All in One SEO Pack

デザイン五輪書

All in One SEO Packを使いこなそう!

読了までの目安時間:約 26分

 

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

All in One SEO Packを使いこなそう!

All in One SEO Packって?

超定番の有名プラグイン

今回は、All in One SEO Packについてご紹介したいと思います。

All in One SEO Packと言うと、定番中の定番プラグインですので、WordPressユーザーの中でも、使用者は少なくないでしょう。
「何だ?今更・・・。」と思った方もいるかもしれません。
・・・そのような方にこそ尋ねたいのですが、All in One SEO Packで様々な事が設定できると言う事を知っていますか?

All in One SEO Packの機能を全て紹介するとページボリュームが大変な事になりますので、私自身がこれは便利だと思えるものをピックアップして紹介したいと思います。
結構便利ですので、私的にはAll in One SEO Packは必須プラグインの一つです。
使いこなせていない方は、実に勿体ない事をしていますよ。

▲もくじへ戻る

All in One SEO Packの有名な機能

All in One SEO Packの機能として良く知られているのは、各記事、画像ページの<title>タグや<meta>タグの設定ができると言うものです。

metaタグ設定

<meta>タグとは、そのページの詳細情報をクローラー(検索ロボット)に伝える為に使用するタグの事です。
ページの詳細情報とは、ページのタイトルや内容の概略、検索用のキーワードや著者情報など、様々です。

昔はSEO対策に有効とされ、<meta>タグが重宝されていました。
ただ、スパム目的で過剰に使用される事があった為、検索結果に対して、以前ほど効果がなくなりました。
ですので、現在は<meta>タグを記述しないと言うウェブ製作者もいるようです。

ただ、description(ページ内容の概略)は検索結果として表示されますし、そう言う意味では、全くの無意味なものと言う訳でもありません。

▲もくじへ戻る

THE WORLDとAll in One SEO Pack

当サイトでも使用している、WordPressテーマTHE WORLDですが、このテーマを使用している場合、上記のAll in One SEO Packの機能は出番がありません。
と言うのも、THE WORLDの機能が、<meta>タグを自動で設定してくれるからです。

keywordとして、カテゴリー名や設定タグを適応してくれます。
また、<title>タグは記事名とサイトタイトル、descriptionとしては、記事本文の冒頭の文を引用してくれます。
なかなか賢い、優れものです。

どうなるのか気になって、記事ページでAll in One SEO Packのdescription部分に文章を入れてみたのですが、結果、THE WORLDの機能の方が優先されてしまいました。
従って、THE WORLDユーザーの方にとっては、All in One SEO Packのこの機能は役目を果たさないと言う事になります。
THE WORLDの便利機能のお陰で、わざわざ自分で<meta>タグを意識しなくて済むと思えば、結構楽です。

▲もくじへ戻る

THE WORLDさえあれば必要ない!?

All in One SEO Packで行った設定も、THE WORLDの機能によって無効化されると言う点をご紹介しました。
では、THE WORLDのユーザーには、All in One SEO Packは必要ないのでしょうか?

・・・実は、All in One SEO Packには他にも機能があって、その機能の恩恵を受ける為に、私はAll in One SEO Packを使用しているのです。

▲もくじへ戻る

All in One SEO Packの導入

All in One SEO Packを有効化

ここからは、実際に作業を行いながら説明をさせて頂きたいと思います。
WordPressにログインして、ダッシュボードを開いて下さい。

「サイドバー」の「プラグイン」の中にある、「新規追加」をクリックします。

プラグインの新規追加

「プラグインのインストール」のページが表示されるので、検索窓に「All in One SEO Pack」と記述をし、「プラグインの検索」をクリックします。

プラグインの検索

「プラグインのインストール」の検索結果ページが表示されますので、All in One SEO Packの下にある「いますぐインストール」をクリックします。

いますぐインストール

「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか?」と言うダイアログが表示されますので、「OK」をクリックします。

