢印

カーソルの形が、図形を描画する際のものに変化をします。

Excelのシート内をドラッグしてみて下さい。
すると、右向きのブロック矢印が描画されます。

矢印の描画

▲もくじへ戻る

ブロック矢印を立体的にする

「描画ツール」の「書式」タブが選択されている事を確認し、「図形の効果」を選択します。
「図形の効果」の設定メニューが展開されますので、「面取り」にマウスを合わせます。

面取り

すると、面取りが一覧表示されます。
それぞれにマウスを合わせると、矢印の形状が変化します。
クリックする事で、面取りが適用されます。

面取りの適用

再び、「図形の効果」を選択します。
「図形の効果」の設定メニューが展開されますので、「3-D回転」にマウスを合わせます。

3-D回転

すると、3-D回転が一覧表示されます。
それぞれにマウスを合わせると、矢印の形状が変化します。
クリックする事で、3-D回転が適用されます。

3-D回転の適用

これで、矢印が立体的になりました。

▲もくじへ戻る

変形できる矢印を挿入する方法

カギ線矢印コネクタを変形する

次は、カギ線矢印コネクタを描画してみましょう。
「リボン」の中から、「挿入」タブをクリックして下さい。

挿入タブ

「図」グループの中にある「図形」をクリックします。
図形のメニューが展開されますので、「線」の中にある「カギ線矢印コネクタ」をクリックします。

カギ線矢印コネクタ

カーソルの形が、図形を描画する際のものに変化をします。

Excelのシート内をドラッグしてみて下さい。
すると、カギ線矢印コネクタが描画されます。

カギ線矢印コネクタの描画

黄色いひし形の部分があると思います。
ここをドラッグする事で、カギ線矢印コネクタを変形する事ができます。

カギ線矢印コネクタの変形

これで、複雑なカギ線矢印コネクタを作る事ができます。

カギ線矢印コネクタを変形

▲もくじへ戻る

変形できる図形は他にも・・・

同様に、「曲線矢印コネクタ」も変形する事ができます。

曲線矢印コネクタを変形

他にも、黄色いひし形の部分がある図形は沢山ありますので、探してみて下さい。

スマイルを変形

▲もくじへ戻る

オリジナルの矢印を作る

自分で矢印を描く

Excelには、自分で線や図形を描く事のできるツールがあります。
それが、「曲線」と「フリーフォーム」と「フリーハンド」です。

自分で線や図形を描く

それを使う事で、オリジナルの矢印を作る事も可能です。

オリジナルの矢印

▲もくじへ戻る

図形の編集

黄色いひし形の部分がある図形を編集する方法をご紹介しましたが、では、今回自作した図形のように、黄色いひし形のない図形は編集する事ができないのでしょうか?

実は、黄色いひし形を使うよりも、より細かく図形を編集できる方法があるのです。
勿論、自作した図形も編集する事ができます。
但し、この方法を使えない図形もありますので、予めご了承下さい。

図形を選択します。
すると、「描画ツール」の「書式」タブが「リボン」のタブ一覧の中に表示されます。
「描画ツール」の「書式」タブを選択して下さい。

描画ツールの書式

そして、「図形の挿入」グループの中にある「図形の編集」をクリックします。
「図形の編集」の設定メニューが展開されますので、「頂点の編集」を選択します。

頂点の編集

すると、図形の折り返し地点にアンカーポイントが表示されます。

アンカーポイントの表示

アンカーポイントをドラッグすると図形を変形する事ができます。
また、アンカーポイントをクリックすると、そのアンカーポイントの方向点が表示されます。

方向点の表示

ピンと来た方もいるかと思いますが、「頂点の編集」で図形を変形する際は、IllustratorInkscapeと同様、ベジェ曲線を編集する感覚で図形の変形をすると良いです。

二点のアンカーポイントの方向点の向かう方向によって、線(セグメント)が歪みます。
また、方向点の長さが、歪みの度合いを決めます。

線(セグメント)上をクリックすると、アンカーポイントを追加する事もできます。

アンカーポイントの追加

ベジェ曲線は使い方に慣れるまでが大変ですが、感覚が身に付けば、複雑な図形も描画できるようになります。
ぜひ、挑戦してみて下さい。

▲もくじへ戻る

複数の図形を効率良く管理する

複数の図形を一括して選択する方法

Excelでは、図形をドラッグして、複数の図形を一度に選択する事ができません。
複数の図形を選択したい場合は、通常、キーボードの「Shift」を入力しながら、それぞれの図形をクリックして行かなければなりません。

では、図形が50個あった場合はどうでしょう?
選択だけでも、結構大変だと思いませんか?

そこで、複数の図形を同時に選択したい場合は、「オブジェクトの選択」を利用すると便利です。

「リボン」の「ホーム」タブを選択します。

ホーム

「編集」グループの中にある「検索と選択」をクリックします。
すると、「検索と選択」の設定メニューが展開されますので、「オブジェクトの選択」を選択します。

オブジェクトの選択

カーソルの形が矢印に変化します。
そのまま図形をドラッグしてみて下さい。

複数の図形をドラッグ選択

複数の図形が一括して選択されました。

複数の図形を選択

カーソルが「オブジェクトの選択」モードになっている間は、セルを選択できません。
ですので、セルの文字と図形の位置が微妙な状況で図形のみを選択したい場合などにも重宝したい所です。

キーボードの「Esc」を入力する事で、カーソルは通常の状態に戻ります。

▲もくじへ戻る

図形の重ね順、表示や非表示を管理する

Excelには、PhotoshopやIllustratorで言う「レイヤーパネル」のようなものがあるのを知っていますか?
「オブジェクトの選択と表示」と言うメニューから設定ができます。
これを活用する事で、図形の選択や重ね順の変更、表示や非表示を管理する事が可能です。

「オブジェクトの選択と表示」の設定は、二ヶ所から行う事ができます。
それぞれ確認してみましょう。

「リボン」の「ホーム」タブを選択します。

ホーム

「編集」グループの中にある「検索と選択」をクリックします。
すると、「検索と選択」の設定メニューが展開されますので、「オブジェクトの選択と表示」を選択します。

オブジェクトの選択と表示

「オブジェクトの選択と表示」の設定メニューが表示されました。

オブジェクトの選択と表示の設定

もう一つの「オブジェクトの選択と表示」の設定メニューを呼び出す方法は、まず、図形を一つ選択します。
すると、「描画ツール」の「書式」タブが「リボン」のタブ一覧の中に表示されます。
「描画ツール」の「書式」タブを選択して下さい。

描画ツールの書式

「配置」グループの中にある「オブジェクトの選択と表示」をクリックします。

オブジェクトの選択と表示

「オブジェクトの選択と表示」の設定メニューが表示されました。

オブジェクトの選択と表示の設定

オブジェクト名をクリックすると、そのオブジェクトが選択されます。
そして、オブジェクト名の横にある目のアイコンをクリックすると目のアイコンが消え、シート上のオブジェクトも非表示になります。

オブジェクトの非表示

「オブジェクトの選択と表示」の設定メニューから、図形の重ね順を変更する事ができます。
スマイルと右矢印の重ね順を入れ替えてみましょう。

図形の重ね順

「オブジェクトの選択と表示」の設定メニューで、「右矢印」を選択します。

右矢印を選択

「オブジェクトの選択と表示」の設定メニュー下部にある「並べ替え」の「▲」をクリックします。

並べ替え

右矢印の重ね順が変更され、右矢印がスマイルの上に重ねられました。

右矢印がスマイルの上に

▲もくじへ戻る

まとめ

矢印だけに限らない

今回は、Excelに色々な矢印を挿入する方法と、挿入した矢印の編集方法挿入した矢印を効率良く管理する方法についてご紹介しました。
矢印に限らず、Excelで図形を扱う際に応用の効く方法ですので、ぜひとも、今回ご紹介した内容を自分のものにして下さい。

あなたのExcel作業が、今よりももっと効率的になりますように。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :   

ソフトウェア Microsoft Office   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る