画面がインストール画面に切り替わります。
インストールが完了しましたら、「プラグインを有効化」をクリックします。

プラグインを有効化

これで、あなたのWordPress内にAll in One SEO Packが導入されました。

▲もくじへ戻る

All in One SEO Packの詳細設定

All in One SEO Packが有効化されると、サイドバーにAll in One SEO Packの詳細設定メニューが追加されます。
強調表示されていますので、場所は直ぐに分かると思います。

All in One SEO Packがサイドバーに

「All in One SEO Pack」の文字をクリックして、詳細設定画面を開いて下さい。

「All in One SEO Pack Plugin Options」の画面を表示しましたら、早速、設定に入りたいと思います。
まず、「ホームタイトル」、「ホーム詳細(Description)」、「ホームキーワード」を記入します。

Home Page Settings

ここに記入したものは、トップページに適応されます。
ちなみに、THE WORLDユーザーの方は、空欄で構いません。

▲もくじへ戻る

Title Settingsの設定

THE WORLDには不必要な設定です

次に設定すべき部分は「Title Settings」です。
ここも、THE WORLDユーザーの方は関係ありませんので、次の設定に進んで下さい。

THE WORLD以外のテーマを使用中の方の為に、補足説明をしたいと思います。

▲もくじへ戻る

SEO的に有利なタイトルの付け方

All in One SEO Packの初期設定では、「ページタイトル | サイトタイトル」でタイトルが構成される設定になっています。
ここは<title>タグに当たる部分なのですが、SEO上、重要な部分の一つです。

この中に、そのページのキーワードが含まれている事がまず、ポイントの一つです。
そして、左側に近いほど、重要なキーワードだと認識されます。
更に、この部分が長ければ長いほど、狙ったキーワードの存在が薄まり、SEOの効果が低くなります。
この三点を、まずは覚えて下さい。

さて、初期設定の状態で記事を投稿すると、<title>タグの部分はこう表示されます。
「SEO的に有利なタイトルの付け方 | おかしん道場」
「SEO」と「タイトル」と言う複合キーワードでの上位表示を狙っているのに、後半のサイトタイトルが表示されるせいで、キーワードの存在感が半減してしまっています。

まぁ、「おかしん道場 | SEO的に有利なタイトルの付け方」と表示されるよりはマシではあるのですが、サイトタイトルは表示しない方が良いです。
実際、サイトタイトルを表示したからと言って、メリットはありませんし。

▲もくじへ戻る

サイトタイトルの表示を消す

そう言う事で、サイトタイトルの部分を表示しないように設定し直しましょう。

「Title Settings」の部分を見てみると、以下のようなコードが羅列されています。

blog_title

見比べてみれば一目瞭然ではありますが、「 | %blog_title%」の部分が必要ありません。
全部、取ってしまいましょう。

▲もくじへ戻る

SEOもさじ加減が大事!

サイトタイトルの文字数の話をしましたが、突き詰めて行くと、単語のみを羅列したタイトルがSEO的には強力と言う事になります。
今回の例で行くと、「SEOタイトル」ですね。

・・・ですが、ちょっと待って下さい。
ここで設定したタイトルは、検索結果に表示されます。

あなたがネット検索をした時、一番上に「SEOタイトル」と書かれているサイトが表示されていたとして、実際にクリックするでしょうか?
私ならば、警戒してスルーします。

「SEOタイトル」
「もっと早く知っていれば・・・!SEOに効果的なタイトルの付け方3ポイント!」
・・・あなたならば、どちらをクリックしたくなりますか?

単語のみの羅列は見るからに不自然ですので、SEO的には強くても、対人的には逆効果な訳です。
検索順位を決めるのは機械でも、検索をするのは人間です。
そこを忘れてはいけません。

▲もくじへ戻る

Webmaster Verification

サイトはウェブマスターツールで管理!

自分のサイトをウェブマスターツールに登録する事で、自分のサイトの状態を把握する事ができます。
例えば、自分のサイトがGoogleからペナルティを受けたかどうかは、ウェブマスターツールに登録していると知る事ができます。
ウェブマスターツールに登録していると、具体的ではありませんが、自分のサイトがペナルティを受けてしまった原因を通知してくれるのです。

また、ペナルティの原因を改善し、再審査リクエストをする事でペナルティを解除する事が可能なのですが、ウェブマスターツールに登録していないと、それもできません。
いずれにせよ、ウェブ管理者には避けて通れないもの、それがウェブマスターツールなのです。

また、ウェブマスターツールから自分のサイトのサイトマップを送る事で、Googleのクローラーが効率良く、自分のサイトを訪問してくれるようになります。
そうなると、自分の書いた新着記事がインデックスされやすくなります。

▲もくじへ戻る

All in One SEO Packとの関係とは?

いきなり何の説明かと驚かれたかもしれませんが、自分のサイトをこのウェブマスターツールに登録する際に、All in One SEO Packが必要になるのです。

どういう事かと言うのは、実際に作業を行いながら確認してみましょう。
予め、ウェブマスターツールでアカウントを取得しておいて下さい。

▲もくじへ戻る

ウェブマスターツールにサイトを登録

では、早速、ウェブマスターツールにサイトを登録してみましょう。
管理画面右側にある「サイトを追加」をクリックします。

サイトを追加

「サイトを追加」ダイアログが開きますので、登録するサイトのURLを記入し、「続行」をクリックします。

管理するサイトのURLを入力

今度は、登録するサイトが本当に登録者の管理しているサイトなのかをウェブマスターツールに証明する為、所有権の確認を行います。

初期状態では、Googleからダウンロードするファイルをサイト内にアップロードする形でサイトの所有権を証明する、そう言う形式を選ぶ設定になっています。
ですが、わざわざFTPソフトを立ち上げる手間と、アップロードしたファイルはずっと残しておかねばならないと言う事を考えると、あまり良い方法ではありません。
もっと簡単な方法がありますので、「別の方法」をクリックします。

所有権の確認

「別の方法」では、4種類の所有権の証明方法が提示されます。
その中から、今回は「HTML タグ」を選択します。

別の方法

「HTML タグ」のラジオボタンを選択すると、metaタグが表示されます。
その中のcontentの値をコピーして下さい。

metaタグ

今度は、All in One SEO Packの設定ページに戻ります。

「Webmaster Verification」の中にある「Google Webmaster Tools:」の部分に、コピーしたcontentの値を貼り付けます。

Webmaster Verification

値を貼り付けたら、
ページ最上部か最下部に移動し、「設定を更新」をクリックします。

設定を更新

設定の更新が完了したら、再びウェブマスターツールに戻ります。

下部の「確認」をクリックします。

所有権確認

この時、WordPressの設定がインデックスを拒否していた場合は、所有権の確認が失敗します。
所有権の確認が上手くいかない場合は、インデックスの設定を確認してみましょう。

インデックスの設定は、「サイドバー」の「設定」の中の「表示設定」の中にあります。

表示設定

「表示設定」の「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックが入っている場合は、チェックを外します。

インデックス拒否

所有権の確認において、特に問題がなければページが切り替わり、「所有権が確認されました」と表示されます。

所有権の確認完了

「続行」をクリックすると、登録したサイトの詳細設定画面が表示されます。

このように、All in One SEO Packを使用する事で、ウェブマスターツールへのサイト登録が楽になるのです。

▲もくじへ戻る

Google Settings

Google+との連携

All in One SEO Packを使って、Google+のプロフィールをサイトの著作者情報として登録する事もできます。
これを活用すると、Googleの検索結果に自分の名前や顔写真を載せる事が可能になります。

早速、作業を行ってみましょう。
作業の前段階として、Google+でアカウントを開設しておいて下さい。

Google+にログインをしたら、「サイドバー」の中から、「プロフィール」を選択します。

プロフィール

表示された「プロフィール」ページのURLをコピーします。

プロフィールページのURL

コピーしたURLを、All in One SEO Packの「Google Settings」の中にある「Google Plus Default Profile:」に貼り付けます。

Google Plus Default Profile

これで、WordPress側の設定が終わりました。

合わせて、Google+側でも設定を行います。

「プロフィール」ページのヘッダー画像下にある「メニューバー」の中から、「基本情報」をクリックします。

基本情報

「基本情報」ページの画面を下げて行くと、「リンク」と書かれている部分があると思います。
リンク下部の「編集」をクリックします。

リンクの編集

「リンク」ダイアログが開きますので、「寄稿先」下部の「カスタム リンクを追加」をクリックします。

カスタムリンクを追加

表示された「ラベル」に「サイト名」、「URL」に「サイトのURL」を入力して下さい。
入力が終わったら、「保存」をクリックします。

カスタムリンクを記入

今回、この記事を書く為に、使っていなかったGoogle+のアカウントを使ってカスタムリンクの設定を試みたのですが、なぜか「寄稿先」の欄が表示されませんでした。
この記事を読んでいる方の中で、ひょっとしたら同様の状態の方もいるかもしれませんので、一応、お知らせしておきます。

原因は特定できていませんが、正面からの顔写真の設定と、プロフィール内容をある程度埋めると、きちんと設定できるようになるかもしれません。
「寄稿先」の設定は、きちんとした一個人が特定できていないと、Google的には意味がありませんので。
それでも駄目だった場合は、Google+のヘルプセンターで質問をしてみて下さい。

これで、あなたのサイトとGoogle+がヒモ付けされました。
数日後には、検索結果にあなたの名前が追加されます。

昔はこの設定さえ行えば、Googleの検索結果にGoogle+で設定した顔写真が表示されていました。
ですが、現在はある程度の人気サイトにならないと、顔写真は表示されないようです。
その理由として、検索結果が顔写真ばかりで見づらくなっただとか、アクセス数を稼ぐ目的で顔写真を公開するウェブマスターが増えた為だとか、色々な事が言われています。

▲もくじへ戻る

Google Analyticsとの連携

All in One SEO Packの「Google Settings」の中には、Google Analyticsと連携を取る為のIDを記入する欄があります。
Google Analyticsとは、サイトのアクセス解析を行う事のできるサイトの事です。

では、実際に作業を行ってみましょう。
はじめに、Google Analyticsでアカウントを開設して下さい。

Google Analyticsにログインしたら、「メニューバー」右の「アナリティクス設定」をクリックします。

アナリティクス設定

「アナリティクス設定」ページが開いたら、「プロパティ名」をクリックします。
ドロップダウンメニューが表示されますので、「新しいプロパティを作成」をクリックします。

アナリティクスプロパティ

「新しいプロパティ」のページが表示されます。
画面を下げ、「プロパティの設定」の部分を記入します。

アナリティクスプロパティの設定

それぞれの記入が終わりましたら、「トラッキングIDを取得」をクリックします。

トラッキングIDが発行されました。
長いトラッキングコードが発行されていますが、それは使わず、トラッキングIDのみコピーします。

トラッキングID

コピーしたトラッキングIDを、All in One SEO Packの「Google Settings」の中にある「GoogleアナリティクスID:」に貼り付けます。

GoogleアナリティクスID

画面上か最下部にある「設定を更新」をクリックし、WordPressに設定を適応します。
これで、設定は終わりました。

Google AnalyticsはGoogleウェブマスターツールからでも連携をする事ができますので、All in One SEO Packとどちらから連携を取るかはお好み次第です。

▲もくじへ戻る

Noindex Settings

タグとカテゴリーのインデックス

WordPressは、記事や固定ページだけではなく、タグページやカテゴリーページも生成しています。
どう言う事か、ちょっと確認してみましょう。

当サイトの場合、メニューバーの中にカテゴリーページヘのリンクを貼っています。

カテゴリー

また、タグクラウドの中にはタグページへのリンクを貼っています。

タグクラウド

これらをクリックして頂くとお分かり頂けると思いますが、実は、タグページやカテゴリーページは記事のまとめページになっているのです。

タグページやカテゴリーページは、クローラーのサイト内巡回をスムーズにさせる他、訪問者も関連記事を探すのに役に立ちます。
ちょっとした、サイトマップ代わりになりますね。
また、カテゴリーページは様々な記事からまとまった内部リンクが貼られる為、SEO的に強そうです。

その半面、タグページやカテゴリーページは記事ページの内容を引用しているだけですので、重複コンテンツになりやすいと言うデメリットもあります。
重複コンテンツは、Googleの検索結果で省略されてしまいます。(初期設定では検索結果に表示されません。)

一説には、この重複コンテンツを避ける為ではないかとも噂されていますが、WordPressの初期設定では、カテゴリーページはインデックスされない設定になっています。
それに対し、なぜかタグページはインデックスされる設定になっています。

このインデックスの設定をAll in One SEO Packで変更する事ができます。

▲もくじへ戻る

インデックスの設定を変更する

具体的な方法ですが、All in One SEO Packの「Noindex Settings」の部分でチェックを変更すると、インデックスの設定が変更されます。

Noindex Settings

チェックを入れるとインデックスされず、チェックを外すとインデックスされます。
これで、タグページやカテゴリーページのインデックスを自分で調整する事ができるようになります。

▲もくじへ戻る

All in One SEO Packの本当のメリット

All in One SEO Packは代用できる?!

これまで、All in One SEO Packの設定や効果について、長々と説明をして来ました。
ですが、実は、All in One SEO Packで設定して来た事は、直接<head>タグ内にタグを記述する事で、全く同じ効果を出す事が可能なのです。

・・・そう言われると、All in One SEO Packはあまり意味がないような気がして来ます。
ですが、<head>タグ内にタグを記述する方法だと、色々と問題が出て来るのです。

▲もくじへ戻る

headタグに直接タグを記述すると?

<head>タグ内にタグを記述する方法だと、使用テーマを変えた途端に、その効果がなくなってしまいます。
それもそのハズ、WordPressのテーマ編集は、テーマのファイル内に直接手を加えているからです。

使用テーマを変更すると言う事は、WordPressのテーマ編集内のファイルが丸ごと別のファイルに入れ替わるのです。
ですので、テーマを変更する度に、いちいち<head>タグ内にタグを記述し直さなければならなくなるのです。

使用中のテーマをアップデートする際にも、同じ事が言えます。
テーマがアップデートされると、<head>タグ内もファイルが上書きされるので、初期状態に戻されてしまうのです。

▲もくじへ戻る

テーマに作用されない方法

一方で、All in One SEO Packはプラグイン用のフォルダーに入っていますので、テーマ編集には関わっていません。
つまり、使用テーマを変更しようが、テーマをアップデートしようが、一切関係なく、設定を維持する事ができるのです。

HTMLやCSSの仕様は年々進化をして行きますので、何年も同じテーマを使用し続ける事はあり得ません。
そう考えると、All in One SEO Packがいかに効率の良いプラグインなのか分かって頂けると思います。

今回説明させて頂いたように、All in One SEO Packは、だた単に各記事の<meta>タグを記述する為だけのプラグインではないのです。
All in One SEO Packの潜在能力を十分に活かせてなかった方は、これを機会にあれこれ設定を変えてみて下さい。

この記事があなたのサイト運営のお役に立てれば幸いです。
最後までご覧頂き、ありがとうございました。

にほんブログ村 イラストブログ Photoshopへコンピュータグラフィックス ブログランキングへFC2ブログランキングブログランキングならblogram i2iブログランキング

タグ :   

ホームページ作成 WordPress   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る